ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

「みんなのアンデルセン展」開催+消しゴム版画完成


「いよいよ開催^^」の図
という訳で、前回の記事で緊急告知をさせて頂いた上記の展覧会ですが、
明日4月22(土)より、「川崎市市民ミュージアム」(神奈川)にて開催されます^^
引き続きご一緒させて頂く絵のお友達yuya氏のブログにも記載されていますが、
今回の展覧会は、「日本・デンマーク国交樹立150周年記念」という企画展につき、
展示場ではアンデルセン関連の様々なイベントが目白押しとなっております(*^^*)
アンデルセン童話や世界観に興味のある方、大好きな方、是非ご来館くださいね^^
上記展覧会の詳細は「おしらせ」ページ(ガラケーはこちら)にも記載しております^^

「みんなのアンデルセン展」
2017年4月22日(土)~6月25日(日)
9:30~17:00 (入館16:30まで)
月曜休館→ 祝日・国民の休日の場合は開館
祝日・国民の休日の翌日休館→ 土・日の場合は開館


会場:川崎市市民ミュージアム内 「企画展示室2」
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
TEL:044-754-4500






「消しゴム版画完成^^」の図
さて、ここからは少し話が変わり、久しぶりに消しゴム版画のお話を^^
先日の記事で、「とりあえず完成した」とお話していた上記の消しゴム版画ですが、
無事額装まで終了いたしましたので、いよいよ本日、お披露目させて頂きますね^^
ちなみに今回お披露目させて頂く消しゴム版画は、3~4作品目の版画という事で、
まだまだ未熟ではありますけれども、少しずつ自分色が出て来たように感じます^^
という訳で早速ですが、まずは新しい消しゴム版画作品1作品目の様子がこちら↓



「新しい消しゴム版画1作品目^^」の図
今回の消しゴム版画は、ハガキサイズの1/2の大きさで制作いたしました^^
小さな作品のため、額装したお写真では細かい部分が見えずごめんなさい^^;
ちなみにこちらの作品は、消しゴム板2枚刷り&インク3色使用となっています^^
そしてもう1点、新しい消しゴム版画作品2作品目の様子がこちらとなります^^↓



「新しい消しゴム版画2作品目^^」の図
こちらも先ほどの作品同様、ハガキサイズの1/2の大きさとなっています^^
そして制作方法については、消しゴム板3枚刷り&インク4色使用となります^^
ちなみに両作品ともに1点限定作品のため、すでに原版は切腹済みです(笑)
という訳で、簡単ではありましたが、新しい消しゴム版画2作品の様子でした^^
上記2作品の作品名や詳細については「作品」ページの方にUPしております^^
作品も大きく掲載しているので、ご興味ありましたら是非ご覧くださいね(*^^*)
ちなみにこちらの作品達は5月に静岡で開催される展覧会に出品いたします^^
「本物を見てみたい!」という方は、是非ギャラリーへお越しくださいね(*^m^*)

web拍手 by FC2    

コメント

ご無沙汰しております。。
消しゴム版画も進化してるねー。ほんとKannaカラーになってる。
使われてる色は少しなんだけど、すごく世界が広がった感じがするよ。
Kanna自身も色を取り入れたことで自分がイメージしてる世界に近づけたって
思っているのかしら?
そういう探究心は前から変わらないし、ほんと尊敬しています。
でも原版を壊してしまうのは、やっぱり勿体無い気がするわ。
そういう潔さは私にはないので。

黒っぽい枠の中に更に小さな枠があって、更にもう一つの枠がある。面白い構造ですね。
吸い込まれてゆくような、或いは拡散してゆくような感覚にもなります。
これらの作品は、一見してKannaさんの作品と分かります、他の作品同様。
一つの世界観ができていますね。
もし、物語の挿絵を描かれてもKannaさんという個性が一つの印象として残るので、それはとても重要で、とても良いことだと思います。

なっちんへ

なっちんどうもありがとう^^
そしてお久しぶり!ブログ更新&コメント、ホッとしました(笑)
今回の着色は、馴染みのある絵具でなくインクだったので、色選びには本当に苦労しました^^;
頭の中で理想としているインク色があるのかないのか、どれが似ている色なのか本当に良く分からなくて、本番を刷る前にかなり試し刷りをしたよ^^;
制作の裏では意外にも?苦労をしているんだけど(笑)、絵がシンプルだから、見る人にとってはパパパッと完成したように見えるんじゃないかな?と私の中では思っているんでだけど…実際はどうなのかしらね?(*^m^*)
原版解体の方はね、お陰様でだいぶ慣れて来ました!(笑)
原版よりも、版画の仕上がりの良し悪しの方がやっぱり私には重要みたい(笑)

アヨアンさんへ

アヨアンさんどうもありがとうございます^^
黒い額縁にマットの黒い縁、これはすでに制作前から頭に降りて来ていたので、先日購入したマットの色見本を確認しながら、理想に近いマットを購入してみました(*^^*)
劇団の人形制作でも同じ事が言えるのかもしれませんが、頭の中のイメージが実際に形になってゆくのって、本当に楽しくてワクワクしますよね^^
私の絵や額装も、そのような感覚にとても近いような気がしています(*^m^*)
頭の中の図面を見ながらプラモデルを組み立てているような、そんな感じです(笑)
絵の方もお褒め頂きとても嬉しいです!ありがとうございます!(*^^*)
コメントの投稿
  
コメントを非公開にする