ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在7歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

紫外線対策+色々制作(やすりがけ2回目)

前回の記事でもお話した私のアレルギー性皮膚炎。
かかりつけの皮膚科の指示により、数週間前からステロイドの眼軟膏を目のまわりに塗っています。
以前、眼科での定期検診時に医師から言われた「眼圧が少し高めですね」という言葉を突然思い出し、ステロイドを塗る度に、眼圧が上がるのでは…失明するのでは…と怯えながら過ごしていました。

ええ、わたくし、こう言ってはアレですが、自他共に認める本格的な小心者なのでございます。
ステロイドの使用だけでも不安だというのに、ステロイドを塗っても症状が改善されなければ別の病気が考えられるため、その際は大きな病院で検査をした方が良いなどと皮膚科の医師に脅されてしまったため、ますます不安になり、その日から毎日のように周りの人達を困らせておりました。

例えば、「私に何かあったら後はよろしくお願いします」だとか、「もし入院をしても夜だけは家に帰って来ます」だとか、「たぶん(逝くのは)もうすぐだと思います」だとか、「なっとう(ウサギ)は私が居ないとダメなので、私が死ぬ時はなっとうの首をポキッとして一緒に棺桶に入れてください」だとか。
(なっとうの件は嘘ですが、本当にお世話が出来ない状態になったらやはり物凄く心配です…)


周りの人達は、”また始まった”と言わんばかりに、適当に笑いながら私の言葉をあしらうばかり。
客観的に見れば大した事などないのかもしれませんけれども、当の本人は真剣なのですよ…。
私の心配事も受け止めてもらえず、不安も募る一方なので、意を決して眼科に行く事にしました。

眼科で眼圧を測って頂いた結果、正常との事で、ステロイドの使用も問題ないとの事でした。
ホッとして彼に結果を報告すると、「ほらね!だから大丈夫って言ったじゃん!(笑)」と。
確かにその通りですが、まずこういう時は、「大丈夫で良かったね!」が正解だと思うのですよ。。
彼の勝ち誇ったような顔付きにイラッとしましたが、とりあえず眼圧が正常で安心しました。

という訳で、しばらくの間は(仕方なく)ステロイドの眼軟膏で症状を抑えてゆく形となりそうです。
そしてその間は、少しでも症状を悪化させないよう、お化粧もコンタクトも控える事にしました。
すっぴんではさすがに外を歩けないので、顔隠し+紫外線対策用に必要なものも急いで購入。



こちらは最近購入したもの。
UVカット加工が施されている帽子とサングラス。
同じくUVカット加工が施されている手袋と二の腕まで隠せるアームカバー。
これだけ紫外線対策をしていれば少しは安心かしら…^^;



「紫外線対策をしてお買い物」の図
上記のグッズに加え、日傘とマスクを使用するとこんな感じになります。。
どこかでこのような人を見かけたら私かもしれませんので、
くれぐれも話し掛けたりせず、そっと目を逸らして通り過ぎてください…。





という訳で、肌の状態は相変わらず良くありませんが、粘土制作の方はぼちぼちと頑張っています^^
失敗した箇所の修正なども行っていたため、あまり進んでいませんが、とりあえずUPしてみますね。
いつも通り画像を見て頂いた方が分かりやすいと思うので、若干画像多めでUPしてゆきます^^



こちらは前回の記事でUPしたリンゴの粘土細工です。
1回目のやすりがけが無事に終了しましたので、
現在は2回目のやすりがけに挑戦中です^^
ビフォー&アフターの状態を比較して頂くために、
少し前にご紹介した粘土細工の画像をUPしますね↓



懐かしい画像ですが、こちらは粘土細工の卵ちゃんです。
左側がやすりがけ前の状態、右側がやすりがけ1回目の状態となります^^



そしてこちらも懐かしい画像となりますが、
1回目のやすりがけを行っている最中の四角い粘土細工の様子です。
(分かり辛い画像ですみません^^;)
現在は上記の卵ちゃんと四角い粘土細工のやすりがけ2回目を行っています^^
2回目のやすりがけが終わった粘土細工の状態がこちら↓



最初の画像と比べると、粘土表面が滑らかになっているのがお分かりでしょうか^^
2回目のやすりがけで使用したやすりは「#1000」の細目となります。
本来なら、粗目~細目までのやすりを多種類用意し、
目の粗さを少しずつ変えながら研磨した方が綺麗に仕上がるようですね^^
無知だった私は3種類のやすりしか使わずに研磨してしまいましたが^^;
という事で、まだまだ続く2回目のやすりがけ作業、引き続き頑張ります^^

web拍手 by FC2    

アレルギー+色々制作(リンゴ)


「ロープを解いてください!あっ!やはり解かないでください!」の図


30代を過ぎた頃から発症したアレルギー性皮膚炎。
私の場合は特に春先からひどくなるようで、現在も目のまわりが痒くて痒くてたまりません。
ここ最近は目のまわりに加え、髪の毛の触れる頬や額、そして、何故か小鼻にまで痒みが拡大。

あまりの痒さに、これでもかという程に掻きむしりたい衝動に駆られる訳ですが、そこを我慢して我慢して、炎症を起こした皮膚に気付かれないように、こっそりと、優しく優しくさりげなーく、ちょこちょこっと掻いてみたりするのですが、私の肌の審判の目は厳しく、掻いた事がすぐにバレてしまいます。

次の瞬間には、掻いた部分の皮膚が醜くぽこぽこと膨らみ、加えて倍増した痒みが襲って来ます。
見た目もひどいものですが、逃れられない痒みというのも、本当に厄介で残酷だなと思います。。
元はといえば、痒みに負けてしまう私がダメなのだと思いますが^^;


という訳で、ここ最近は毎日のように、痒みと外観の醜さにほとほと心を悩ませておりますorz
何か解決に結びつくようなヒントはないだろうかと思い、それとなく実家の母に私の症状を話してみた所、なんと母自身も、30代から酷いアレルギー症状に悩まされていた事が分かりました。
そして母の姉もまた、重度のアレルギーにより化粧品が一切使えなかったのだと。

どうやら私のアレルギーは、遺伝性のものなのかもしれないと思い始めました。。
母も母の姉も、何が原因でアレルギー症状が出ていたのか分からなかったようなのですが、そんな所も私と同じで、私自身もいまだにアレルギーを誘発している原因物質が正確に分かっていません。
汗や涙、化粧品などは前々からですが、ここ最近は紫外線にも反応するようになってしまいました。

アレルギー症状の出る場所が隠し切れない場所なだけに、かなり落ち込んでしまう訳ですが、とりあえず処方されたお薬を大人しく使用しながら(本当は嫌なのだけど…)、今まで以上に、外出時の紫外線対策にも力を入れて過ごしてゆかなければと思います。
ああ、どうか少しでも早く、綺麗に治りますように…。



「現在の心境」の図





という事で、ここからは粘土制作の様子をUPしてゆく予定ですが、上記でお話したアレルギー症状により、なかなか制作に身が入らなかったため、ほとんど進んでいません、すみませんorz
あまり面白い進展はありませんけれど、とりあえず簡単なご報告だけさせて頂きますね^^



こちらは前回の記事でもUPさせて頂いた粘土細工のリンゴです。
現在、こちらのリンゴちゃん達に1回目のやすりがけを行っています^^



こちらはやすりがけを始めて1週間後の様子。
リンゴちゃん3つ目のやすりがけが終了しました^^
やすりがけが全て終了したら、目の細かいやすりで2回目のやすりがけに入ります。
今回はほとんど進展がなかったので、次回はもう少しペースを上げて制作しますね^^

web拍手 by FC2    

色々制作(新しい粘土細工)+挿絵


こちらは少し前の記事でお話していた粘土細工の卵ちゃん。
1回目のやすりがけが無事に終了いたしました^^
それにしても、同じ形のものを複数制作するのって意外と大変ですね^^;
という訳で、続きましてはこちらの制作↓



私のトレードマーク?でもあるリンゴ型の粘土細工。
(1層目に紙粘土+2層目に石粉粘土を使用)
現在制作中の粘土細工の中で、最も形成が難しいリンゴちゃん。
やすりがけ作業に慣れてからと思い、後回しにして来たリンゴちゃんですが、
ついに手を入れる時が来てしまいました(笑)



こちらは研磨途中の拡大画像です。
こちらのリンゴちゃん達に1回目のやすりがけを行った後は、
過去記事にも登場した(四角+卵型+リンゴ型)全ての粘土細工に、
2回目のやすりがけを行ってゆく予定です。
まだまだ先は長そうですが…頑張ります!
という事で、簡単ではありましたが現在の粘土制作の様子でした^^





さて、ここからは少し話が変わりまして、久しぶりにイラストを描いたのでUPいたします^^
最初に言い訳をさせて頂きますが、あまり上手に描けませんでした…すみません^^;



物語:「白猫、自身を語る」 / 挿絵:Kanna
実はこちらのイラスト、絵のお友達yuya氏の作られた物語の1コマとなります。
yuya氏よりリクエストを頂いたため、稚拙ではありますが描かせて頂きましたm(_ _)m
物語の内容はとても切ない愛情物語、私は涙なしには読めませんでした。。
物語にご興味のある方は、ぜひyuya氏のブログ記事をご覧くださいね(*^^*)
yuya氏ブログ記事…「白猫、自身を語る

web拍手 by FC2    

女性作家さん+合作打合せ

7月7日の七夕の日、「Kannaミニ作品展」を開催させて頂いたクリエート浜松に行って来ました。
お話が少々過去に遡ってしまいますが、クリエート浜松で開催された「ミニ作品展」のルールというのが、「展示をした作家が次の作家(浜松市出身)を紹介してゆく」というリレー方式だったため、私の展示の後は、絵のお友達のyuya氏を紹介し、展示を引き継いで頂く形となりました。



覚えている方もいらっしゃるかと思いますが、
こちらは4月に開催した私のミニ作品展の様子です^^
(夜間撮影)



そしてこちらが5月に開催されたyuya氏のミニ作品展の様子^^
(同じく夜間撮影:画像はyuya氏のブログからお借りしました)


当時、yuya氏の展示の後を継ぐ作家さんが決まっていなかったため、いつもお世話になっている静岡のギャラリーのオーナーさんから、浜松市出身の女性作家さんを紹介して頂く形となりました。
一方、作品展の案内状を手掛けてくださった「桑原翼」さんの方でも、お知り合いの作家さん(2名)を見付けて来てくださったため、yuya氏の次に展示をする作家さん候補がなんと3人に(笑)

という事で、まずは桑原翼さんが紹介してくださった写真家さん2名が6月と7月を担当し、静岡のギャラリーで紹介して頂いた女性作家さんには8月を担当して頂く事で落ち着きました。
女性作家さんには私からコンタクトを取り、展示についての詳細をメールや書類郵送などでご連絡。

そして先日の七夕の日、女性作家さんを館長にご紹介するため、クリエート浜松へ行って来ました。
その日はyuya氏との合作作品の打ち合わせも兼ねていたため、クリエート浜松にはyuya氏も一緒に同行し、女性作家さんとお会いする形となりました^^



こちらは七夕当日、クリエート浜松にて。
写真左はyuya氏、右は8月に展示予定の女性作家「ナグラマリ」さんです^^
いつも通り、お顔にはぼかしを入れさせて頂いていますが、
ぼかしを入れるのがもったいないほどに、美男美女な組み合わせのお二人!
七夕という事もあり、まるで彦星様と織姫様を目の前で見ているような気分でした(*^^*)
そんな可愛らしいマリさんを館長にご紹介する前に、お互いの簡単な自己紹介をし、
マリさんの作品ファイルなどを見せて頂いたりしながら、しばらく和やかに談笑^^



そしてマリさんを館長に紹介+展示の許可を頂いた後は、いよいよ展示現場へ。
ディスプレイ内の様子に興味津々なマリさん、真剣な面持ちで観察されていました^^
ちなみにこちらの展示は、翼さんが紹介してくださった写真家さんの作品展となります^^


という訳で、展示現場を確認した後は、再度館内に戻り、アートなお話に花を咲かせて来ました^^
マリさんとは初めてお会いしたという事もあり、色んな制作秘話なども聞かせて頂きました(*^^*)
神秘的な美しい世界を表現されているマリさんの作品は、主に鉛筆と油彩で描かれているという事。
そして、度々絵の中に登場する水晶やキノコは、ご自身がとても大好きなモチーフだという事。

そんな中、絵描きさんの描き方としては珍しく、とても斬新だなと思ったのが、マリさんの創作方法。
どんな創作方法なのかというと、まず最初に物語を考え、その物語を文章化し、その文章化した物語に出て来る一場面を絵画にする、という方法で作品を制作されていらっしゃるのだそうです。

そうしたお話をお伺いすると、画家というよりは小説家兼、挿絵画家というような印象も受けますが、完成した絵画は大きな作品が多いため、やはり挿絵画家ではなく、歴とした画家さんなのですよね。
マリさんとのお話を通し、改めてアートの面白さ、創作や制作過程の面白さを実感いたしました^^

そんなマリさんが開催されるクリエート浜松での作品展、すでにやる気満々なご様子です!^^
クリエート浜松でのマリさんの作品展は8月、展示場所であるディスプレイ内も真夏のビニールハウス並の暑さとなり、搬入+搬出作業もかなり大変になるだろうと想像しますが、どうか熱中症には十分に気を付けて、素敵な作品展を開催して頂けたらと思います!(*^^*)





という訳で、ナグラマリさんとの作品展の打ち合わせが終了した後は、近くの喫茶店に場所を移し、今度はyuya氏と共に合作についての打ち合わせをして来ました。
毎日何かと慌ただしい私生活、外出時には全ての用事を1回で済ませられるよう工夫しています^^



喫茶店にて。
こちらは私が描き進めて来た合作を見た瞬間のyuya氏の様子です^^
しばらく無言のまま、そしてニタニタと微笑を浮かべながら眺めていたと思ったら、
「これもうKannaさんの作品で良いんじゃね!?(笑)」と言われてしまいました^^;
「そうなんです!なのでなんとかしてください!」と頭を下げてお願いして来ましたが、
やはり自分の絵柄を変えて描くというのは、私にとってはとてもとても難しい事でしたorz
”私の絵”になってしまっている合作、yuya氏はどのように仕上げてくれるのでしょうか^^;
とりあえず合作の方は再度yuya氏にバトンタッチする事に成功しましたので、
私は引き続き自分の制作(粘土制作)の方を頑張りたいと思います(笑)

web拍手 by FC2    

色々制作(新しい粘土作品のやすりがけ)


前回の記事でUPさせて頂いたこちらの四角い粘土作品。
1回目のやすりがけがようやく終了しました^^
他の粘土作品との進行具合を合わせるため、
とりあえずこちらの粘土作品の制作は一旦お休みです^^



その間に、まだ手を付けていない粘土作品のやすりがけを開始。
やすりがけをしなければならない粘土がまだまだたくさんあります^^;
頑張ります(笑)



さて突然ですが、ここで皆さまにクイズです。
こちらの写真の2つの卵、どちらがニセモノでしょうか?^^
質感や形の違いですぐに分かってしまうかと思いますが…、
正解はこちらです↓



左側、茶色のマスキングテープの上に乗っている卵がニセモノでした^^
ちなみに机の上に直置きしている卵もニセモノです^^
という訳で、現在は可愛い卵型の粘土作品を形成中(*^^*)
(1層目に紙粘土+2層目に石粉粘土を使用)



こちらは研磨前(左)と研磨後(右)の比較画像です^^
やすりがけ1回目のため、まだまだ研磨キズが確認出来る状態ですが、
まずは全ての粘土作品に1回目のやすりがけを行った後、
目の細かいやすりで順々に磨いてゆきたいなと思っています^^
こちらの卵ちゃんも、愛情+心を込めてやすりがけをしています(*^^*)
ストレスフリーな場所で伸び伸びと過ごしているニワトリのお母さんが、
ポンッと生み落した可愛らしい幸せな卵をイメージしながら^^
という訳で、引き続き粘土制作頑張ります!^^

web拍手 by FC2