ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

「第2回みんなのアンデルセン展」終了


「終了いたしました^^」の図
4月9日(日)、上記の展覧会が無事終了いたしました(*^^*)
本日は上記展覧会のレポート記事を簡単にUPさせて頂きますね^^
撮影制限のある展覧会だったため、写真数は少なめですけれども、
少しでも展覧会の様子や雰囲気を楽しんで頂けましたら幸いです^^



「展覧会場」の図
こちらは前回の記事でUPさせて頂いた「狭山市立博物館」です^^
今回はこちらの博物館内の1室で展覧会が開催されていました^^



「展覧会場入口」の図
そしてこちらが展覧会場入口の様子となります^^
私がお伺いさせて頂いた日は平日(火)だったのですけれども、
春休みシーズンだったためか、意外にもお客様が多く驚きました^^



「投票用紙^^」の図
そして展覧会場に入ると、早速投票用紙が^^
好きな作品3点まで投票する事が可能となっていました(*^^*)
一体どのような作品達が展示されているのでしょうね、ドキドキ^^



「展覧会場内の様子」の図
気になっていた会場内の様子はこんな感じとなっておりました^^
ちなみに会場内+作品の個別撮影はごめんなさい、との事でしたので、
担当者の方から頂いた掲載可能なお写真をUPさせて頂いております^^
気になる作品もありましたが、今回はご紹介出来ずごめんなさいm(_ _)m
話を戻し、会場内にはとてもたくさんの作品が展示されていました(*^^*)
その中で私とyuya氏の作品は一体どこに展示されていたのかというと…



「あったあった(*^m^*)」の図
上記の場所にそれぞれの作品が展示されていました(*^^*)
私の作品とyuya氏の作品のみ撮影許可を頂いて来ましたので、
いつも通り個別に撮影したお写真をご紹介させて頂きますね^^↓



「yuya氏の作品^^」の図
まずはこちら、絵のお友達、大場夕也(yuya氏)の作品となります^^
アンデルセン童話、「イーダちゃんの花」の1場面を描かれたとの事^^
今まで見て来た絵柄とは少し異なった雰囲気の作品でしたけれども、
やはり独特の存在感があり、すぐにyuya氏の絵だと分かりました(笑)
描写力についても、今まで以上にパワーアップされていてびっくり…!
相変わらずの持ち前のセンスで、絵と額縁の雰囲気も素晴らしいです。
やはり強敵は身近な所に存在するものだと改めて確信いたしました^^;
今後も私の心を脅かすような作品を作り続けて頂きたいと思います(笑)



「私の作品^^」の図
yuya氏の作品の後にUPするのは気が引けますけれども^^;、
以前からお披露目させている私の作品がこちらとなりますm(_ _)m
作品」ページにもUPしていますが、「人魚姫」からの1場面です^^
自分の作品については特にコレといって語る事はありません(笑)
何か質問などがあれば、制作時を思い出しながらお答えしますが、
普通に、「人魚姫の消しゴム版画ね^^」と思って頂ければと(*^^*)
とりあえず、のん気な私が頑張って制作した消しゴム版画です(笑)



「投票投票~^^」の図
という事で、素敵な作品達をじっくりと拝見させて頂いた後は、
気に入った作品3点を選び、投票用紙を投函して来ました(*^^*)
私が投票した作品はというと、自分へのご褒美として自分の作品、
そして、ますますパワーアップしている絵のお友達yuya氏の作品、
猫ちゃんが人魚姫になっている可愛い立体作品の3点となります^^
3点目に選ばせて頂いた猫ちゃんの人魚姫がそれはもう可愛くて、
是非ご紹介させて頂きたかったのですけれども、ごめんなさい(泣)



「お疲れ様~!(*^^*)」の図
という訳で、遠方+初参加のため不安な点も多かった展覧会ですが、
展覧会場内のお写真含め、色々な相談事にも親切に対応してくださり、
安心して展覧会に参加、そして作品を拝見させて頂く事が出来ました^^
少々遠距離でしたけれども、お伺い出来て本当に良かったです(*^^*)
ちなみに次の記事で詳細をお話させて頂く予定ではありますけれども、
実は今回の出品作が他展にて継続展示される事が決定いたしました^^
「今回の展覧会、見逃してしまった!」という方はチャンスですよ(*^^*)
他展での展示は6月25日(日)まで、詳細は次の記事でUPいたします^^

PS…
展覧会の受賞結果の方ですが、ご予想通りの選外となりました(笑)
まだまだ未熟&自他共に認める大衆受けしない私の作風ですので、
当然といえば当然の結果、応援くださった方々ごめんなさい(*^人^*)

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
展覧会のお写真は主催側より撮影・掲載許可を頂いておりますが
万が一当ブログ掲載に不都合のある作家様がいらっしゃいましたら
こちらのメールフォームよりいつでもお気軽にお知らせくださいね^^
*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

web拍手 by FC2    

コメント

遠くまでお疲れ様でした。
会場はこんな感じなんですね~写真を見る限りでは落ち着いてて良い感じです。
会場の様子では割とカラフルな作品が多いのでKannaさんのモノクローム系の版画がより栄えて良さそうです。マットの縁色も雰囲気が合っていて綺麗ですね。
そしていつもながら御投票ありがとうございます!
《ちなみに私の絵は実はアクリルガッシュでは無くて、透明水彩と不透明水彩(ガッシュ)です(笑)ガッシュ違いで間違って伝わってしまったみたい…(笑)》
まだまだ未熟ですが、これからもKannaさんに負けないように頑張ります!

アンデルセンの童話は好きですが、それに合った絵を描くと言うのは、なかなか難しそうですね。その絵を見る対象者を誰にするのか、想定して描くのか。とは言っても、相手に合わせて描くのは、自分の考えと異なってしまうことにもなりかねない・・・
自分が好きなように描いた作品を気に入ってくれる人がいれば、それでよいのだと思います。
昔の画家ですが、茂田井武と言う童画家がいます。彼の描いた挿絵の岩波書店のグリム童話は大好きでしたが、岩波書店が挿絵画家を変えた新版(大分古いものではありますが)は、余りに自分の感性と異なっていたので、全く魅力を感じませんでした。
そんなことは、しばしばあることです。

yuyaくんへ

yuyaくんどうもありがとう^^
初めてお伺いした埼玉、そして展覧会、楽しんで来ましたよ~^^
yuyaくんの作品を見た時、「やられた…orz」と思いました(笑)
そしてますます腕を上げられていてビックリいたしました(*^^*)
絵の使用画材、アクリルガッシュではなくて水彩+不透明水彩だったのですね!
確かにアクリルガッシュにしては水っぽいというか、淡い色彩だな~とは思っていたのですが、キャプションの内容が間違っていたのですね^^;
川崎の展覧会の方では正確な内容に修正されている事を祈ります!!(*人*)

アヨアンさんへ

アヨアンさんどうもありがとうございます^^
コメントの内容、本当にその通りだと思いました^^
今回、アンデルセン展への出品をためらっていた理由の1つに、「アンデルセン童話の挿絵」に対する自分なりのイメージがありまして、そのイメージを上回るような絵が私には到底描けそうにない…と思ったため、当時、参加(応募)するのを悩んでおりました^^;
結果的には参加させて頂いて良かったなとは思っていますが^^、やはりアンデルセン童話の挿絵に対するイメージは今も変わらず、私の中ではそのイメージが1番しっくり来ます(*^^*)
あえて言うのなら、出品作の中で1番しっくり来たのは、やはりyuya氏の出品された絵でした(*^^*)

遅ればせながら・・
待ってましたアンデルセン展の記事!
私はKannaの作品がイチオシだったのだけど、選外だったのね。残念。
審査員の好みがどんなか知らないけど、選ばれた作品ってのも
興味があるわ。
やっぱりこういうメルヒェンの展示会って、ちょっと万人受けする作品が
優位なのかもね。自分が持ってるアンデルセンのイメージと重なるタイプがね。
Kannaみたいな独特な感性の持ち主の作品は難しいのかも。
でもアートの観点から見たら絶対入選よ。私が保証するっ!
そして、遠出お疲れ様でした。

なっちんへ

なっちんどうもありがとう^^
もう賞がどうであれ、なっちんからの嬉しいコメントだけで頑張った甲斐があったと思ったわ!
本当にどうもありがとう!褒められると伸びる子なので素直に嬉しいです!(笑)
どちらにしても、今回は最初から、「私の絵はアンデルセン向きじゃないだろうな^^;」とは思っていたので、選外という結果は覚悟していました(笑)
公募展や審査展って、審査員の好みとかお客さんの好みとか、運が悪ければ、コネがあるか、有名かどうかなどなどで審査結果も変わってくると思うので(笑)、こういう展覧会は宝くじだと思っていた方が良いなと、経験上、思ったよ(*^m^*)
コメントの投稿
  
コメントを非公開にする