ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在7歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

色々制作(着色開始)

前回の記事に続き、今回も粘土細工の制作記事をUPしてゆきます^^
とその前に、現在制作中の粘土細工に加え、個展で使用する小道具作りも同時進行しています。
1日に何種類もの制作を行っているせいか、頭の中はそれぞれの制作工程の悩みでぐるぐるorz
いつの間にかそうした悩みがストレスになっていたのか、久しぶりに胃炎を起こしてしまいました^^;

現在は処方されたお薬のお陰で少しずつ良くなって来ていますが、やはりマイペースで気分屋の私には、1つの作業をのんびりと制作する方が向いているのだなと改めて実感いたしましたm(_ _)m
という訳で、現在同時進行している小道具制作の方は、完成次第、後々UPしてゆきますね^^
個展までに完成出来ると良いのですが^^;

さて話を戻しまして、現在制作中の粘土細工の様子をUPしてゆきます^^
まずこちらは前回までの様子↓



着色前の粘土細工の様子です。
粘土の形成後、やすりがけ+下地用スプレーを塗布し、土台を完成させました。
さてここからいよいよ着色に入ります^^
まず最初に、今回の着色で使用した絵具がこちら↓



「ゴールドフィンガー(金色)」
絵具の詳細を書く前に、ちょっとだけ語らせてください(笑)
まず、この画材を見付けるのにとても苦労しましたorz
というのは、この画材は元々絵画用の”絵具”ではないからです。
では一体何に使われているのかと言いますと、「額縁の補修用」です。
色が剥げてしまった金銀系の額縁などを修復させるために使用する画材です。
その他、テンペラ画の本などでは、金箔貼りの代わりに使用するという例も見られました。
という事は…粘土細工の着色にも使えるのでは!?と思い立ちまして、
実際にゴールドフィンガーを使用している額縁屋さんやメーカーに電話をしたり、
ネットで色々と調べてみたりしたのですが、とにかく前例がないため分からず…。
問い合わせ先の額縁屋さんやメーカーにも、「そうした用途で使う人は見た事ない」と。。
そして画材屋さんには、「先駆者ですよ!頑張ってください!(笑)」と言って頂けました^^;
という事で、専門の方々のお話をお伺いした結果、前例はないけれども、
絵具代わりに使用する事も可能でしょうという事だったので、使用する事にしました。
ちなみに数日前、久しぶりにゴールドフィンガーについてネットで調べていたら、
様々なネットショップで、石膏・粘土・木製品・繊維製品・皮革製品・プラステック、
プラモデル制作・挨拶カードetcに使える、なんていう説明が書かれていましたorz
私が調べていた頃は書かれていなかったはずなのに…(泣)



という訳で、額縁の修復以外にも色々な用途に使えるゴールドフィンガー。
そんなゴールドフィンガーは1本1500円前後もする高価な画材です。
「購入する前に色が知りたい!」という方もいらっしゃるかと思い、
ゴールド系絵具の比較画像を作ってみました^^



こちらは光を当てずに撮影した画像。
同じゴールドでも、やはり絵具の種類によって色味が違いますね^^
ゴールドフィンガーは、ゴールドが3色、シルバーとコッパー(銅)が1色ずつあります。
混色も可能なので、好みのゴールドが見付からない!という方にも良いかと思います^^
ちなみにゴールドフィンガーは油絵具やアクリル絵具のゴールドと違い、
隠ぺい力(不透明度)が強いので、薄くひと塗りしただけで綺麗に発色します^^
(ゴールドフィンガーの塗り方は、薄塗り+重ね塗りが基本!のようです)



そしてこちらが光を当てて撮影した画像。
なぜ私がゴールドフィンガーを選んだかというと、とにかく光沢感が違う!からです。
画像の右端から3つ目までがゴールドフィンガーなのですが、
左端の2色(アクリル絵具と油絵具)と比べると、光沢感が断然強いです。
メーカーの方いわく、「柔らかい布でふき上げると更に光沢感が増す」との事(*^^*)
ちなみにゴールドフィンガーは単品でも使えますが、細かい装飾部分などを塗る時は、
油絵用のリンシードオイルorテレピン油をほんの少量混ぜて使うと伸びが良くなるようです。
そして、ゴールドフィンガーの付着した筆や手指の汚れを落とす時は、
同じく油絵用の筆洗油(ブラシクリーナー)を使用すると綺麗に落とせます^^



という訳で、実際にゴールドフィンガーを制作中の粘土細工に塗ってみました。
私が使用した色は、グリーンゴールドとアンティークゴールドの混色です^^
余談ですが…実はゴールドフィンガーを塗る前に、粘土細工を少し手直ししました^^;
最初にUPしたツルツルに磨いた粘土細工では、やはり絵具の食いつきが悪かったので、
再度下地用スプレーを塗布し、粗目のやすりで軽く磨き、表面に凹凸を付けました。
想定内ではありましたが、やはりツルツルの面では思うように絵具は乗りませんね^^;



そしてこちらは(まだまだ未完成ですが)ゴールドフィンガーを全体に薄く塗った所。
少々筆跡が気になるので、目の細かいやすりで優しく磨きたい所です(笑)
という訳で、現在の粘土細工の様子でした^^
今回の粘土制作では、私の大好きなゴールド色で金の卵ちゃんとリンゴちゃん、
そして金の延べ棒を制作してゆきたいと思います(*^^*)

web拍手 by FC2    

色々制作(下地用スプレー~着色前まで)

合間合間に色々なお話をUPしていたら、前回の制作記事から1ヶ月が経過してしまいました^^;
「間が空きすぎて忘れちゃったよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんので…今回は今までの制作過程を簡単に振り返りながら、現在までの様子をUPしてゆきたいと思いますm(_ _)m



という訳で、こちらはとても懐かしい画像になりますが、
初期の頃の粘土細工の様子です。
土台となる形(四角+卵型+リンゴ型)を紙粘土で形成しました。



そして紙粘土の上から石粉粘土をコーティングし、1回目のやすりがけ。
この工程がとっても大変でした^^;



そしてこちらが1回目のやすりがけ終了後の比較画像。
左側の卵はやすりがけ前、右側の卵がやすりがけ後の状態です。
(四角+卵型+リンゴ型の粘土全てにやすりがけをしています)



そしてこちらが前回の制作記事でUPした2回目のやすりがけ終了後の画像。
(四角+卵型+リンゴ型の粘土全てにやすりがけをしています)
やすりがけ1回目の時と比べると、表面がだいぶ滑らかになりました。
という事で、今日はこの続きをUPしてゆきます^^



やすりがけの終了した粘土達に、下地用スプレーを塗布しました。
(下地用スプレーは時間を置いて2回ほど吹きかけています)



卵型とリンゴ型の粘土達にも下地用スプレーを塗布。
(同じく時間を置いて2回ほど吹きかけています)
使用した下地用スプレーはこちら↓



「Mr.サーフェイサー 1200 グレータイプ」
こちらのスプレーを使うと、土台に出来た小さな傷を隠す(埋める)事が出来たり、
逆に小さな傷を見付けやすくし、研磨の効率を上げる事が出来ます。
下地用スプレーについては、小道具の制作記事にもUPしていますのでご参考に^^
(粘土制作が一段落したら、小道具制作記事もまた再開しますね!)



下地用スプレーを塗布し乾かした後は、またまたやすりがけ。
スプレーの色が灰色なので、粘土の毛羽立ちや小さなキズが見付けやすいです^^
(やすりは「#1000」番の目の細かいやすりを使用)



そしてこちらが1回目の下地用スプレー塗布+やすりがけ終了後の状態。
見た目は酷いですが、やすりがけをした事で少し光沢感が出ました^^
この状態からまた上記の作業(スプレー塗布+やすりがけ)を繰り返します。



そしてこちらが2回目の下地用スプレー塗布+やすりがけ終了後の状態。
1回目の時と比べると、更に光沢感が出て来ました^^
ですが、まだまだ粗が目立つので、上記の作業を繰り返します。



そしてこちらが3回目の下地用スプレー塗布+やすりがけ終了後の状態。
だいぶ粗が目立たなくなり、光沢感も良い感じになって来たので、
下地用スプレー塗布+やすりがけ作業はこれで終了!
お天気や気温の影響でスプレー塗布の出来ない日が続いたり、
やすりがけをし過ぎて指が動かなくなってしまった日もありましたが^^;、
なんとか峠を越え、次の段階にたどり着けた事を嬉しく思っています^^
次回からは、いよいよ粘土細工の着色工程に突入!(*^^*)
綺麗に着色出来るかどうか心配ですが、引き続き頑張ります!^^

web拍手 by FC2    

バッグの中身+アヨアン・イゴカーさんの挿絵

最近は台風の影響のため、各地で豪雨や土砂崩れ、そして冠水被害が相次いでいますね。。
私の住む浜松市でも川の氾濫+大雨のため、数日前は至る所で避難警告が出されていました。
私の家のまわりも冠水し、どうなる事かとヒヤヒヤしていましたが、ギリギリ無事でした。。
皆さんの所は大丈夫でしたでしょうか、台風通過地域の方々、どうかお気を付けくださいませ。

さて今回は、前回の記事に続き「yuya氏から聞いた嬉しい?ニュース」2つ目をおしらせします^^
単刀直入に言いますと、先月中旬より、yuya氏のお家に新しい猫ちゃんが仲間入りしました(*^^*)
という事で早速ですが、今回はyuya氏のお家に来た新しい猫ちゃんをご紹介させて頂きます^^
台風で気分が滅入っていた方、猫好きな方、可愛い猫ちゃんの姿に癒されてくださいね(=^ω^=)



まずこちらは、現在yuya氏の家にいる先住猫ちゃん達です。
逆順になってしまいますが、写真右の白猫「アルちゃん」が最初に来た男の子、
そして写真左のチンチラ「イブちゃん」が2番目に来た女の子です^^
この2匹、仲が良いのか悪いのか、なかなか面白い距離感ですね(笑)
そして新しく迎えた猫ちゃんというのがこちら↓



キジトラ白猫(+シミ付)の「海ちゃん」です^^
まだまだ小さくて可愛いですね!(*^^*)
海ちゃんは高知県桂浜の海近辺に捨てられていた所をどなたかに拾われ、
同じく桂浜にあるお土産屋さんの一角で里親に出されていたのだそうです。
「海」という名前の由来は、”桂浜の海”から来ているとの事。
家に来た経緯は、yuya氏のご兄弟が高知旅行に行かれた際に、
里親に出されていた海ちゃんを見付けて引き取って来られたのだそうです^^
そのお話を聞いて、yuya氏とこんな話をしました。
「yuyaくんの作った『白猫、自身を語る』の物語の内容に似ているね」と(笑)



さて、ここで前回の記事でもUPした「yuya氏に渡したバッグ」のお話です^^
もうそろそろ、なんとなく、カンの鋭い方はお分かりかと思いますが、
何が入っていたかと言いますと…



キャリーバッグ(2つ)でした^^
我が家の先住ウサギ達のために長年愛用して来たキャリーバッグ。
嬉しい思い出も悲しい思い出もたくさん詰まったキャリーバッグ。
ですが、最近は使わなくなり、ほこりをかぶってしまっていたため、
彼と相談し、yuya氏のお家の猫ちゃん達に使ってもらう事にしました。
大切にしていた物だからこそ、大切に使ってもらえる人にお譲りした方が、
先住ウサギ達もきっと喜んでくれるだろうと、(自己満足ですが)思っています^^
という訳で、バッグの中身の答えとyuya氏のおしらせ2つ目のお話でした^^





さて、ここからは先ほども少し触れました「白猫、自身を語る」の挿絵についてのお話です。
覚えている方がいらっしゃるかどうかは分かりませんけれども(笑)、以前、こちらの物語を作られたyuya氏からのリクエストで、下記の挿絵を描かせて頂きました↓



動物を描くのが苦手なので恥ずかしいのですけれども、
私が描くとこんな感じになります(笑)


そんな矢先、いつもネット上で仲良くさせて頂いているアヨアン・イゴカーさんが、とても可愛らしい動物の絵をブログにUPされているのを発見しました。
いつものようにアヨアンさんの絵を拝見し、コメントを書き込もうとしたその時、ふと、「アヨアンさんの描く『白猫、自身を語る』の挿絵はどんな絵柄になるのだろう?」という好奇心が湧き起こったため、ご迷惑を承知の上で、コメント欄にてリクエストをさせて頂きました。

もしかすると、お忙しくてリクエストはスルーかしら…?なんて思っていたのですけれども、なんとその数日後に、『白猫、自身を語る』の挿絵をご自身のブログにUPしてくださいました!^^
その時の記事がこちら→ 挿絵『白猫、自身を語る』yuyaさんの物語より [絵画]



そしてこちらがアヨアンさんの描いてくださった『白猫、自身を語る』の挿絵です^^
(元画像の赤味が若干強かったため、色調補正させて頂いています)
私が描いた挿絵と同じ場面を描かれていますが、アヨアンさんいわく、
「(同じ場面の方が)個性の違いがでて面白い」との事です^^
元々、女性や動物を描かれるのがとてもお上手なアヨアンさん。
動物が大好きで、実際に猫も飼われていらっしゃるアヨアンさんなだけに、
動物の描写力も素晴らしいです!
ああ…私ももう少し動物を上手に描けたら良いのに(泣)
動物を描くのが得意な方がいらっしゃったら、コツを教えてください^^;


という訳で、最後は私のリクエストで描いてくださったアヨアンさんの挿絵のご紹介でした^^
図々しいリクエストに快く応対してくださったアヨアンさん、どうもありがとうございました!(*^^*)
「個性の違う人間が同じ場面を描いてみる」という試みは、とても面白いですし勉強になりますね!^^
私もどなたかの絵を私色で描いてみたくなりました(笑)

web拍手 by FC2    

打ち合わせ

前回の記事でお話した「絵のお友達yuya氏から聞いた嬉しい?ニュース」1つ目をおしらせします^^
先日、今年4月に開催した「Kanna ミニ作品展 at クリエート浜松 東側ディスプレイ」にてポスター&案内状制作を担当してくださった桑原翼さんから、「知り合いの作家さんの個展に一緒に参加しませんか?」とyuya氏に連絡が入ったようです^^

yuya氏がお誘いを受けた経緯を簡単に説明すると、今年5月に私からの紹介でyuya氏がクリエート浜松のディスプレイにて「ミニ作品展」を開催した所、その作品展を見た翼さんのお知り合いの作家さんがyuya氏の作品を大変気に入り、「自分の個展に作品を出品してもらいたいのだが、なんとかならないものか?」と翼さんの方に連絡が来たのだそうです^^

翼さんいわく、その作家さんというのは、40~50代?の男性で、自我の強い個性的な方との事。
yuya氏の性格を知る私としては、その作家さんとのお付き合いに少々心配な点もありますが、無難に立ち回る事の出来る性格も兼ね備えているyuya氏なので、いざとなれば何とかなる事でしょう(笑)

とりあえず、自分の作品を気に入って頂き、個展に誘って頂けるというのは、今まで孤高に頑張って来たyuya氏にとってはとても良いチャンス+経験になるのではと思います^^
今までずっと作品発表に消極的だったyuya氏、こうした経験を積み上げ、少しでも自分の作品や制作に自信を持って頂きたいなと思います(*^^*)



という訳で昨日、翼さんとyuya氏の打ち合わせに参加させて頂きました^^
私は個展には参加しないので関係ないのですけれども(笑)、
事前にお二人から「Kannaさんも来て良いですよ~」と誘って頂けた事と、
ちょうどyuya氏に渡したいものがあったため、お言葉に甘えさせて頂き、
打ち合わせに顔を出させて頂きました^^
ちなみにこちらの写真は翼さんがいつの間にか撮影していた画像です(笑)
打ち合わせ後、「ブログ用に!」と送ってくださったので使用させて頂きました(*^^*)



こちらはyuya氏(左)と翼さん(右)の打ち合わせの様子です^^
私も資料を拝見させて頂きましたが、なかなか難しそうでした^^;
とりあえず分かった事はというと…
個展を開催される作家さんご本人は、展示壁面の3/4面にご自分の作品を展示。
残りの1面に、yuya氏と翼さんの作品を展示するとの事だそうです。
yuya氏の出品作は、作家さんの好みで選んで頂いた小品を8点展示。
(yuya氏は新作の出品も希望しているが、展示可能かどうかは作家さんの好み次第)
翼さんの出品作は、雑誌の見開きページをイメージした作品を1点展示。
これらのアイディアは全て個展をされる作家さんのリクエストなのだそうです。



最後に、こちらはyuya氏に渡すために私が持参したバッグ。
何が入っているのかは、またの機会にお伝えいたしますね(*^^*)
という事で、簡単ではありましたが打ち合わせの様子でした^^
作家さん(+翼さん&yuya氏)の個展は来年の4月。
どんな展示会になるのか楽しみです^^

web拍手 by FC2