ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在4歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在9歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
ぶーんアンテナ(^ω^)
RSS

日帰り旅行


「お花見お花見(*^^*)」の図
という訳で、前記事で少しだけお話していた我が家の日帰り旅行^^
今回の観光先はというと、伊豆で開催されている「河津桜まつり」でした(*^v^*)
早咲きで有名な河津桜、私がお伺いした時にはすでに満開期を過ぎていましたが、
それでもまだまだピンク色のお花は健在で、その美しい姿を楽しむ事が出来ました^^
今回は日帰り旅行でしたが、いつものようにお写真をたくさん撮って来ましたので(笑)、
出来る限り文章は控えめにしつつ、お写真をメインにUPしてゆけたらと思います(*^v^*)



「観光ルート^^」の図
今回の観光目的は先ほどの「河津桜まつり」だったのですけれども、
実はもう1つ、私が楽しみにしていた”ある事”を体験して来ました(*^m^*)
上記イラストにもヒントは乗っていますけれども、正解はこちらとなります^^↓



「フェリーフェリー!(*^^*)」の図
こちらは土肥港から清水港へ戻って来た駿河湾フェリーの様子ですが、
私が楽しみにしていた”ある事”というのは、フェリーに乗る事でした!(*^m^*)
わたくし、「生まれ~て~はーじめーて~♪」船の上から海を見て来ましたよ(嬉)



「マリンターミナル^^」の図
ちなみにこちらは清水港に隣接された「清水マリンターミナル」ですが、
先ほどのフェリーが到着するまでの間、少しだけ屋内を探索して来ました^^



「可愛いタコ発見(*^^*)」の図
こちらはマリンターミナル1Fに展示されていた生物模型ですが^^、
どうやら上記の生物は駿河湾の深海に住んでいるタコちゃんのようですよ^^
他にもリアルで珍しい模型が所々にあり、興味深く拝見させて頂きました(*^^*)



「フェリー着岸!」の図
そうこうしている間に先ほどのフェリーが到着^^
目の前に現れたフェリーの大きさにドキドキしてしまいましたよ^^;
今回は我が家の自家用車ごと一緒に乗船する事になっていましたので^^、
再度車内に戻り、上記フェリーの先端(開口部分)から車ごと乗り込みました^^



「初デッキにて(*^^*)」の図
こちらはフェリー乗船後に初めて撮ったお写真となりますが^^、
上記のものは一体何かというと、ホイッスル(救命用の笛)です(*^v^*)
映画「タイタニック」の中で主人公の女性ローズがホイッスルで救助隊を呼び、
一命を取り止めたシーンが未だに印象深く、私も念のためにと持参しました(照)



「夢は叶えるためにあるの(*^^*)」の図
そしてタイタニックといえばやはりこのポーズでしょう!という事で(笑)、
昔からずっとやってみたかったタイタニックのワンシーンを再現して来ました(*^m^*)
残念ながら駿河湾フェリーでは映画のように船の先端には行けませんでしたけれども^^;
ちなみに上記お写真の撮影場所はといいますと、フェリー後部デッキの1番後ろですよ(笑)



「凄い迫力です!(◎◎)」の図
そしてこちらはずっと見てみたかった船の上からの海の様子。
デッキから海までの距離(高さ)は3~4階建てのマンションくらいでしょうか。
落ちたら確実にふわふわの国へ旅立てそうなほどの高さに足がすくみました^^;



「カメラを落とさないように!」の図
ちなみにこちらは彼が撮影した私の盗撮写真となりますけれども^^;、
先ほどの海のお写真はこのようなへっぴり腰の体制で撮影しておりました(笑)
文章ではなかなか上手く伝えられませんが、高い場所ってやっぱり怖いですね^^;



「特別室の様子^^」の図
そんな感じで念願だった船上からの景色を楽しんだ後はというと^^、
フェリー2階にある特別室(500円)にて到着時間までのんびりと過ごしました^^



「ティータイム(*^^*)」の図
こちらは特別室を利用すると無料で頂けるコーヒー&クッキーです^^
清水港から土肥港までの約65分間という長いようで短い船旅を楽しんだ後は、
いよいよメイン目的地である「河津桜まつり会場」に向けて車を走らせました(*^^*)



「駐車場に到着^^」の図
桜まつり用に用意されていたと思われる指定駐車場に車を停め、
ここからは歩いて河津桜が見られる場所へと移動してゆきます(*^^*)
余談ですが、この日はとても風が強く、そして冷たく、物凄く寒かったですよ^^;
あまりの寒さと風の冷たさに半分意識を失いそうになりながら足を運んでいると…



「到着!^^」の図
ついに桜並木の美しい河津川沿いの小道に辿り着きました(*^v^*)
桜の状態が心配でしたが、お写真の通りまだまだとっても綺麗でしたよ^^



「出店もたくさん(*^^*)」の図
桜まつりという事で、桜の多い河津川沿いの小道にも、そのまた裏通りにも、
桜を取り入れた珍しい商品や食品を売られている出店がたくさん並んでいました^^
どれも可愛くて美味しそうで悩んでしまいましたが、私はこちらを頂いてみる事に^^↓



「桜たいやき(*^^*)」の図
たいやきの生地には桜の葉が練り込まれているようです(*^v^*)
生地の表面はサクサクで中はもっちり、あんこは粒あんだった気がしますが、
先ほどお話した通り、あまりにも寒すぎて記憶が怪しく…レポ出来ずすみません^^;
生地はもっちりで普通のたいやきよりも甘さが控えめだった事は覚えています!(照)



「写真でお花見^^」の図
という事で、ここからはお気に入りの写真を少しだけご紹介させて頂きますね^^
皆様はぜひ暖かくポカポカなお部屋で綺麗な桜のお写真をお楽しみください(*^m^*)



「タイトル:ピンクの誘惑(*^^*)」の図
河津桜については知識がないので詳しい生態は分かりませんけれども、
私が直接見て来た印象では、普通の桜よりもピンク色が少し濃い感じがしました^^
薄桃色の桜も神秘的で美しいですが、色鮮やかな桜も華があって素敵ですね(*^^*)



「タイトル:麗しき河津の三姉妹(*^^*)」の図
こちらは河津川を挟んだ反対岸の桜の様子となりますが^^、
色のグラデーションがとても美しかったので撮影して来ました(*^v^*)
これは全て同じ種類の桜なのでしょうか、不思議ですがとても素敵です^^



「タイトル:博愛(*^^*)」の図
こちらは接写した桜のお花ですが、近くで見ても本当に綺麗でした(*^v^*)
という事で、今回の日帰り旅行はとてもとても寒くて凍えそうでしたけれども^^;、
凍えそうな体験も含めて(笑)、楽しい思い出をたくさん作る事が出来ました(*^v^*)
そして次回こそは我が家のもふもふ達を連れて楽しい旅が出来たらなと思います(笑)
少々記事が長くなってしまいましたが、前回お話した日帰り旅行のご報告記事でした^^
他にも行ってみたい所が色々とあるので、機会を見て行けると良いなと思います(*^m^*)

web拍手 by FC2    

コメント

桜素敵〜♪ 私は毎年この時期は日本の桜を思い出してホームシックになるので、
この臨場感たっぷりなお花見の記事はとっても嬉しいです。
私もその場にいれた気分になりました♪

そして初フェリーおめでとう!
笛持参ってめちゃウケました(笑)そういえばタイタニックで笛吹いてたね…。
タイタニックのポーズは男女2人でしてるものなので、次回同じ機会があったら
是非ダーリンさんと二人でしてるところを写真撮ってもらってブログアップしてください(笑)
一人だと、リオデジャネイロの崖の上にある像を彷彿としないこともないので(笑)
そして深海のタコさんは、駿河湾も深海があるところにも驚きました。
けっこう深いのね、駿河湾。

河津桜ですが、私はここの桜のことをよく知らなかったのですがピンクでびっくりしました!
この時期にこれだけ咲いてて、早咲きの桜なのね。
三姉妹が後ろの古風な作りの家(お店?)とピッタリハマっていて、ほんと美しい!
ドイツにも桜の花はあり、まあそれもそれなりに綺麗なのですが、
やっぱり日本の桜の方が綺麗だし周りの景色によってより美しさが引き立てられるんですよね。
ドイツ人も『桜の花=日本』って知ってるので、私もよく「そこに桜の花が綺麗に咲いてるよ」と
毎年声をかけられるのですが、「日本にある桜の花の方がずっと綺麗だ」と
偉そうにに言い返しています(笑)「こんな桜で桜の美しさを語ってもらっては困る」と内心思っています。そのくらい私には日本の桜が重要だし、誇りに思っているのです。
日本ではそろそろソメイヨシノが開花する頃でしょうか?
これからお花見がまだまだ楽しめそうですね。
そして次回はもふもふ達との旅が実現できるといいですね!

なっちんへ

なっちんどうもありがとう^^
わたくし実を言いますと、旅行記を書くのが大が付くほどに苦手なため、せっかくの旅行記だというのに旅先の情報を全くと言って良いほどご案内出来ず、本当に申し訳なく思っていると同時に、無知な自分に改めて情けなく思っている次第です^^;
そんな感じで旅先の案内(ガイド)が何も出来ないため、今回はとりあえず写真をたくさんUPしてごまかそう♪という手口で書かせて頂きました(笑)
UPした桜の写真を楽しんで頂けたようで、心からホッとしております!^^;
ドイツの桜もきっと美しいはずだと思いますが^^、確かに日本の古風な家並の方が桜との相性はバツグンかもしれませんね!(*^^*)
地元では浜松城の周りにも桜の木がたくさん植えてありますけれども、お城と桜の相性もため息が出てしまいそうなくらいに美しいですものね(*^m^*)
昨年の桜のシーズンでは、夜間になると浜松城や周辺の桜がライトアップされ(それもピンク色のライト!)、幻想的な雰囲気の中で夜桜も楽しめるようになっていましたよ^^
なかなか桜のシーズンに帰国するのは難しいと思いますが、いつかなっちんが日本の桜を見られる日が来る事を私も祈っています!(*^人^*)
あと、リオデジャネイロの崖の上にある像ですが、先ほど急いで調べて来ました!(笑)
確かにそっくりで、しかもタイタニック以上に似ていて笑ってしまいました!(笑)
もうこの際、私のポーズはリオデジャネイロの崖の上にある像にしておきます!(笑)

フェリー。船っていいですね。私の船の経験は、今はなき青函連絡船(3回?)、伊豆大島へ高校生の時に1回、あれは東海汽船だったと思いますが。大した距離を乗っていたわけでもないのに、なんだかマドロスになったような^^
劇団を退職した後、5年ほど海運関係の仕事をしていましたが、その時停泊中の大きな船に乗りました。自動車専用船、コンテナ船。広島の尾道造船に行ったこともあります^^

桜、いいですね。今年は、ビデオカメラを買ったので、動画を撮影してきて、映像の一部に使う積りです。

>あまりにも寒すぎて記憶が怪しく…
随分、寒かったため、記憶が寒さばかりに取られてしまったのですね。

アヨアンさんへ

アヨアンさんどうもありがとうございます^^
初体験のフェリー、とっても楽しかったです!(*^v^*)
私の父は、日本列島の最南端~最北端までを愛車で巡るというのが人生の大きな夢でもあったのですが(その夢は少し前に叶えられました^^)、その時に何度もフェリーに乗ったようだったので、その都度フェリーのお土産話を聞いていたのですが、父いわく、「外を見ても海しかないからつまらない、飽きる!(笑)」と言っていましたが(笑)、私はとっても楽しかったです!(*^^*)
アヨアンさんはマドロスのようでしたけれども^^、私の場合は高級なドレスを華麗に着こなしたお金持ちの貴族女性になった気分でした!(*^m^*)
海(船)の上で非常事態に遭遇した時の事を考えるととても恐ろしいのですが、宿泊が出来るような大きなフェリーで海の旅を楽しんでみたいなという願望もあります(*^^*)
桜まつりについては…あまりにも寒すぎると寒さに記憶を奪われてしまってダメですね(涙)
最近は少しずつ暖かくなって来ているので、寒がりの私にとってはこれからが本番です!(*^m^*)
コメントの投稿
  
コメントを非公開にする