ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在4歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在9歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
ぶーんアンテナ(^ω^)
RSS

年賀状のお披露目


「お披露目お披露目!^^」の図
という事で、本日の記事ではいよいよ年賀状のお披露目と、
年賀状制作についての裏話(種明かし)を簡単にUPさせて頂きます(*^^*)
年賀状がお手元に届いた方はすでにご覧頂いているかとは思いますけれども^^、
「どうやって作ったの!?」と興味を持たれた方は、是非ご覧くださいませね(*^v^*)



「今年の年賀状^^」の図
という事で早速ですが、上記が完成した年賀状となります(*^^*)
今年の年賀状のテーマは、「ぽかぽかな気分になりますように♪」ですよ^^
ちなみに使用した画材については「作品」ページの方にUPしておきましたので、
使用画材に興味のある方は、「作品」ページの方も覗いてみてくださいませ(*^^*)
話を戻しまして^^、上記年賀状の”現物”ですが、一体どうなっているのかというと…



「種明かし^^」の図
こんな感じ(の作品)となっておりました(*^v^*)
今回は上記の作品を一眼レフで撮影し、年賀状に印刷させて頂いています^^
ちなみにここで1つ裏話ですが、実は撮影時に作品の横幅が足りなかったため、
画像編集ソフトで壁面のストライプ柄を増やし、横幅を広げておりますよ(*^m^*)
先ほどの年賀状のお写真と上記現物写真を見比べて頂くと違いが分かるかも?^^



「大きさ比較^^」の図
そして作品全体と小道具達(部品)の大きさについてですが、
壁面と床面にはA5サイズのパネル(5mm厚)を2枚使用しているので、
高さが14.8cm、横幅が21cm、奥行きが約15.5cmくらいとなります(*^^*)
小道具については壁面の時計の大きさが10円玉とほぼ同じサイズなので、
その大きさを基準にその他の部品の大きさもイメージして頂けたらと(*^v^*)



「別の角度から^^」の図
そしてこちらは斜めから見た作品の様子となります^^
ちなみに真上から見た時の作品の様子はこんな感じですよ^^↓



「意外とあっさり^^」の図
今回制作した小道具達の厚みは約1~4mmほどの半立体という事で、
このペラペラな小道具達を使用し、いかに立体的な空間作りが出来るか、
いかに立体的に見える写真撮影が出来るか、という事が1番の課題でした^^
実際にその課題が成功しているのかどうなのかは分かりませんけれども^^;、
とりあえず制作中は何度も何度もカメラ越しに作品の様子を確認していました^^



「小道具達のご紹介^^」の図
さてここからは、年賀状に印刷したお写真では分かり辛い(と思われる)、
小さな小道具達を1つ1つ、お写真を拡大しながらご紹介させて頂きますね^^
ちなみに上記のお写真1つ目の小道具は、今年の干支のワンちゃんですよ^^
みかんを咥えた上記ワンちゃんのサイズは約3.5cm×4.5cmとなります(*^^*)
制作方法は、厚紙でワンちゃんの型を作り、その型の表面に少量の綿を乗せ、
型全体をフェルト布(ポリエステル100%を使用)で包み、裏面で接着しています^^
ワンちゃんの目や鼻の部分は、フェルトマスコット用のさし目では大きすぎたため、
さし目の根元部分を1mmくらいに切り刻み、その破片を使用&接着しております^^



「ワンちゃんの作り方^^」の図
ちなみにこちらはワンちゃんの作り方をまとめた画像となります^^
言葉では上手く説明が出来ないので、作り方は上記画像をご参照ください^^;



「お正月らしく^^」の図
そしてこちらがぽかぽかおこた♪と鏡餅のセットです(*^^*)
こたつ全体のサイズは4cm×10cm、鏡餅全体のサイズは2cm×1.8cm、
こたつ布団や鏡餅のお餅部分の制作方法は先ほどのワンちゃんと同じですよ^^
こたつの天板や鏡餅の土台部分は厚紙に木目調シートや金紙を貼っております^^
ちなみにお写真のワンちゃんがみかんを咥えている理由についてですけれども^^、
鏡餅のみかんをイタズラして取ってしまったのか、それとも乗せようとしているのか、
どちらにも考えられますけれど^^、それは皆様のご想像にお任せいたします(*^m^*)



「意外と重要なもの^^」の図
そしてこちらはふわふわクッションの2枚重ね♪です^^
”お正月らしさ”という点からみれば特に重要!という訳ではありませんが^^、
今回の年賀状のテーマ、「ぽかぽかな気分になりますように♪」からイメージすると、
クッションの下に敷いてあるラグと同じくらいに重要だと思い制作してみました(*^v^*)
上記クッション(2セット)のサイズは1.5cm×4cm、制作方法はワンちゃんと同じですよ^^
こたつの天板同様、遠近感のある形を作り出すのがとても難しい小道具の1つでした^^;



「右後ろ側の壁面^^」の図
そしてここからは、いよいよ作品壁面の小道具達をご紹介してゆきます^^
ちなみに年賀状のお写真では作品手前の小道具達にピントを合わせているので、
背景の細々とした小道具達は(意図的に)ぼかし気味で撮影させて頂いております^^
これからご紹介させて頂く壁面の小道具達、ぜひ年賀状を片手にご覧ください(*^v^*)



「時計^^」の図
という訳で、まずは時計から(*^^*)
大きさについては先ほどお話した通り、10円玉(2.3cm)とほぼ同じです^^
作り方もとても簡単で、厚紙で型を作り、それらしい模様の紙を貼るだけ(*^^*)
数字や針の部分は悪目立ちしないよう、アクリル絵具で簡単に描き込んで終了^^
何故3時かというと、単純に”3時のおやつタイム♪”が個人的に好きだからです(笑)



「これは何でしょう?^^」の図
そしてこちら、お部屋のドアのすぐ隣に付いている白くて小さな四角い物、
これは一体何かといいますと…室内照明のスイッチ(のつもり)ですよ(*^m^*)
少々現実的な小道具ですが、リアルな世界を演出するために制作してみました^^
上記スイッチの大きさは7mm×5mm、厚紙にアクリル絵具で陰影を描いています^^



「写真立て^^」の図
そして室内照明スイッチの隣の棚に置かれた上記小道具は写真立てです^^
最初に登場したワンちゃんと、その飼い主さんとのツーショット写真となりますが、
人の気配をほんの少し注入する事で、閑散とした部屋に温もりが生まれます(*^v^*)
ちなみに写真立て全体の大きさは1.5cm×2cm、写真(絵)部分は8mm×1.3cmですよ^^
写真立て部分はフェルト布使用、写真部分は鉛筆とアクリル絵具で描いています(*^^*)
写真立ての下の棚の「取っ手」部分は、つまようじを輪切りにしたものを使用しています^^



「左後ろ側の壁面^^」の図
続いては左後ろ側の壁面の小道具達をご紹介いたしますね^^
記事が長くなってしまったので、疲れた方は適当に読み飛ばしてください^^;



「フェルト布細工^^」の図
こちらは左後ろ壁面の小道具、お正月のお花とお皿に乗ったリンゴです^^
写真左側のお花は「松・梅・椿」をイメージしながらフェルト布で作ってみました^^
椿の作り方は、細く切ったフェルト布(5枚)をUの字に折り曲げて中央部分を接着、
松と梅は、緑色や茶色のフェルト布を厚紙に貼り付けて枝の形に切るだけです(笑)
椿の中心部分や梅の花の部分は、1mmくらいにカット&丸めたフェルトをちょこんと^^
お花の花瓶&リンゴやリンゴのお皿部分は、ワンちゃんと同じ作り方となります(*^^*)
各大きさについては、左側のお花が2.5cm×2cm、右側のリンゴが1.2cm×2cmですよ^^
ちなみに制作中、梅の”花”の部品が小さすぎて何度も紛失し、泣きそうになりました^^;



「手作りカレンダー^^」の図
そして最後に、こちらは2018年1月のカレンダーとなります(*^^*)
実は今回の作品で1番大変だった制作は…こちらのカレンダーでした(笑)
カレンダー本体と数字部分は(下手糞なりに)比較的楽々と制作出来ましたが^^、
唯一難航した箇所はといいますと、やはりミニチュアサイズの絵部分となります(笑)
ちなみにカレンダーの大きさは3cm×2.5cm、イラスト部分は1.2cm×2.2cmという事で、
先ほどご紹介した「写真立て」と比べると絵を描く面積は広かった訳なのですけれど、
絵の中のイラスト1つ1つがmm単位の制作だったため、なかなか大変な作業でした^^;
念のために記載しておきますと、雪だるまが6mm×3mm、ウサギちゃんが3mm×2mm、
スコップが5mm×2mm、「2018」の数字部分が3mm×8mmという感じになっております^^
あまりにも小さな絵だったため、「こりゃ上手く描けないわ!(泣)」と思いましたけれども、
改めて拡大写真を見ると、標準サイズで描いても同じような絵になっていたと思います^^;



「改めまして完成品^^」の図
という訳で、少々記事が長くなってしまいましたけれども(笑)、
今年2018年の年賀状のお披露目と裏話(種明かし)のお話でした(*^^*)
そして元旦早々、「年賀状見たよ!」と連絡をくれたお友達、本当にありがとう(*^v^*)
制作は大変でしたが、少しでも「ぽかぽか気分♪」を感じて頂けましたら幸いです(*^^*)
それでは記事の最後に、絵のお友達yuya氏から頂いた年賀状をUPさせて頂きますね^^↓



「マルチーズの思い出/水彩」の図
上記お写真がyuya氏から頂いた今年の年賀状となりますけれども、
私の第一印象は、「こ、これ年賀状じゃなくて作品じゃん!(汗)」でした(笑)
水彩が描けないと口にしていたyuya氏、これで描けないとはどういう事でしょうか^^;
私は金輪際、yuya氏の「描けない」といった言葉の数々は信じない事にいたしました^^;
今年のyuya氏とのランチ会では、「描けないとは」を題材に語り合いたいと思います(笑)
という事で、yuya氏を始め、年賀状を送ってくださった方々本当にありがとうございました^^
遠方のためなかなかお会い出来ない方々の近況やお知らせ、私のブログの感想などなど、
今年も楽しく真剣に、そして喜んだり驚いたりしながら年賀状を拝見させて頂きました(*^^*)
この場を借りて改めてお礼を、そして今年1年の皆様の幸せを心よりお祈りいたします(*^^*)



「今後の予定^^」の図
さて、今年2018年の私の予定ですけれども^^、
今の所は展覧会の予定も個展の予定も全く入れておりません(*^^*)
しばらく多忙期が続いていたので、制作の方は少しだけお休みさせて頂き^^、
可愛いふもふ達(猫&ウサギ)との時間を大切に過ごせたらと考えております^^
という事で、来週からは再び退屈な記事をUPする事になりそうな予感ですが^^;、
お時間ございましたら、ちょこちょこっ♪と覗きにお越し頂けると嬉しいです(*^v^*)
その他、「○○について知りたい、書いて欲しい^^」といったリクエストがありましたら、
(私のキャパ内であれば)記事にさせて頂きますので、お気軽にリクエストくださいね^^

web拍手 by FC2    

コメント

なるほど〜こんな仕組みになっていたんですね。
この年賀状を初めて見た時は、ほっこりした暖かい雰囲気に癒されながらも恥ずかしながら一体どうやって作ったのか全く見当がつきませんでした。こんなに手の込んだ年賀状だったとは…!
種明かしを読んで理解しても、きっと私は途中で投げ出す事でしょう(笑)やっぱりKannaさんの年賀状は毎年驚かせられます。一見手の込んだ感じに見えないのも流石だと思いました。
絵のご紹介とフォローありがとうございます!お言葉嬉しいです。でもやっぱり描けないんですよ(笑)思うように描けないところがたくさんありまして…。と、そう嘆いても上手くならないので、これからも焦らずコツコツと頑張ります。

年賀状の種明かし、びっくりしました!
ミニチュアドールハウスみたいなのを作ったと思ってたのに、実は薄い紙と綿とフェルトでできていたなんて! 特にこのクッション。この角度でこの立体感。すごいです!あと証明スイッチはすぐにわかりました。
Kannaのトレードマークのリンゴが置いてあったり、犬がみかんくわえていたり、この遊び心がいいですね。しっかりぽかぽかさせてもらいました。

そしてyuyaくんの年賀状、もとい『作品』。すごいを通り越して笑いました。
さぞこれを観た郵便局員さんもびっくりされていたことだと思います。
「水彩画描けない」の意味がわかってないようなので、yuyaくんにはもうちょっと日本語を勉強してもらいましょう(笑)

記事のリクエストについてはですね、ぜひKannaが好きな作家とか何か今絵画で勉強していることがあったら知りたいです。興味があるので、もしよかったらお願いします。

年賀状、力作です。ワンちゃんなど立体感を出すために綿を挟み込むというのは、舞台の小道具や大道具を作る際に似た様な手法を使ったので懐かしいです。舞台の照明さんが、客席から見た時に立体感を出すためには平坦なパネルではなく、発泡スチロールの板あるいはウレタンなどを上に貼り付けて「半丸」にした方がよいと、助言されました。
Kannaさんの作品には、その効果がしっかりとでていますね。
それにしても小さい画面によくこういう少し立体的なものを作られましたね。写真立やカレンダーの絵など、もう小さい物は眼鏡なしに見えない私には不可能です。

この作品はドラマや芝居の一つの舞台セットのようです。

こういう裏話を知れば、年賀状を貰った人たちの喜びは更に大きくなると思います。

そして、yuyaさんの年賀状、こちらも素敵です。いつものように物語がありますね。

yuyaくんへ

yuyaくんどうもありがとう^^
「一見手の込んだ感じに見えない」というお言葉は私にとって最高の褒め言葉です!^^
制作自体も大変でしたが、実は種明かし記事を書くのもなかなか大変だったので(笑)、頑張って制作&記事を書かせて頂いて本当に良かったです!ありがとう!(*^^*)
yuyaくんの水彩については、(yuyaくんのブログの方にもコメントさせて頂きましたが)もうすでに十二分に描けていると思います(笑)
描けないというのはね、ほらもっとこう…と言ってもやはり文章では上手く伝えられないので^^;、今度のランチ会で身振り手振りを交えて懇々と語らせて頂きます(笑)
どこがどのように描けない(と思っている)のか、yuyaくんのお話もぜひ聞かせてください!(*^^*)

なっちんへ

なっちんどうもありがとう^^
照明のスイッチ、すぐに分かってもらえたようでホッとしました!!(*^^*)
ちなみに種明かし記事ではちょっと解説場所を逃してしまって書けなかったのだけど、実はこたつの天板の遠近法、少し狂っているのです^^;
クッションの方は偶然にもそれらしい形を作れたので良しとしましたが(笑)、こたつの天板の形だけは、今でも自分の中でちょっと気に掛かっています^^;
yuya氏の年賀状はね、顔で笑いながらも内心は血の気が引いていました(笑)
yuya氏の水彩、どう見ても描けていますよね!?なっちん先生!!
来週、yuya氏とランチ会をして来る予定なので、しっかりとお説教して来ます(笑)
ちなみに風の噂によると、私の年賀状がドイツにいるとの事でビックリしました!^^
でももしドイツにいる年賀状のお年玉くじが当たってしまったら…どうしましょう!(笑)

アヨアンさんへ

アヨアンさんどうもありがとうございます^^
そして作品への感想とお褒めのお言葉、とても嬉しく思っております!!(*^^*)
今回の制作では、頭の中でぼんやりと全体像をイメージしていたものの、細かい小道具類の制作については何の知識もないままに…その場の思い付きだけで作り上げてしまいました^^;
ですが、その制作方法が偶然にも舞台照明さんの「半丸効果」と同じだったとの事で、非常に嬉しく思っております!(*^^*)
ちなみに今回の作品が小さい理由ですが、実は私自身の中でも想定外な大きさでした^^;
作品全体の大きさはA5サイズくらいが私の中ではジャストサイズだったのですが、小道具をここまで小さく作らなければならない事に気付いたのは、作り始めてからだったのです^^;
私も小さなものがだんだんと見え辛くなって来ているので…これからは制作可能なサイズをきちんと把握しておかなければと思います^^;
コメントの投稿
  
コメントを非公開にする