ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在7歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

予告+合作

前回の記事でお話していた、新しい粘土細工の制作過程。
今日からUPしてゆく予定だったのですが、緊急予告?が入ってしまったため、今回はそちらのお知らせを優先し、粘土制作の方は次回からUPさせて頂きます、どうぞよろしくお願いいたします^^

という事で早速ですが、緊急予告のお話です。
実は先日、こちらのブログの過去記事でもご紹介させて頂いた、浜松市在住の作家「桑原翼」さんより、展示のお誘いメールを頂きました。



ちなみにこちらが桑原翼さんの作品。
去年の8月、浜松市中心街付近に佇む多目的ホール、
クリエート浜松」にて開催された展示会に出品されていた作品です^^
詳しくはこちらの過去記事をどうぞ^^



そんな桑原翼さんから頂いた今回のお誘い内容はというと、上記の建物、「クリエート浜松」に増設されたウィンドウディスプレイにて、約1ヶ月間、作品を展示しませんか?というお話でした。
詳しくお話を伺うと、なんと展示費用も無料、過去作品の展示もOKとの事!
なんと嬉しいお話でしょう、私的にはお断りする理由もなく、有難くお引き受けさせて頂きました^^

ちなみにその展示ルール?というのが、「浜松にゆかりのある作家」という事らしく、浜松市在住の作家さんが1ヶ月ごとにバトンタッチをしながら、代わる代わる展示をされてゆくのだそうです。
桑原翼さんは3月を担当されていらっしゃるので、私は来月の4月に展示させて頂く事になりました^^


5月の作家さんはどうしよう…と一瞬悩みましたが、ふと思い立ち、絵のお友達のyuya氏に連絡!
事情を説明すると、OKとの事だったので、急いで桑原翼さんにも連絡。
そんな感じで、水面下で翼さんと連絡を取り合いながら、展示の予定を決めてゆきました。

そして早速昨日、展示の打ち合わせのため、翼さんとyuya氏と私の3人でクリエート浜松へ。
という事で、前置きが長くなってしまいましたが、今日はその時の様子をUPさせて頂きます^^
文章だけでは伝えきれないので、画像も交えながらUPしてゆきますね。



こちらは打ち合わせの様子。
写真左側が桑原翼さん、右側がyuya氏です^^
翼さんのキュートで柔らかな物腰に、打ち合わせは終始和やかなムード(*^^*)
翼さんより、ブログUP時の顔のぼかしは要りませんよ~と言って頂けましたが、
1人だけ顔全開なのもアレだったので、軽くぼかしを入れさせて頂きました^^
打ち合わせの後は、一旦、外に出て展示場所の下見↓



こんな風に外から展示作品を観られるようになっています。
写真は翼さんと翼さんの作品達^^
光の反射で作品が見え辛くなってしまいました、ごめんなさいm(_ _)m
翼さんの作品は、4月4日の午前中くらいまで展示されていますので、
お近くに来られた際には、ぜひお立ち寄りくださいませ^^



翼さんのお話を聞いていたら、ふらりとお客様が^^



そして最後に、翼さんのご好意により、
ウィンドウディスプレイ内の様子も見学させて頂きました^^
ご多忙の中、お時間を作ってくださり、とても親切にご案内してくださった翼さんに、
心から感謝の気持ちでいっぱいです!
恩を仇で返さぬよう、4月の展示、頑張ります!^^


という事で、突然ではありましたが、展示のお知らせでした^^
私の作品は、4月4日(土)の午前に搬入し、午後から展示開始させて頂く予定です。
再度、4月に入りましたら改めてお知らせさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします^^





という訳で、無事に展示の打ち合わせが終った後は、yuya氏と一緒に駅中の喫茶店へ。
今度はyuya氏と一緒に、合作作品についての打ち合わせをして来ました^^
前回の打ち合わせの様子はこちらの記事でUPしています^^



という事で、こちらがyuya氏との合作作品。
今年の1月にyuya氏にバトンタッチしたばかりの合作作品ですが、
またまた私の元に戻って来てしまいましたorz
この忙しい時期に!(笑)



まずはyuya氏が合作を再チェック。
そして…



裏向きにした作品を無言で私に手渡すyuya氏。
打ち合わせでは、お互いのタッチ(描き方の個性)の合わせ方についてなど、
慎重に慎重に話し合ってはいるのですが、いざ手元に戻って来ると怖いですね^^;
怖すぎてなかなか見られませんでした(笑)



数十分後、勇気を振り絞って作品を確認。
感想は、「あれ、思っていた以上に大丈夫じゃない?」という感じでした^^
が、その後、この続きを私が描き進めるのかと思ったら、またまた不安に^^;



まだお見せ出来る状態ではないのでモザイク入りですが、
こんな感じ(色)になっていました^^
こちらの作品も12月の個展に出品したいと思っているので、
何とか少しでも早く完成させなければ!というか、完成させたいです!
なんだか色々と忙しすぎて頭がオーバーヒートしそうですが、
「倒れるのは個展の後!」と自分に言い聞かせ、引き続き頑張ります!(笑)

web拍手 by FC2    

展示会のおしらせ+粘土細工

突然ですが、展示会のおしらせです。
今年の5月、静岡のギャラリーで開催される展示会に参加させて頂く事になりました^^
こちらは展示会のDM画像です↓



展示会の詳細+私の在廊日につきましては、
おしらせ」ページをご覧くださいませ^^


今回はギャラリーの7周年記念展という事で、24名もの作家さん達の作品が展示されます。
平面作品は小さな作品を1人1~2点、立体作品は決められた面積の中で複数点、展示されます。
ご興味ございましたら、ぜひギャラリーに遊びにお越しくださいね(*^^*)

という事で、突然ではありましたが、展示会のおしらせでした。
5月に入りましたら再度ご案内させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします^^





という事で、ここからは前回の記事に続き、粘土制作の様子をUPしてゆきます^^
流れを把握しやすいよう、今回もまた、今までの制作画像と比較しながらUPしてゆきますね。



それでは早速ですが、こちらは前回の記事でUPした最後の画像です。
キャンバスボードにスエード調の布を貼った所までをUPしました。
肝心の粘土細工の方は、形成→色塗り→ニス塗りまで終了。
今日は最終工程、キャンバスボードに粘土細工を貼り付けてゆく作業をUPします^^



まず、粘土細工を貼り付けるために用意した物がこちら。
粘土細工・布を貼り付けたキャンバスボード・額縁、
ペーパーパレット・接着剤・ピンセット・つまようじ、などなど。
道具のチョイスに失敗した物があるので、ぜひ最後までご覧くださいね^^;



それでは作業開始。
布を貼り付けたキャンバスボードを額縁に入れます。
そして、額縁に入れた状態で粘土細工を配置。



こちらは最初の構図ですが、
左右対称になりすぎて面白くなかったので、
粘土細工の配置を変える事にしました↓



女の子とリンゴの位置を動かし、奥行き感のある構図に^^
(こちらはまだ貼り付けていない状態です)
この状態で、粘土細工を1つ1つ慎重に貼り付けてゆきます。
が、失敗しました…凹



用意していた強力接着剤で張り付けてみた所、
接着剤が布に吸収してしまい、くっつかなかったため、
急きょ、接着剤→木工用ボンドに変更する事に。。
木工用ボンドならOKでした^^;
木工用ボンドで全てのパーツを貼り付けたら完成!
展開が早くてアレですが、完成した粘土細工がこちらです↓



こんな感じになりました^^
粘土細工部分を正面から拡大するとこんな感じです↓



額なしの画像+作品名などは、「作品」ページにてUPしています。
ご興味ありましたらご覧くださいませ^^


という訳で、小さな粘土細工作品、無事に完成しました!^^
ここまでの作業工程をまとめると、下記のような流れになります↓

(1) キャンバスボードに直接下絵を描き、キャンバスボード全体を透明ラップで包んで固定
(1) または、キャンバスボード全体を透明ラップで包んで固定し、ラップの上から下絵を描く
(2) 透明ラップの上から下絵に合わせて粘土形成(粘土の色付けはアクリル絵具を混ぜる)
(3) 粘土の中までしっかりと乾燥させる(乾くまで何日でも)
※ここまでの記事はこちら→制作1回目制作2回目

(4) 乾いた粘土細工を汚れても良いボードなどに貼り付けて固定(マスキングテープ使用)
(5) 粘土細工をボードに貼り付けた状態で、アクリル絵具や油絵具などで着色
※ここまでの記事はこちら→制作3回目制作4回目

(6) 粘土細工に保護スプレーを塗布し乾燥させる
(7) キャンバスボードに布を貼り付ける
※ここまでの記事はこちら→制作5回目

(8) 布を貼り付けたキャンバスボードを額縁に入れる
(9) 額縁に入れたキャンバスボードに粘土細工を貼り付ける

今回は最終工程、(8)(9)の作業をUPしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
こちらの作品は、先ほどご紹介しました5月の展示会にて初お披露目させて頂く予定です^^
ぜひ、実物をご覧になって頂けますと光栄です(*^^*)

なんとか無事に完成したので、現在はもう1点、新しい粘土作品を制作中です。
こちらの様子も少しずつUPしてゆけたらと思っていますので、お楽しみに^^
新しい粘土細工の方も無事に完成出来るかどうか不安ですが、引き続き頑張ります!^^

web拍手 by FC2    

2ヶ月経過+粘土細工

4代目のウサギなっとうが我が家に来て、2ヶ月が経ちました。
我が家に迎えたばかりの頃のなっとうは、とにかく警戒心が強く、臆病だったため、飼い主である私と彼は、「心を開いてくれる日は来るのだろうか」と、毎日のように頭を悩ませていました。

そんななっとうも今月で0歳と5ヶ月を迎え、飼い主の心配を余所に、すくすくと成長しています。
身の安全が確保されているケージの中では、憎らしいほど図々しい姿を目撃する事もあります。
そんななっとうが本当に可愛くて可愛くて仕方がないのですけれど(笑)



「う~ん、良く寝ました!」の図
忙しい時にダラダラしている人を見るとイライラしてしまうのに、
ペットがダラダラしている姿を見ると癒されるのは何故でしょう。。



先代ウサギ達の祭壇のお供え物が気になっていたなっとう。
祭壇の脇に柵をこしらえたため、登れなくなってしまいましたが、
今でもお供え物が気になって気になって仕方がないようです(笑)
という訳で、0歳と5ヶ月を迎えたなっとうの様子でした^^





さてここからは、前回の記事に続きまして、粘土制作の様子をUPしてゆきます。
前回の記事では、着色2回目の記事をUPさせて頂きましたので、今日はその続きからとなります^^
今回もまた、今までの制作画像と比較しながらUPしてゆきますね。



早速ですが、こちらが前回の記事でUPした着色2回目の画像です。
顔などの細かい部分や、リンゴなどのパーツを着色しました。
前回の記事の段階では、サイン部分がまだ未完成でしたので、
今日はその続きからとなります^^



画像が小さくて見辛いですが、サイン部分が完成しました。
絵画作品で使用するサインは「Kanna」ですが、
小さな粘土細工は文字を全て書ききれないので、「K」のみ。
サイン部分の背景は黒、文字はゴールドにしてみました^^
という事で、着色工程はこれで終了です!



着色した油絵具が乾いたら、保護スプレー(ニス)を塗布します。
私が使用した保護スプレーは、「タブロースペシャル」というもの。
使用後は光沢感のある仕上がりとなります。
保護材(ニス)は、必ず使用しなければいけないというものではありませんが、
私は表面保護+絵具の光沢ムラを均等にするために使用しています^^



ちなみに、こちらは保護スプレー前の粘土細工の様子です。
そして、スプレー後の粘土細工がこちら↓



ツヤツヤしています(笑)
同様に、リンゴやサイン部分などのパーツにも保護スプレーを。
再度乾燥させたら、粘土細工の方の作業は全て終了!
この後からは、土台(キャンバスボード)の制作に移ります^^



という事で、久しぶりに登場したキャンバスボード。
途中からご覧頂いている方は、粘土制作2回目の記事へどうぞ^^
キャンバスボードの隣の黒いものは、スエード調の上品な布です(笑)



黒色の薄い方が接着面、濃い方が表面です。
ちょっと分かり辛いですね、ごめんなさい^^;



布の方は置いといて、まずはキャンバスボードの表面に、
木工用ボンドをヘラで伸ばしながら塗り付けてゆきます。



そして裏返した布の中央に、
ボンドを塗り付けたキャンバスボードを貼り付けます。



キャンバスボードと布がしっかりと張り付いたら、
キャンバスボードのサイズに合わせて余分な布をカット。



横から見るとこんな感じです。
これで土台の方も完成!^^
という事で、今回の粘土制作はここまで^^


ここまでの作業工程をまとめると、下記のような流れになります↓

(1) キャンバスボードに直接下絵を描き、キャンバスボード全体を透明ラップで包んで固定
(1) または、キャンバスボード全体を透明ラップで包んで固定し、ラップの上から下絵を描く
(2) 透明ラップの上から下絵に合わせて粘土形成(粘土の色付けはアクリル絵具を混ぜる)
(3) 粘土の中までしっかりと乾燥させる(乾くまで何日でも)
※ここまでの記事はこちら→制作1回目制作2回目

(4) 乾いた粘土細工を汚れても良いボードなどに貼り付けて固定(マスキングテープ使用)
(5) 粘土細工をボードに貼り付けた状態で、アクリル絵具や油絵具などで着色
※ここまでの記事はこちら→制作3回目制作4回目

(6) 粘土細工に保護スプレーを塗布し乾燥させる
(7) キャンバスボードに布を貼り付ける

今回は、(6)(7)の作業をUPしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
次回はついに最終工程、キャンバスボードに粘土細工を貼り付けてゆく作業に入ります!
ですが、最終段階に近づくにつれ、だんだんと緊張して来ましたorz

キャンバスボードの下絵が見えなくなってしまったため、粘土を上手く配置出来るかどうか。
接着時に粘土細工の裏のボンドがブチュッと布にはみ出してしまわないかどうか。
などなど、心配事は尽きませんが、引き続き頑張ります^^;

web拍手 by FC2    

しゃぶしゃぶ+粘土細工

3月に突入し、あちらこちらの梅の花が可愛らしい桃色の花を咲かせ始めました。
が、しかし、まだまだ寒い日が続いている今日この頃。
こうも寒いと、やはり心も体も温かくなるようなお料理を頂きたくなりますね^^

という訳で、昨夜の我が家の夕ご飯はというと、しゃぶしゃぶに決定!
わたくし、生まれて初めて、しゃぶしゃぶの専門店に行って参りました^^



しゃぶしゃぶのお店にて。
しゃぶしゃぶというと、お肉ばかりのイメージがあったので不安だったのですが、
メニューの中に「野菜(のみ)食べ放題コース」というものを発見し、わたくし大興奮。



色んなお野菜をしゃぶしゃぶして、お腹いっぱい頂いて来ました^^
お鍋の中のおだしは、まろやかな豆乳だし(白色)と、
ちょっぴり辛めな豆板醤だし(赤色)の2種類をチョイス。
そして付けだれの方は、大根おろし+定番のポン酢。
温かいお野菜を思う存分頂けて幸せでした~!(*^^*)





という事で、ここからは連載記事になりつつある(?)粘土制作の様子をUPしてゆきます^^
制作工程が分かりやすいよう、過去記事でUPした画像も交えながら書いてゆきますね。
前回の記事では、形成した粘土細工の着色途中までの様子をUPさせて頂きました。
ですので、今日はその続きからとなります^^



まずこちらは、粘土細工2回目の記事でUPした着色前の状態です。
粘土に色が付いていると本番の着色が楽になるため、
アクリル絵具を粘土に練り込みながら形成しています。



そしてこちらは、前回の記事でUPした着色途中の写真。
粘土細工を乾燥させ、油絵具で大雑把に着色しました。


DSC08779.jpg
そしてこちらが現在の粘土細工の状態です。
顔などの細かい部分や、リンゴなどのパーツを着色してみました^^
少々小さくて見え辛いので、拡大してみますね。



まずこちらは、着色途中の拡大写真です。
この粘土細工がどうなったかというと…



こんな感じになりました^^
少々残念なのは、写真だと肌の微妙な色の違いが分かり辛いという点。
背景も白いので、微妙な色味が光の反射で飛んでしまうのかも^^;
実物は、手足の指先、膝などの部分が、やや赤みを帯びています^^



そして着色後のリンゴの拡大写真。
単色だったリンゴに表情が出て来ました^^



そして最後に、サイン部分の拡大写真。
こちらはまだ着色途中です、すみません^^;


という事で、サイン部分が完成したら着色の工程は終了です!
油絵具がなかなか乾かず、もどかしい状況ですが、ゆっくりと頑張ります^^
「次回の記事では着色後の工程をUPしますね!」と言いたい所なのですが、どうなる事やら^^;
とりあえず、楽しみに待っていてくださると嬉しいです!^^

web拍手 by FC2