ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在4歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在9歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
ぶーんアンテナ(^ω^)
RSS

就寝前のひととき+ペン画用のペン


「最近のベッドのお供^^」の図
という訳で先日、物凄く久しぶりに本を購入して来ました^^
若干プライベート色の濃いお話となりますが、実は数ヶ月ほど前くらいから、
ドラゴンクエスト関連の某アプリゲームをベッドのお供にしていたのですが(照)、
ゲーム内の課題をこなせるほどの時間もなく、先日、泣く泣く引退いたしました^^;
そんな訳で今現在の私のベッドのお供はというと、懐かしの「怪人二十面相」です^^
昔々、確か私が小学生時代に、クラスの男の子達の間で大流行り?いたしまして^^、
その影響で私自身も上記のシリーズ本を熱心に読んでいた記憶があるのですけれど、
元々の活字嫌いな性格の影響なのか何なのか、お話の内容は全く覚えていません^^;
何がどのように面白かったのか、今更ではありますが再読してみたいと思います(*^^*)
ちなみに当時の本の表紙には写実的な少年の絵が描かれていたと思うのですけれども、
そしてその表紙の本が欲しかったのですけれども、書店にも古本屋にもなく残念でした^^;






「Myペン!(*^^*)」の図
さてここからは少し話が変わりまして^^、
先ほどの本を購入した日に、文具屋さんにて上記のペンを購入して来ました^^
10月の記事でも少しお話しましたが、ペン画用のペンが寿命を迎えてしまったので、
今まで愛用していたペンと同じものを(今度は2本ずつ!)再購入して来ました(*^^*)
ちなみに数年前に購入した時は裸のままバラで売られていたと思うのですけれども、
現在は個包装仕様に変更されており、ペンについての説明も記載されていました^^↓



「袋裏面の説明書き^^」の図
愛用している上記のペン(ZEBRAサインペン「筆サイン」150円)は、
私の場合、ペン画の他にアクリル画の輪郭線としても使用しているので^^、
購入時には必ず、”水に強くて滲まないペン!”を選ぶようにしています(*^^*)
上記のペンも「乾けば水に流れません」との事なので安心して使用出来ますが、
それ以外に何故このペンがお気に入りかというと、理由は”ペン先”にありまして、
簡単に説明すると、「ペン先が普通のペンよりも柔らかく、筆ペンよりも硬い」ので、
ペン画や水彩画の主線を描く際に線の筆圧をコントロールしやすいのです(*^v^*)
という訳で、実際に「筆サイン」ペンを使用して簡単なペン画を描いてみましたよ^^↓



「仮タイトル:独りの時間」の図
普段はスキャナーで取り込んだペン画をUPしておりますけれども^^、
せっかくの機会なので、カメラで撮影したペン画をUPさせて頂きました(*^^*)
相変わらず締まりのない(だらしない^^;)世界と線のペン画でアレですけれど(笑)、
先ほどのサインペン1本で、上記のような(強弱のある)線を描く事が出来ます(*^v^*)
私の絵では参考にならないと思いますが^^;、表情豊かな線の描写におススメですよ^^
そして肝心の耐水性についてですが、ちょっとした簡易実験を行ってみました(*^m^*)↓



「ZEBRA筆サイン×水彩」の図
退屈そうにしていた当ブログの専属モデル「ひめ子ちゃん」を捕まえ、
実験用モデルをお願いしました所、「時給5000円なら…」との事だったので、
しぶしぶお財布の紐を緩め、ひめ子ちゃんの似顔絵を描かせて頂きました(笑)
上記のひめ子ちゃんは、「筆サイン」で描いた後に水彩絵具で着色をしています^^
今回は着色までに30分ほど時間を空けましたが、インク乾燥後ならOKかと(*^^*)
上記のお写真の通り、水彩絵具で着色してもインクの滲みも全くなく良い感じです^^
ちなみに上記の絵は、吸水性のあるアルデバランという版画紙に描いておりますが、
コピー紙などの表面がサラッとした普通の紙でもインクの滲みはありませんでした^^
という事で、愛用中の「筆サイン」ペン、安定の使い心地で満足満足!ですよ(*^v^*)
ペン画や水彩画のペン選びに悩んでいる方がいましたら是非お試しくださいね(*^^*)



「筆サイン使用例その1」の図
ちなみに2012年に参加した動物園の写生大会で描いたこちらの絵と…



「筆サイン使用例その2」の図
2011年に参加した動物園の写生大会で描いたこちらの絵も、
先ほどご紹介しました「筆サイン」ペンを使用しておりますよ(*^v^*)
上記の作品は2枚とも水彩絵具ではなくアクリル絵具で描いておりますが^^、
着色した絵の上からポイントポイントにペンを入れると絵が締まります(*^m^*)

web拍手 by FC2    

コメント

江戸川乱歩の本は私の小学校時代にも何度か見かけました。図書室や教室にも何冊かあったようなので、読んでる人もけっこういたと思います。私は読んだ事がないので、また是非感想を教えて下さい!
このペン画はまさしくKannaさんワールドな雰囲気ですね。室内の扇風機と横たわってる人形のウサギがなんとも言えない時の流れを物語っているようで見応えがあります。水彩も濁らずに綺麗に色が出て良い感じですね。
Kannaさんの絵はペンの強い色がぴったり合うので羨ましいです。

『怪人二十面相』大人になってから、何冊か買って読みました。昔の読み物は、挿絵が、結構真剣に描きこまれていて迫力がありますね。特に戦前は高名な日本画家が描いていたりすることも多かったようですね。
ペンの拘り、私もあります。今は、三菱のボールペンを使っています。
ペンは、ノック式ではないキャップつきのが良かったのですが、完全に少数派で淘汰されてゆく印象があります。メーカーが売るためには仕方がないのですが、古いものを使い続けたい人間もいることは知って欲しいですね。尤も、売れないので、販売しても高級品になってしまっては意味がありませんが。

これが小学校で流行るなんて、なんてシブい小学生たちなのかしら!?
私もぜひ読み終わった後の感想を伺いたいわ。

Kannaの絵はペンが重要みたいだし、
やっぱペン選びにはこだわりがあるようね。

それは置いといて、
・・ちょっとこのフラミンゴの絵の後ろの風景すごくない!?
以前も観たことある絵だけど、改めて観て感激してしまった!
もちろんさらっとフラミンゴを描いてしまうところもすごいけど、
この風景の上手さにもう圧巻です。
風景描くの苦手だって言ってたのに〜、ちょっと騙された気分です(笑)
実は時間差でこの絵を何回か観させていただいた(しつこくてすみません)
のですが、何回見ても裏切らない上手さです。

yuyaくんへ

yuyaくんどうもありがとう^^
そして絵の感想、特に扇風機やウサギの人形など、「これ絶対に何か分からないだろうな…」と思っていたものをしっかりと当ててくださって、本当にありがとうございます!(*^^*)
それにしても何故この寒い時期に扇風機なのか…自分でも不思議に思っています^^;
そして久しぶりの水彩画、やっぱり難しいですね!(笑)
油と違って水という液体を自分の思うがままに操り、表現するのは至難の業です^^;
購入した本については、実はですね…まだ読み始めておりません!(照)
完読しました際には、ぜひ簡単な感想文を書けたらと思います!(*^v^*)

アヨアンさんへ

アヨアンさんどうもありがとうございます^^
「怪人二十面相」、何冊も読まれていらっしゃるのですね!(*^^*)
すぐにでもお話の内容をお聞きしたいくらいですが、何とか自力で読破出来るよう頑張ります(笑)
少年探偵シリーズの本達、本の表紙が随分と現代的な絵に変わってしまっておりましたが、本の中の挿絵も昔の絵と変わってしまっている可能性が高く、非常に残念です。。
ペンについてですが、キャップ付きのボールペン、確かに少なくなりましたね!!
最近はノック式?のボールペンが主流となりつつあるようなイメージですが、ボールペンについても本についても、廃盤などにせず、売り続けて頂きたいものです(涙)

なっちんへ

なっちんどうもありがとう^^
そして風景画、久しぶりに激褒めされて心臓がバクバクしてしまいました(笑)
自分で言うのもアレだけど、フラミンゴの絵については私自身もなかなか上手く描けたんじゃないかしら?と思ってはいるのですが…なっちんもご存じの通り、風景画は苦手ジャンルなので、たぶんまぐれで描けた1枚だと思っています^^;
今でも風景画を含めた”上手に見える絵”を描くのは苦手なので安心してください!(笑)
本の方はね、yuya氏への返信コメントにも書いたけれども、まだ読んでいないのよ(照)
何というか、私の悪い癖なんだけれども、購入した事自体に満足してしまったみたいで^^;
無事完読した際には、ぜひ簡単な感想文をお披露目させて頂きます!(*^m^*)
コメントの投稿
  
コメントを非公開にする