ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

高校時代の思い出(動画・ケビン)


「3話目のタイトル」
前回に続き、ここからは動画3話目からエンディングまでをご紹介してゆきます^^
上記の画像は、動画の中の最後のお話、「ケビン」の最初のタイトル画面です^^
こちらの動画は、3つの動画の中で最もストーリー性のあるお話となっているので、
解説文などは入れず、絵本を読むような形でご紹介してゆけたらと思っています^^
ちなみにこちらの動画の絵は全て、紙にアクリル絵具で描き込んだものとなります^^
描いた枚数は80枚くらいでしょうか、なかなか大変な作業だった記憶があります^^;
動画の中で使用している曲は、自分で作曲したものをキーボードで弾いています^^
下手糞でごめんなさい^^;



「ケビン」
人や車の行き交う都会の中に、
小さな小さな犬小屋がありました。



その犬小屋には、
「ケビン」という仮面を付けた犬が住んでいました。



いつものように、
行き交う人々を眺めながら1人静かに過ごしていると、
ケビンの足元に、白く小さな不思議な棒が転がって来ました。



ケビンはその不思議な棒がとても気になり、
捕まえてみる事にしました。



しかし不思議な棒は、
ケビンの手からスルリと逃げ出し、
そのままコロコロと転がって行ってしまいました。



いつもと変わらない1人ぼっちの日々を送っていたケビンは、
生まれて初めて犬小屋を離れ、不思議な棒を追い掛け始めました。



どこまでもどこまでもコロコロと転がってゆく不思議な棒を、
ケビンはどこまでもどこまでもトコトコと追い掛け続けました。



やがて遠い遠い大きな野原の奥深くに辿り着くと、



不思議な棒は、
ピタリと動きを止めました。



不思議に思ったケビンは、
止まった棒のその先に目をやると、



そこには、
不思議な棒の仲間達の姿が、
たくさんたくさんありました。



いつも1人ぼっちだったケビンは、
生まれて初めて、優しく温かな感情を知りました。
そして次の瞬間、ケビンの仮面はミリミリと音を立て、



真っ二つに割れると、



静かに地面に剥がれ落ちました。



そして、
本当の顔を取り戻したケビンの目からは、
温かく幸せな涙がこぼれ落ちました。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~



人や車の行き交う都会の中に、
小さな小さな犬小屋がありました。



その犬小屋には、
「ケビン」という仮面のない犬が住んでいました。



いつものように、
行き交う人々を眺めながら1人静かに過ごしていると、
あの時と同じように、白く小さな不思議な棒がやって来て、



ケビンの足元に辿り着くと、
ピタリと動きを止めました。



ケビンはあの時と同じように、
不思議な棒の上にそっと手を乗せてみると、



不思議な棒は、
ケビンの暖かな手のひらに包まれました。



そして、
仮面の取れたケビンの顔には、
温かく幸せな笑顔がこぼれました。



おしまい。
絵本のような文章を書くという機会が全くないので、
逆に読み辛くなってしまっていたら本当に申し訳ありません(汗)
とりあえず、3話目はこのようなお話となっていました(*^^*)



「エンドロール」
そして全てのお話が終わった後に流れるこちらのエンドロールには、
制作者他、協力してくれた方のニックネームなどなどを載せています^^
こちらの場面で流れている曲も、キーボードで弾いた自作の曲となります^^
下手糞な上、似たような曲ばかりで…面白くなくて本当にごめんなさい^^;



「動画終了」
そしてこちらが動画最後の映像となります^^
という訳で、今回はびっくりするほどたくさんの記事をまとめてUPしてしまいましたが、
最後までお読みくださった方がいましたら、本当に本当にありがとうございます(*^^*)
ここまでお付き合い頂いた記念に、拍手もポチッと押して頂けると嬉しいです(*^m^*)
というのは冗談で(笑)、こんなにも長い記事を読んで頂けただけで本当に有難いです^^
正直、十数年も前の動画を長々と解説するというのも少々やり過ぎな気もしますが^^;、
見てくださった方に少しでも楽しんで頂ければ、それだけで私の中では大満足です(笑)
今回は大昔の過去作品という事で、今の私の作品とはまた違っていたかと思いますが、
基本的なアートへの姿勢や表現内容については、今も昔も変わっていないと思います^^
これからも自分の心に正直に、そしてユーモアを忘れず、制作してゆけたらと思います^^
という事で長くなってしまいましたが、高校時代の懐かしい思い出、動画編でした(*^^*)
そして最後に改めまして、動画や記事を閲覧くださった方、本当にありがとうございました^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

高校時代の思い出(動画・日常)


「2話目のタイトル」
前回の記事に続き、ここからは動画2話目をご紹介してゆきます^^
上記の画像は、2話目の動画、「日常」のタイトル画面となります^^
こちらのお話では、身近な日常の様子2パターンを描いてみました^^
上記のタイトル文字については、画用紙に木炭で書いています^^



「2話目の始まり」
軽快なリズムと共に映し出されるのは、良くある授業風景の様子です^^
教室の生徒達がちょこちょこと動きながら一生懸命にお勉強をしています(笑)
教室のセットと生徒達は、アクリル絵具で着色した粘土を使用しています^^



「密着」
そしてカメラは窓際に座っている1人の女子生徒にズームインしてゆきます^^



「後ろ姿」
そして女子生徒の後ろ姿を映し…



「お勉強中」
ノートに文字を書いている手元を映します^^



「どんな子?」
そしてカメラは少しずつ上の方に移動してゆき…



「こんな子(笑)」
女子生徒の顔を捉えます(笑)



「格言その1」
すると女子生徒は、カメラ目線で短い言葉を発します^^
「人生とは、生ゴミだ」
この言葉だけを聞くと、少々陰湿なセリフのように感じますけれども、
私の中では特にマイナスな感情で作ったセリフという訳では全然なくて、
”生ゴミって、その役目が終わっても、また違う形で再生出来るよね^^”
”人生って生ゴミと同じで、どんなに苦しくても、またやり直せるよね^^”
という意味で、私なりに希望や前向きな気持ちを込めて作った言葉でした^^
ちなみに女子生徒の声は私が吹き込んでいます、汚い声でごめんなさいorz


eiga2-09.jpg
「最後は」
そして最後にまた、何事もなかったかのように、
先ほどの授業風景の様子に切り替わります^^


g
「もう1つの日常」
そしてもう1つは、先ほどと同じ軽快なリズムの中、
今度は美術室での様子を描いています^^



「密着」
そして先ほどの授業風景の時と同じように、
美術室でデッサンをしている女子生徒を映してゆきます^^



「石膏像その1」
そしてその後、光のようなスピードで石膏像を映します(笑)
光のようなスピードで撮影した理由は、石膏像を上手く作れなかったからではなく、
こちらについても、石膏像だと「だいだい分かれば良いの^^」の精神からです^^
ちなみにこちらの石膏像は、「ボルゲーゼのマルス」の胸像となります^^



「石膏像その2」
続いてこちらも光のようなスピードで撮影された石膏像2体目となります^^
動画では本当に早過ぎて見えなかったと思うので、ゆっくりとご覧ください(笑)
こちらの石膏像は、「マリア・スフォルツァ」の胸像となります^^
石膏像達は2体とも粘土で作り、大きさは約8cmほどだったと思います^^



「デッサン中」
そしてその後、先ほどと同じように、
女子生徒がデッサンをしている手元を映します^^
こちらの場面で女子生徒が描いているデッサンの絵は、
仲の良い友人にお願いして描いてもらいました(*^^*)



「後ろ姿」
そして一旦カメラは女子生徒の背後に回り、
デッサンをしている女子生徒の姿を映します^^



「格言その2」
そして次の場面では女子生徒の顔が映り、
授業風景の時と同じように、カメラ目線で短い言葉を発します^^
「人生とは、まずいレストランだ」
こちらの言葉についても、マイナスな感情で作ったセリフという訳ではなく、
”まずいレストランでも、何故か癖になる料理が1~2品ほどあるよね^^”
”人生もまずいレストランと同じで、辛くても癖になる面白さだってあるよね^^”
といった、小さな喜びや楽しさを見付けてゆく大切さを込めて作ったセリフでした^^



「2話目終了」
そして最後にまた、何事もなかったかのように、
女子生徒はデッサンを始め、2話目が終了します^^
2話目については、”続いている日常の光景”という設定で制作しているため、
1話目の最後のコマに出て来る「完」のような幕閉じ映像は入れませんでした^^
ちなみにこちらのお話で使用した音は、キーボードに内蔵されていたリズム音です^^
少し軽めで単調なリズムが、何気ない日常にピッタリだったので入れてみました(笑)
という訳で、次の記事では動画の中の最後のお話、「ケビン」をご紹介してゆきます^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

高校時代の思い出(動画・へフパ)


「タイトル」
前回の記事の動画をご視聴くださった方、本当にありがとうございました(*^^*)
ここからは、動画のオープニングから1話目までのお話をご紹介させて頂きます^^
という事で、上記は動画の最初に鈴の音と共に現れる動画のタイトルとなります^^
一瞬で消えてしまうため、気付かれなかった方もいらっしゃるかもしれません(笑)
何だか良く分からないタイトル名ですが、読み方は”マルイコール映画”と読みます^^
タイトルの意味は、動画内のお話1つ1つのコンセプトをまとめた言葉なのですけれど、
簡単に言うと、”人生って輪のように繋がっていて、色々な事の繰り返しの気がする”
”人生って悪い事ばかりに感じるけど、でも何だかちょっと面白かったりもするよね^^”
という意味を込めて、「○(繋がり・繰り返し)=(同じ)映画」というタイトルにしました^^
制作の方は、アクリル絵具で黒く着色した紙に白いチョークで文字を書いています^^



「1話目のタイトル」
そして次に現れる映像がこちら^^
こちらは1話目のタイトルとなりますが、最初のタイトル同様すぐに消えてしまいます(笑)
1話目は「へフパ」というお話ですが、「へフパ」という言葉には特に意味はありません^^
しいて言えば、何となく語呂が良かったので付けた、というくらいです(*^m^*)
制作については、クシャクシャのセロファン紙に粘土の文字を貼り付けているだけです^^



「1話目の始まり」
そしてこちらが1話目の最初に出て来る映像となります^^
「これからお話が始まりますよ~」という意味で作ってみました(*^^*)
こちらのシーンでは、物語の案内人?の少女が歩いて来る所から始まります^^
後ろのドア付きの壁は粘土で作り、地面には赤い下敷きを敷いています(笑)
壁に付いているライトは、手作り豆電球を壁の裏面に仕込んで点灯させています^^



「クスッ(笑)」
ドア付近まで歩いて来た少女は、カメラに向かい意味深な笑みを浮かべます^^
ちなみにこちらの少女は、針金で芯を作り、粘土で肉付けをしています^^
動画を作り始めて最初の問題は、「人形をどうやって歩かせるか?」でした(笑)
歩かせているうちに粘土が崩れてゆき、とても太い足となってしまいましたが、
私のモットー「だいたい分かれば良いの^^」の精神で強引に撮り進めました^^



「カチャッ」
そして少女はドアノブに手を掛け…
(こちらのシーンはずっと無音です)



「ドアの中へどうぞ」
カメラはドアの暗闇にズームイン&フェイドアウトしてゆきます^^



「別世界へ」
ドアの中に入ると、電話を掛ける音、そして話し中のプープー音が鳴り始めます。
それと同時に、暗い路地裏に乳母車を押している不思議な人間の姿が^^
こちらの場面では、砂利や苔を貼り付けた紙を壁や地面に使用しています^^
映像が緑っぽく見えるのは、カメラのレンズに緑色のセロファンを貼っているからです^^



「回り込む」
そしてカメラは少しずつ不思議な人間の正面に回り込んでゆきます。
こちらの人形も先ほどの少女と同様、針金を芯にし、粘土で肉付けをしています^^
乳母車の方は、道端の枯れた草を採取し、編み込んで作ってみました^^



「卵のようなもの」
正面に回り込んだカメラが乳母車の中を映し始めると、
乳母車の中の卵のようなものがコロコロと動き回り始めました^^
こちらの卵は粘土で作り、ニスのようなもので光沢感を出しています^^



「コロコロ」
そして動き回っていた卵は乳母車の外に落ち、転がってゆきました。
この転がり落ちるシーンがなかなか難しく、美術教師にアドバイスを頂き、
針金を差した卵を乳母車(のサイド)に差し込みながら、少しずつ場所を移動させ、
転がり落ちてゆくシーンを1コマ1コマ細かく撮影しました^^



「いっぱいコロコロ」
乳母車の中の卵のようなものがどんどん外に転がってゆきます^^



「密着」
そしてカメラは1つの卵を映し始めます^^
すると…



「変化」
卵のようなものは少しずつ形を変えてゆきました^^



「どんどん変化」
細胞分裂をしているような姿になったかと思ったら…



「更に変化」
今度は鳥の胎児のような姿となり…



「今度は退化?」
そのまま成長するかと思ったら、また小さくなってゆき…



「完成形」
最終的には人間の胎児のような姿になりました(笑)
そして胎児は口をパクパクさせながら大泣き。
(泣いている声は入っていません)



「こちらでも」
そして乳母車に残っていた卵のようなものも孵化し、
乳母車の中から這い上がって来ました。
そして…



「コテン」
乳母車から落ち、こちらも大泣き。



「何を思う?」
そんな胎児達の一部始終を見ていた不思議な姿の人間は…



「カメラ目線」
静かに後ろを振り向きカメラのレンズを見つめると…



「パチリ」
大きな瞬きを1つし…



「カメラ目線2度目」
またまたカメラのレンズに向かい、
意味深な視線を投げ掛けます。



「終盤へ」
そして不思議な人間は前を向き直り、
カメラもズームアウトしてゆきます。



「最後は」
そして最後に孵化したたくさんの胎児達は泣きながら動き始めます。
それと同時に、話し中のプープー音も電話を切る音を最後に終了。
ちなみに電話の音は、自宅で録音したものを使用しました^^



「1話目終了」
こちらは1話目最後のシーンとなります^^
何だか良く分からないお話だなと主観的にも客観的に思いますけれども(笑)、
「だいたい分かれば良いの^^」「何となく楽しんでもらえれば良いの^^」
という気持ちは今も健在で、私の制作の全てに共通する思考でもあるので(笑)、
見てくださった方にも、”何となく”何かを感じて頂けたら良いなと思います(*^^*)
次の記事では、動画の中の2話目のお話、「日常」をご紹介してゆきます^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

不思議な子+高校時代の思い出(動画)


「これは誰ですか!?」の図
先月の記事で、「ジャボチカバつみ取り体験」のレポート記事をUPさせて頂いた際に、
”ジャボチカバの種を彼が鉢植えに埋めた”というお話もさせて頂いたのですけれども、
なんと数日前くらいから、ジャボチカバちゃんの鉢植えに奇妙な芽が生え始めました。
ジャボチカバの育ての親である彼は、「芽が出た!きっとジャボチカバだ!」と興奮し、
ネット上で見付けたジャボチカバの芽の写真と自宅の鉢植えの子の姿を見比べては、
「似ている!」と大騒ぎをしているのですけれども、実際の所はどうなのでしょうか(笑)



「ジャボちゃん達の身長測定」の図
奇妙な新芽ちゃん達が一体何者なのかは正直まだちょっと分からないのですけれども、
とりあえず新芽ちゃん達を「ジャボちゃん」と命名し、身長測定1回目を行いました(*^^*)
鉢植えの中で1番背の高いジャボちゃんの現在の身長は約3.5cm、まだまだひ弱っ子で、
少々頼りなさ気な風貌ですが、どんな子に育ってゆくのか今からとても楽しみです(*^^*)
そして少し話は変わりますが、「お店」にて作品をご購入くださった方+くださっている方、
いつも本当にありがとうございます、今回のご購入で募金額が5000円に達しましたので、
近日中に募金先に送金させて頂きます、購入者の皆さま、いつも本当にありがとう(*^^*)
募金作業が終了+募金先より領収書が届き次第、また改めてご報告させて頂きますね^^






「高校時代のコマ撮り動画」の図
さてここからは、少し前の記事でご紹介しましたコマ撮り動画をUPしてゆきます^^
とその前に、実はこちらのビデオテープ(動画)と前回の記事でご紹介した漫画ノートですが、
どんなに探しても見付からないと思ったら、つい数年前まで友人宅に保管されていました(笑)
保管されていた間にも、友人が自分の知人達に私の動画や漫画を紹介してくれていたようで、
手元に戻って来た時にはだいぶ劣化していましたけれど(笑)、何だかとても嬉しかったです^^
という訳で、まだ自宅にパソコンが導入されていなかった頃、そしてコマ撮り動画の知識もなく、
10代の未熟だった私が独学と勢いだけで作り上げたコマ撮り動画、ぜひ楽しんでください(笑)
そして念には念をという事で、動画を見られない環境の方のため+自分自身の備忘録のため、
動画公開の後に、動画内のお話(3話)を3記事に分けてご紹介してゆければと思っています^^
ご紹介と共に、それぞれのお話の簡単な解説や裏話なども少しだけお話させて頂く予定です^^
「面白くなかったから解説は要りません!」という方や興味のない方はスルーしてくださいね(笑)


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)
こちらの動画は「作品」ページの方にもUPさせて頂いています^^
動画だけをゆっくりと視聴されたい方は「作品」ページへどうぞ(*^^*)
次の記事からは動画の中のお話を1話ずつ写真を交えてお話してゆきます^^

web拍手 by FC2    

家族+高校時代の思い出(漫画)


「実家にて家族勢ぞろい」の図
先週の土曜日、埼玉に住んでいる兄夫婦が約10年ぶりに帰省したため、
物凄く久しぶりに家族全員での時間を楽しく過ごして来ました(*^^*)
(私の後ろに居る男性は兄ではなく、iPadを持っている私の父です 笑)



「幸せになるんだよ~(*^^*)」の図
こちらは兄夫婦の飼っている2代目わんこのアルタイルちゃん(2歳♂)
里親譲渡会で巡り合い、兄夫婦の元にやって来た幸せわんこちゃんです^^
普段はとても元気な子のようですが、やはり初対面の人間は怖いようで、
終始、キャリーカートの奥深くでビクビクと様子を覗っておりました(*^m^*)
またしばらく兄夫婦や可愛いペットちゃん達とは会えなくなりそうですが、
皆元気で過ごして居てもらいたいなと思います(*^^*)






「高校時代の漫画」の図
さてここからは、前回の記事でお話した高校時代の漫画をUPしてゆきます^^
同じく前回の記事で簡単にご紹介させて頂いた高校時代のコマ撮り動画の方も、
「拍手5つ以上で公開」と予告していた所、なんと8拍手も頂いてしまいまして…、
現在、大慌てでコマ撮り動画(ビデオテープ)のデジタル化に励んでおります(焦)
作業が無事終了しましたらUPさせて頂きますので、もうしばらくお待ちくださいね^^
そして今回だけでなく、記事に拍手を入れてくださっている優しい閲覧者の方々、
どちらのどなたかは分かりませんけれども、本当にありがとうございます(*^^*)
拍手が入る度にとても励みになっています、本当にありがとうございます(喜×2)



「みさおちゃん」の図
という訳で、早速ですけれども…こちらが漫画ノート1ページ目となります^^
淡々と紹介していますけれども、私の内心は恥ずかしさのあまり死にそうです。
が、アートに羞恥心を持っていてはダメだわ!の精神でゆきたいと思います(笑)
上記の漫画「みさおちゃん(3話完結)」は、私の処女作+代表作の1つとなります^^



「漫画はこんな感じ」の図
全ページの撮影は難しかったため、簡単なお披露目ですみませんm(_ _)m
漫画といっても本当にゆるい漫画なので、漫画専用の道具を使う事もなく、
下描きなどもせず、ペン1本だけで描いたフリーハンド漫画となっています^^



「相関図はこんな感じ」の図
こちらは漫画のコマを拾い集めて色を付けた登場人物の相関図となります^^
色を付けた方がキャラクターの個性が分かりやすいかもしれませんね(*^^*)
漫画のジャンルは、高校の図書室を舞台とした超お下品な恋愛ギャク漫画かなと思います^^;
あらすじを簡単にお話すると、高校生の女子生徒「鼻みさおちゃん」が委員を務める図書室に、
容姿は良いが口臭が酷く気になる「森田川きよし君」が詩集を借りに来る所から始まります(笑)
両者共に相思相愛になるものの、訳あり爽やか風イケメンの「本田ゆたか君」が図書室に現れ、
英語教師「チャールズ・ホワイツ・いさむ氏」もみさおちゃんに恋心を抱き、いさむ氏の手の中に。
そんな中、恋敵となった本田君との喧嘩で大惨敗し図書室で1人落ち込んでいたきよし君もまた、
図書室担当のセクシー教師「花ざかりきわみ氏」にモーションを掛けられ、きわみ氏の手の中に。
みさおちゃんもきよし君も教師によって大人にされてしまった事をお互いに知らず、元のさやへ…。
という、ちょっとおかしなハッピーエンド+今の時代ではタブーだらけの問題作となっています(笑)



「リアルっぽくも描いてみる♪(by高校生の私)」の図
もう本当にとてもとても恥ずかしい絵で、お見せするのも申し訳ないのですけれども、
こちらは漫画の中のキャラクターを実在人物のように生々しくイメージしてもらえるよう、
登場人物をややリアル系に表現して描いたものとなります(笑)
(ふう…汗)



「ミッチーズ」の図
そしてこちらは「みさおちゃん」の連載終了後に描き始めた2つ目の代表作です^^
私の中では「みさおちゃん」のお話よりもこちらのお話の方が好きです(笑)



「漫画はこんな感じ」の図
漫画の方は先ほどと同じように、全てペン1本で描いています^^
こちらの漫画は6話完結という事で、「みさおちゃん」よりも少しだけ長編となりますが、
1話分が2ページほどしかないため、5分もあれば読破出来る内容となっています^^



「相関図はこんな感じ」の図
漫画のジャンルは、兄弟愛と恋愛を描いた超お下品な恋愛ギャグ漫画かなと思います^^;
ただこちらの漫画の場合は、セクシャル・マイノリティ(同性愛)をテーマに描いているため、
お下品要素しかない「みさおちゃん」に比べると、やや感動的な?お話となっています(笑)
こちらのあらすじを簡単にお話すると、昭和初期に活躍したアイドル兄弟の回想物語です^^
当時、若者達の間で一世を風靡したと言われている人気アイドルグループ「ミッチーズ」は、
容姿も歌も性格もダンスも全てにおいて弟に劣り、女性ファンが誰も居ない実兄「みちる」と、
イケメンのため女性ファンは多いが、実はゲイという実弟「ちさと」との兄弟ユニットでした(笑)
ある日のコンサート後、2人が楽屋に戻ると、弟ちさとが一目惚れをした男性客「しのぶ」が。
しのぶは弟のちさとに「話がある」と伝え、兄を楽屋から追い出し、ちさとに長年の愛を告白。
楽屋を追い出され放置され続けた兄は、ついに堪忍袋の緒が切れ、楽屋のドアをぶち破ると、
なんとそこには、生まれたままの姿で愛を求め合っている実弟と男性ファンしのぶの姿が…。
兄みちるは怒りとショックのあまり、行きつけの居酒屋「おふね」で大酒を飲み、事故で搬送。
一方、弟ちさとはしのぶのマンションで一夜を共にし、翌朝の朝刊で兄みちるの入院を知った。
ここまでが1~3話目までのお話となりますが、長くなりましたのでここまでにしておきます(笑)
4話目から感動の最終回までのお話については…皆様のご想像にお任せいたします(*^m^*)



「やっぱりカラーも欲しいよね♪(by高校生の私)」の図
という訳で、「ミッチーズ」の方は私自身が気に入っていた漫画だったという事もあり、
下手糞ながらにも、気合を入れて色鉛筆で着色した挿絵も掲載していました(笑)
(ふう…汗)



「シュールな漫画なども^^」の図
「みさおちゃん」や「ミッチーズ」以外にも、ノートには様々な漫画が入っています^^
どのくらいあるのかしら~?と数えてみた所、私の漫画は14話ありました(*^^*)
そして仲の良い友人達が描いてくれた漫画が全部で5話、懐かしい思い出です^^
そして以下はおまけ画像ですが、漫画ノートの付録「リアル写真集」から少しだけ、
私にとって思い出深いアート写真(顔が写っていない写真のみ)をUPしてみます^^



タイトル「きよしくん登場!」
こちらは漫画「みさおちゃん」の実写版を友人と一緒に挑戦した時の写真です^^
お面を外すととても美人な友人は、自前のセーラー服を持参し「みさおちゃん」役を。
そして私は、普段着用していた制服の襟を詰めて「きよし君」役に挑戦しました^^
漫画の設定をきちんと再現するため、高校の図書室を少しだけ借りて撮影を行い、
後ろの壁には、漫画に出て来る「スリーブラザー」のポスターも貼らせて頂きました^^
「スリーブラザー」とは何かというと…また後ほど簡単に説明させて頂きますね(笑)



タイトル「本田くん・みさおの愛の形」
こちらも同じく友人が「みさおちゃん」役を、そして私が「本田君」役を演じています^^
イケメンのお面を付けると、それっぽく振る舞ってしまうのが不思議ですね(笑)



タイトル「きよしさんすてき♡」
こちらは、「みさおちゃん」役の友人と、「きよし君」役の美術の先生です^^
口数の少ない物静かな先生でしたが、ノリノリで演じてくれました(*^^*)
もう数十年も前の事ですが、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「初!ステキなスリーブラザー勢ぞろい!」
こちらは先ほどチラッとお話していた「スリーブラザー」の実写版となります^^
「スリーブラザー」とは、実は私が勝手に考え出したキャラクターなのです^^;
とても明るい性格ですが、少し頭のおかしい三つ子の兄弟という設定です(笑)
そんなキャラクターを、仲良し二人組が石膏像と一緒にノリノリで演じてくれました^^
こちらの友人達についても、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「初!スリーブラザーの2人」
こちらは通り掛かった科学の先生を捕まえての実写版となります^^
お行儀の悪い格好をして写っているのは私です^^;
科学の先生についても、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「おっとっとお!!」
という事で、最後に羞恥心を捨てた私の「きよし君」姿で締めたいと思います(笑)
今回は上記写真の如く、「アートに羞恥心は要らぬ!」精神でUPして来ましたが、
楽しんで頂けましたでしょうか、もしも楽しんで頂けなかったら、私は泣きます(笑)
とりあえず私の高校生時代は、漫画も含め、人生で最もアート尽くしの毎日でした^^
そして高校が女子校だったという事もあり、男性には見せられないお下品な漫画や、
上記のような恥ずかしい写真撮影も平気で出来たのかもしれないなと思います(笑)
もちろんそんな中、「高校を辞めたい、死にたい(泣)」と強く真剣に思う事も多々あり、
母に泣き付かれては、必死の思いで登校していた悲しい思い出も少なくありません。
ですが今になって思えば、そのような辛く悲しい経験のお陰で、高校時代の作品や、
今の作品に繋がる大切な何かを得られたのかもしれないなと感じたりもしています^^
どんなに恥ずかしい過去作品でも、やはり私にとってはどの子も愛しく大切な作品^^
追々お披露目させて頂くコマ撮り動画も、本当に完成度の低い作品ではありますが、
どうか温かな目で、温かな気持ちで(笑)、ご視聴頂けると嬉しいなと思います(*^^*)
という事で長くなってしまいましたが、高校時代の懐かしい思い出、漫画編でした^^

web拍手 by FC2    

色々制作+高校時代の思い出


「ミニ額縁の油絵制作」の図
前回の記事でUPした上記のミニ額縁制作の方ですが、
もう1つの紙作品の方を優先に制作しているため、まだあまり進んでいません^^;
とりあえず、前回塗った下地材が乾いたので、2層目の下地材を塗り重ねました^^



「こんな感じ^^」の図
こちらの白い下地材は、「キャンゾール」という油彩専用の下地材となります^^
ほとんど進んでいませんが、着色の下準備までは無事終了いたしました(*^^*)
制作過程もUPしてゆきたい所なのですが、前回の記事でもお伝えしました通り、
”ある目的”に使用するため、まだUPする事が出来ません、ごめんなさい^^;



「少しずつ少しずつ^^」の図
そして同じく前回の記事でUPした紙作品の方も、少しずつ進めています(*^^*)
現在はお絵描きをするというよりも、紙を使って小さな部品を作っております^^



「こんな感じ^^」の図
こちらも”ある目的”のため、本番用の部品をUPする事が出来ませんので、
使い道がなくてボツになってしまったワニさんの部品をUPしておきます(笑)
完成までまだまだ掛かりそうですけれども、引き続き頑張ります!(*^^*)






「懐かしい作品^^」の図
9月から開始した(先ほどの)作品達の制作過程をUPする事が出来ないため、
その代わりに何か面白いアートネタはないかしら~?^^と考えていました所、
美術高校の卒業制作展にて出品したコマ撮り作品の事を思い出しました(*^^*)
数十年ほど前、確か私が18歳くらいの時に初めて制作したコマ撮り動画なので、
完成度もビックリするくらいに低く、画質?もかなり悪くなってしまっていますが…、
「ぜひ見てみたい!」という怖いもの知らずな方はいらっしゃいますでしょうか(笑)
こちらの記事に拍手が5つ以上入りましたら…公開を検討させて頂きます(*^m^*)



「こちらも懐かしい作品^^」の図
そしてもう1つ、こちらも高校時代に描いていた私の漫画です^^
ノートの表紙には何故か、「プロフェッショナルへの道」と書かれています(笑)
特に漫画家になりたかったという訳でもないはずなのですが…何故でしょう^^;
漫画を描き始めたきっかけは、授業中にいたずら描きをして遊んでいた時に、
友人から、「私が主人公の漫画を描いて!」と頼まれた事が始まりでした(笑)
その後、私が描いた漫画のノートがいつの間にかクラスの中で回し読みされ、
ノートが手元に戻って来る度に新作漫画を描く、という流れになっていました^^;
もう1度書きますが、特に私は漫画家になりたかった訳ではありません(笑)



「ノート約5冊分」の図
こちらは裏表紙になりますが、様々な漫画を描いたノートを寄せ集めているため、
こちらが表になっている漫画もあり、要するに、しっちゃかめっちゃかです(笑)
(上記の絵は、私の漫画の登場人物を友人が自己流で描いてくれたものです^^)
という訳で、9月から制作している作品達の制作過程をUP出来ない代わりに、
先ほどのコマ撮り動画やこちらの漫画を少しだけご紹介出来たらと思っています^^
上記の動画や漫画を見た事がある人は、きっと懐かしく思われる事でしょう(笑)
そして初めてご覧頂く方は…今のうちに心の準備をお願いいたします(*^m^*)

web拍手 by FC2    

色々制作


「制作開始!」の図
8月の夏休みが終了したので、早速色々な物を作り始めています^^
現在制作している作品達は全てプライベート(個人的な)作品となるため、
完成後は販売する訳でもなく、ある目的のために使用する予定でいます^^
その”ある目的”というのは、数ヶ月後の完成時にお伝えいたしますね(笑)
という事で、上記の写真は制作に使用するミニサイズの額縁となります^^



「下地材を塗り塗り^^」の図
先ほどのミニ額縁の裏板部分に油絵を描いてゆくため、
下準備として、裏板の表面に1層目の下地材を塗りました^^
(こちらの下地材は油絵具の浸み込み防止用となります)
下地材が乾いたら、更に別の下地材を重ねてゆく予定です^^
という訳で、現在のミニ額縁の制作はここまでとなります^^
また進展がありましたら続きをUPさせて頂きますね(*^^*)



「色々作る^^」の図
そしてもう1点がこちら、久しぶり(?)の紙作品となります^^
今回の紙作品は、私にとって初ジャンルのアート作品となる予定なので、
少々気合が入っております、独学なのでなかなか難しいのですけれど^^;



「紙作品にお絵描き中(*^^*)」の図
という訳で、こちらが紙作品の途中経過の様子となります^^
久しぶりにアクリル絵具を引っ張り出して絵を描いています(笑)
まだまだ中途半端な状態なのでこれ以上はお見せ出来ませんが、
こちらの作品も無事完成出来ましたらお披露目させて頂きますね^^
という事で、9月から開始した2作品の簡単なご紹介でした(*^^*)
今回は初挑戦作品もあるため少々ドキドキな制作となっていますが、
なんとか無事完成させられると良いなと思います(*^^*)

web拍手 by FC2    

「第6回サムホール展」終了


「8月の展示会終了」の図
8月18日(木)~27(日)まで静岡で開催されていた展示会が無事終了いたしました^^
という訳で早速ですが、展示会の様子をパパパッと簡単にUPさせて頂きますね。



こちらは展示会場「ギャラリー十夢」の入口の様子。
入口付近からすでにたくさんのサムホール作品が展示されていました^^
それではいつも通り、時計回りでギャラリー内の様子をUPしてゆきます^^



こちらのサムホール展は、今回の開催で第6回目を迎えられました^^
私が大賞を頂いた第1回目の展示では、作品の応募数が全部で81点でしたけれども、
今回はなんと165点もの応募があったとの事で、とてもビックリいたしました(*^^*)



そんな感じで、今回はとにかくたくさんの作品が展示されていましたので、
各作品の使用画材や手法についてはほとんど把握出来ませんでしたけれども(笑)、
今回は県外(京都・東京・青森など)の作家さんも多く参加されていらっしゃったため、
今まで以上に見応えのある面白い展示会となっていました(*^^*)



話を戻し、こちらがギャラリー内、1番奥の壁面の様子となります^^
引き続き、残り半分の壁面の様子をUPしてゆきますね。



私がギャラリーにお伺いした日は展示最終日でしたので、
懇親会や表彰式に出席する方達のために美味しそうなお料理が用意されていました^^
(ちなみに私は懇親会が開始される直前にコソコソと帰宅いたしましたけれど^^;)



ここまでが一般作品及び、賞候補作品の展示壁面の様子となります^^
いつも通り分かり辛いギャラリー内写真で本当に申し訳ないのですが、
展示の雰囲気だけでも何となく察して頂けましたら幸いです(*^^*)



そしてこちらが今回受賞された作品達の展示壁面の様子となります^^
こちらのサムホール展では、審査員の方(2名)が1年ごとに交代されるため、
受賞作品の傾向(審査員の好み)も、その年ごとによって全く異なります(笑)
ちなみに今回は日本画を専攻されている先生が審査員をされたのだそうです^^
オーナーいわく、来年は現代アートの先生が審査員を担当されるそうですので、
現代アートや抽象画の得意な作家さんは来年がチャンスかもしれません(*^^*)
(余談ですが、写真内の黒い丸テーブルは私が差し上げたものです、うふふ^^)



そしてこちらがギャラリー内全体の様子となります^^
という事で、ここからは今回のサムホール大賞作品と私の作品、
そして私が”個人的に”気になった作品を3点ほどUPさせて頂きますね^^
まずは大賞作品から↓



「思い出を持って帰ろう」(油彩)
オーナーのお話によると、私と同じく浜松市在住の作家さん?なのだそうですが、
なんと21歳という若い女性の方の作品なのだそうです^^
21歳でこの表現力とテクニック力、どこかで絵を学ばれている方なのでしょうか^^
同じ浜松市在住という事で、今後益々のご活躍をお祈りいたします(*^^*)
続きましては私の作品を^^↓



優しい内緒話」(油彩)
少し前の記事でもお話しましたが、例の”消えてなくなりそうな絵”です(笑)
本当に消えてなくなってしまう(見て頂けない)のではないかと思いましたが、
有難い事に「賞候補」を頂く事が出来ました、本当にありがとうございました^^
そして更に嬉しい事に、なんとこちらの絵がお嫁入りいたしました(*^^*)
いつも通り、作品の売上金10%は動物愛護の募金用に使わせて頂きます^^
久しぶりに絵が売れ、低迷していた?募金活動にも力が入ります(笑)
という訳で、最後に私が個人的に気になった作品をUPさせて頂きますね^^↓



1点目 「姉妹」(水彩)
作品の展示場所が器材の裏側という難易度の高い場所だったため、
斜めからの撮影となってしまいました、本当に申し訳ありません^^;
場所はアレでしたけれど、私にとってはとても面白い作品でした(*^^*)
卵ちゃんの部分は何で作られているのでしょうね、とても気になります^^



2点目 「グレビー」(水彩)
もしかすると、これはグレビーシマウマさんのお尻でしょうか^^
動物が好きな私は本能的にこちらの作品に目が留まってしまいました(笑)
家に帰り、グレビーシマウマさんについて調べてみると、どうやらこのお馬さん、
(食用や毛皮目的の乱獲も含む)絶滅危惧動物だったのですね。。
作家さんの意図は分かりませんけれども、こちらの作品が更に好きなりました^^
ちなみにこちらの作品の作家さんも20代の若い女性なのだそうです(*^^*)



3点目 「百面相」(アクリル)
こちらも動物系の作品となりますが、とにかく猫ちゃんの表情が可愛いです(笑)
そして立体的な構造や色彩にもインパクトがあり、個人的に惹かれました(*^^*)
ヘタウマっぽい絵柄なのに、いやらしさがなく、可愛いな♪と感じられる作品って、
なかなかありそうでないので(笑)、私にとってはとても貴重な作品でした(*^^*)
他にも気になる作品がちょこちょことありましたが、ご紹介出来ずすみませんorz
ちなみにご紹介した上記3点は、一般作品(賞に入っていない作品)となります。
こんなにも面白いのに…個人的には受賞作以外の作品の方が面白かったです^^



という訳で、1時間ほど掛けて色々な作品を拝見した後、
どうしても気になった作品があったため、購入させて頂きました^^
その作品がこちらとなります^^↓



「早速飾っていますよ^^」の図
気になった作品1点目でご紹介させて頂いた「姉妹」という作品です^^
他にも「これ良いな~!欲しいな~!」と思った作品もあったのですけれども、
金銭的な理由により、残念ながら1点しか購入する事が出来ませんでしたのでorz、
悩んだ末に、私の中で最もインパクトがあり、面白い作品を購入させて頂きました^^
ちなみにこの作品を拝見した時の私の第一印象は、なぜ目玉焼き!?でした(笑)
そして先ほども少し書きましたように、作品にいやらしさがなく、どことなく純粋で、
絵の世界の汚さ?に汚染されていない、怖いもの知らずな作品に感じました(笑)
どんな方が作られたのかしら?と思い、購入時にオーナーさんにお聞きしてみた所、
「とても可愛い高校生の女の子よ~♪」との事で、またまたびっくりいたしました(笑)
アートのお話になるとついついおしゃべりになってしまうので割愛しますけれども^^;、
とりあえず、購入させて頂いた作品は我が家で大切に飾らせて頂いています(*^^*)



「義援金は16500円(*^^*)」の図
最後に、こちらは今回のサムホール展での義援金の結果となります^^
出品者が増えるに連れ、募金額も少しずつ増えて来ているようで私も嬉しいです^^
そして来年もまた、たくさんの方々の面白い作品が観られると良いなと思います(*^^*)

web拍手 by FC2