ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在3歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

ウサギの困った行動の原因


9/23(火)の祝日、ちょうど彼の仕事がお休みだったので、
はんばーぐ(先住ウサギ)の月例法要に行って来ました。
こちらの画像は、はんばーぐの名前を読み上げてくれている所。



こちらは、はんばーぐのお塔婆です。
仏様の所にお供えして来ました。
今でも可愛いはんばーぐが大好きです(*^^*)


少し話は変わりますが、新しく我が家に来たウサギ(4ヶ月♂)のむぎちゃ。
相変わらず可愛いむぎちゃですが、その反面、問題行動も多く、悩んでいました。
問題行動というのは、前々からこちらのブログでも書かせて頂いている「マーキング」行為。
部屋中におしっこやフンを撒き散らす行為が現在も続いています。
下記画像は、むぎちゃのマーキング後の様子です↓



ある時には、こんな風に、所構わず、
じわ~っとおしっこをしていたり、



ある時には、スロープや家具などに、
ぴゅっ!とおしっこを引っかけたり、



ある時には、1mほど先くらいまで、
おしっこをぴゅー!っと飛ばしたり、
飼い主(私や彼)にまで、おしっこを飛ばして来ます。
困った行動はこれだけではなく、
最近、また1つ困った行動が増えてしまいました。
それがこちら↓



飼い主(特に私)の足を噛みながらの腰振り。
マウンティングとも言いますが、これがなかなか痛いのです。
普通はメスウサギに対して行う行為なのですが、
なぜ人間に、それも飼い主に、行うのか?


先住ウサギ達は、人間を交尾の対象とする事もなく、人間を噛むという事もしませんでした。
(おやつと間違えて人の手を噛んでしまった時などは、「しまった!」という顔はしていましたが)
なので、むぎちゃの不可解な行動に、戸惑い、悩んでいました。

しかも、どうやらその問題行動を、むぎちゃはとても楽しんでいる様子なのです。
楽しんでくれているのは嬉しい事だけれども、ダメな事をダメだと教える事も必要。
ですが、問題行動を楽しんでいるむぎちゃに対し、どのように対応するべきか分からず…。

とりあえず私達が試みた事は、おしっこを撒き散らした時には、「ダメ!」と諭しながらおしっこを拭き取り、足に噛み付きながら腰を振り始めた時にも、「ダメ!」と言いながら足を離す事くらいでした。
ですが、そんな簡単な事で問題行動を止めてくれるはずもなく、悩みは尽きませんでした。


何とかならないものかと色々と調べてみたのですが、結局の所、行き着く先はどこも同じ。
簡単に言うと、「思春期特有の行動」という事で、そのマニュアル通りの対処法ばかりなのです。
例えば、サークルの中で遊ばせる、ぬいぐるみを代用する、本能なので諦める、去勢、などなど。

先住ウサギ達も、むぎちゃ同様、思春期時代を共に過ごして来たので、その点は理解していました。
が、むぎちゃの問題行動は、何となく先住ウサギ達のそれとは違うような気がしていました。
しかし、その根本的な原因が分からず、結局、かかりつけの獣医さんに相談する事になりました。

その結果、分かった事。
「むぎちゃの行動の裏には、幼児期の過ごし方に問題があった可能性がある」との事でした。
さすがかかりつけの獣医さん、引き出しが多い上に、目の付け所も違う、目から鱗でした。
たぶん普通の動物病院だったら、「発情期ですね」で終わっていた事でしょう。


今のむぎちゃは、確かに発情期(思春期)なのには間違いないようです。
ですが、その時期の行為(マーキングやマウンティング)が、異常に強く出る子というのは、元々が勝ち気な性格だったり、幼児期に何かしらの問題があった子に多いのだそうです。

例えばウサギの場合は、最低でも生まれて3ヶ月間(人間で例えると3~5歳くらいまで)は母ウサギの元で愛情やしつけを学ぶ必要がある訳ですが、それ以前に母ウサギから引き離されてしまうと、愛情やしつけが行き届かず、そのしわ寄せが、後々反動となって表れてしまうのだそうです。

その他、管理の行き届いていないペットショップなどで幼少期を過ごし、母親代わりとなる人間からの愛情を注がれずに育ってしまった場合にも、後々問題行動を引き起こしてしまう事があるようです。
獣医さんいわく、「動物も、幼少期の過ごし方というのがとても重要なんですよ」との事。
自分自身の幼少時代を思い出し、ちょっとドキッとしてしまった私。


やはり人間も動物も同じ生き物で、大切にしなければいけないものも同じなのだと思います。
生き物にとって特に大切なのは、やはり幼少期に与えられた親からの愛情なのかもしれません。
人間で言うと3歳くらいでしょうか、この時期に親からきちんと愛情を与えてもらえたかどうか。
それによって、動物でも人間でも、その後の性格形成に影響が出て来てしまうのかもしれません。

今現在、ウサギちゃんの問題行動に悩まれている方、ウサギちゃんを叱る前に、ウサギちゃんがどのような幼少時代を、どのような環境で過ごしていたのか、再確認されてみてはいかがでしょうか。
「もう手に負えない!」と放棄してしまう前に、もう少しだけ、ウサギちゃんに目を向けて欲しいです。
もしかしたら、寂しさやトラウマの反動かもしれません、愛情に飢えているのかもしれません。

むぎちゃの場合も、勝ち気な性格+幼児期の影響からの問題行動の可能性が高いとの事でした。
問題行動を起こせば、飼い主の気を引ける!構ってもらえる!と思っての事だったのでしょう。
猛暑の中、ペットショップで処分寸前だったむぎちゃ、どれほど心細い思いをして来た事だろう。
ふと頭に浮かんだ「月光」という曲が、むぎちゃの心境を物語っているようで、胸が苦しくなった。


ここからは、そうした問題行動をしているウサギちゃんへの対処法についてです。
獣医さんから3つほど解決策を教えて頂いたので、一応ご紹介してみますね。
まず1つ目は、去勢、これで1~2割ほど発情期の問題行動を抑えられるようです。
最もポピュラーで現実的な対策ですね。

2つ目は、ホメオパシーの「悲しみを癒す薬」というお薬で、幼少期の心の問題を癒す方法。
ホメオパシーのお薬を出してくれる病院じゃないと無理かもしれませんが…。
このお薬は、先住ウサギが亡くなった時に、鬱状態になったチビ(猫)にも使用したお薬です。
(お陰様で、チビは元気になりました^^)

3つ目は、おしっこを飛ばしても、足に噛み付いて腰振りをしても、無視する方法。
そんな事して大丈夫!?と思われるかもしれませんが、ちゃんと理由があるので大丈夫です。
人間でもそうですが、人の気を引こうとした時に、相手が無反応だと面白くありませんよね。
同様に、「これをしても面白くないな」という事を、ウサギに認識させるための方法なのです。
おしっこを飛ばしても無言で拭き取る、足に腰振りをしても無言で避ける、とにかく反応をしない。
ただし、遊ぶ時はめいっぱい遊び、たくさん構ってあげる、という事が大切なのだそうです。


というわけで、我が家では現在、3つ目の「無視する」方法を実践中です。
去勢もお薬もタダではないので、まずは簡単に出来る方法からチャレンジです(笑)
もしこれでダメなら、ホメオパシーの薬→去勢、という流れにするしかないかなと…。
どうか今の方法で少しずつ効果が出て来ますように…!



キッチンでなでなで中のむぎちゃ。
悪戯しなくても、ちゃんと見ているし、大好きだから、
安心しておりこうさんになろうね!

web拍手 by FC2    

動物に優しい「メイク」編

今回は久しぶりに「環境と動物」、3回目の更新となります。
こういったお話に興味のない方もいらっしゃるかと思いますが、今回は少しアートにも関係するお話でもあるので、気になった方はご覧頂けると嬉しいです^^

「環境と動物」の1回目の記事で、下記画像の洗顔料(LUSH)を購入し、その使用感について、私自身の体を張り、体験談を書かせていた事を覚えていらっしゃる方はいますでしょうか?(笑)
今回は、その後の経過報告と共に、動物に優しい化粧品と、その使用感、そしてその化粧品を使った私流のメイク方法などをご紹介してゆけたらと思っています^^



まず初めに、こちらは「環境と動物」1回目の記事でご紹介した洗顔料。
LUSH」のお店で販売されている「天使の優しさ」という商品です。
そして、こちらの商品の使用感について、体を張ってUPした画像がこちら↓



ああもう…何度見ても恥ずかしいですね。。
とりあえず気を取り直して頑張ります!
こちらの画像は、洗顔後20~30分くらい経った後の肌の状態です。
洗顔後、保湿剤などは一切使っていませんが、潤いは持続中。
ちなみに現在の私の年齢は36歳、そして軽くアトピー肌です。
という訳で、肌質の悪さについては大目に見てくださいね^^;



そしてこちらは今回新しくUPする画像です。
先ほどの洗顔料を使用し、1時間以上経過した後の肌の状態です。
まだまだ潤いは持続中、なかなか素晴らしい洗顔料です^^
ただ、秋~冬にかけては、やはり乾燥しやすい季節になってしまうので、
同じく「LUSH」の製品で、もう少し保湿効果の高い洗顔料に変更するか、
化粧水を購入してみようかなと考えています。
こちらについても、また新しい情報が入り次第UPしますね^^



さて、ここからが今回の本題です。
実は私、昔から自分の肌に合うファンデーションが見付からず、悩んでいました。
若い頃から知人や身内から良く言われていた言葉は、「化粧厚くない?」という言葉。
実際に当時の私がしていたメイクは、とても薄化粧だったため、余計にショックでした。
今思えば、ファンデーションの色が白すぎて浮いていたのだろうと思いますorz
ちなみに、上の画像の左側の女性が一般的な肌の色だとしたら、
私の肌色は、右側の女性のように、黄味の強い地黒です。
今までも色んなファンデーションを試して来ましたが、
なかなか肌の色に合うファンデーションは見付かりませんでした。



市販のもので1番濃い色のファンデーションを選んでも、
上の画像(右)のようにくすんでしまい、首の色と顔の色が合いません…。
悩みの種でもあるファンデーションですが、私流の解決策を見付けました!
私と同じように、黄味の強い色黒肌に悩まされている方には必見!?
ぜひご参考ください(笑)



まずは、黄味の強い色黒肌代表のこちらの女性。
分かりやすいように、「ひめ子ちゃん」という名前で進めてゆきます^^
ちなみにこちらは、ノーメイクのひめ子ちゃんです。
この後から、ひめ子ちゃんがお化粧をしながら変貌してゆきますので、
お楽しみに^^



それでは早速ですが、ひめ子ちゃんのノーメイクの顔に、
こちらの下地クリームを顔全体に塗ります。
(化粧水を使っている方は、その上から)
こちらは「ボディショップ」のお店で販売されている、
「マッティファイングモイスチャーローション」という日焼け止めジェルです。
(ネットでは売られていないようなのですが、店舗のみの販売なのかな?)
白いクリーム状のジェルですが、伸ばすと透明になります。
UV効果はSPF15なので、若干、日焼け止めの効果は弱め?ですが、
保湿力があるので、私は化粧水や乳液代わりに使用しています。



こちらは先ほどの日焼け止めジェルを塗った所。
実際はこんなにもテカテカにはなりません、イメージです(笑)



ちなみに、「ボディショップ」の商品は動物実験をしていません。
上の画像のような文字が全ての商品に記載されているので、
動物実験が気になる方でも安心して購入出来ますね^^



という事で、日焼け止めを塗った後はこちら。
こちらも同じく「ボディショップ」から販売されている、
オールインワン インスタブラー」という、メイクアップベースです。
こちらの商品もかなり優秀です!
何が優秀かというと…なんと、毛穴を隠してしまうのです!
肌がたるんで毛穴が目立ち始める30代女性には必須な商品です(笑)



先ほどの毛穴隠し用メイクアップベースを、気になる部分に塗ります。
こちらも透明ベースなので、厚塗り感は全くありません^^



そしてその次はこちら。
プチ・プライスで有名な「キャンメイク」から販売されている、
カバー&ストレッチコンシーラー UV」というコンシーラーです。
実は「キャンメイク」も、動物実験をしていないメーカーです。
「キャンメイク」の商品は、安くて手軽に購入出来るのが嬉しいですね^^
色は3色ありますが、私は1番明るい色、「ライトベージュ」を使用。
彫の深い顔立ちの方や、ハイライト効果は必要ないという方の場合は、
1番暗い色(オークルベージュ)の方が肌に馴染みやすいと思います。
UV効果の方はSPF25 PA++、ウォータープルーフ(防水)タイプです^^



先ほどのコンシーラーを、画像のようにぽんぽんと塗り付けます。
クマが目立ちやすい目のまわりを始め、鼻筋や頬骨あたり、
額や顎などの出っ張った部分を中心に、コンシーラーを乗せます。



その後、指でコンシーラーを広げてゆきます。
その際、コンシーラーの白さが目立っていても気にしない!
塗り込み過ぎてしまうと、隠したクマが浮き出て来てしまいます(笑)
ハイライト効果も狙っているので、若干、白さが残っている状態でOK。



そしてここでようやくファンデーションの登場です。
こちらのファンデーションは、
またまた「ボディショップ」から販売されている、
クリエイトミー パクト パウダータイプ」というファンデーションです。
こちらもUV効果があり、SPF15 PA++です。
ちなみに私は、6色の中で1番濃い色の「04」番を使用。
標準色は「02」番のようです。



こちらのファンデーションを顔全体に塗ります。
実は1番濃い色でも、私の肌では若干白浮きしてしまうのですが、
後々、対策があるので大丈夫です(笑)
こちらのファンデーションの良い所は、他社製品に比べて黄味が強いという事!
なので、若干明るい色でも、黄味肌に馴染みやすいというのが嬉しい所です^^
そして、画像をよくよく見て頂けると分かると思いますが、
先ほどコンシーラーを塗った部分が、少し明るくなっているのが分かりますか?
コンシーラーの明るさで、顔に立体感を出し、クマも隠します。
ハイライト用アイテムは使わないので、厚化粧にもなりにくく、一石二鳥です^^



そして、ファンデーションの後はこちら。
こちらもまたまた「キャンメイク」から販売されている、
シェーディングパウダー」です。
色は2種類ありますが、私は濃い色の方の「01」番を使用しています。



先ほどのシェーディングパウダーを、
顔まわりと鼻筋のサイド、そして鼻の下に入れます。
額が広い方は、おでこ(髪の毛の生え際の部分)にも^^
この工程が、今回のメイクで1番重要なポイントになります!



こちらの画像は、シェーディング後の状態。
シェーディングを使って、顔や顔まわりに陰影を付ける事により、
顔に立体感を持たせる事はもちろんの事、
顔よりも明るいファンデーションと、元々の首の色との違いを、
目立たせなくさせる効果があります。
「ファンデーションの色がどうも白浮きするな~」という方は、
ファンデーション自体を、無理矢理買い替えるのではなく、
シェーディングを使って「ごまかす」事も出来るという訳ですね^^
黄味肌なのに、ピンクやブルー系のファンデーションを使われている場合は、
さすがに替えた方が良いかもしれませんが^^;



という事で、ここからはいよいよお顔の色付け作業に入ります。
まずは顔を健康的に見せるためのチーク、頬紅ですね。
私が使用しているのは、またまた「ボディショップ」から販売されている、
「ベイクドラスティング ブラッシュ」というチークカラーです。
(ネットでは販売されていないみたい)
確か2種類くらい色があったと思うのですが、赤い色が好きな私は、
「02」番の赤みの強い方を購入しました。
こちらは若干パール入りなので、少しキラキラしています。



こちらはチークカラーを使う時に使用するブラシ。
こちらもまた、「ボディショップ」で購入した、
リトラクタブルチークブラシ」という折り畳み式のブラシです。
コンパクトなので、持ち運びにも便利^^
そして動物毛不使用なので、こちらも嬉しい所です^^



パール入りのチークが苦手という方には、こんなチークも^^
こちらは「キャンメイク」から販売されている、「クリームチーク」です。
色は10種類あるので、選ぶのが楽しくなるかも^^
でもやはり私は赤が好きなので、「01」番の赤にしました。
こちらのチークは、色の濃さを調節しながら使える上に、
口紅としても使えるため、とっても重宝しています^^



という事で、チークをしたひめ子ちゃんはこんな感じ。
だいぶ完成に近付いて来ました!



チークまで終わったら、最後にとっておきの秘密兵器。
こちらもまた、「キャンメイク」から販売されている、
マシュマロフィニッシュパウダー」という仕上げ用フェイスパウダーです。
こちらも本当に凄いフェイスパウダーです!
何が凄いかというと…またまた毛穴が隠れる!^^
持ち運びもしやすく、出先でささっとお化粧直しが出来るのも魅力です^^
こちらもSPF26 PA++のUVカット効果あり。
色も2種類ありますが、やはり私の場合は濃い目の色の方、
「マットベージュオークル」を使用しています。



チークの上からフェイスパウダーを乗せるので、
頬の赤みや、先ほど付けた陰影が落ち着き、
顔の印象が明るく、柔らかくなりました^^



そして、顔の色付けといえば、やっぱりこれですよね。
こちらは「ボディショップ」で販売されている、
「リップバームクランベリージョイ」という色付きのリップクリームです。
(こちらもネットでの販売はされていないみたい)
真っ赤な色ですが、とても薄付きで、美味しい香りがします(笑)
店舗には、他にも色んな色がありました^^



こちらは先ほどのリップクリームをしたひめ子ちゃん。
なかなか可愛くなりましたね^^
という事で、ひめ子ちゃんにメイク見本になって頂きましたが、
写真じゃないと良く分からない!という方のために、今回も体を張って、
簡単なメイク工程のリアル画像をUPしてみたいと思います。
(恥ずかしいですけど…)



こちらは最初にUPした私のノーメイク画像。



そしてこちらがベースメイクまでの状態。
(日焼け止め・毛穴隠し・コンシーラー・ファンデーション・シェーディングまで)
ひめ子ちゃんの場合は、分かりやすいように明暗を強く描き込みましたが、
実際には、コンシーラーとシェーディングをやや強めに入れても、
ほとんど分からないくらいに馴染んでいます。
すっぴんの時の顔の毛穴や色むらも、だいぶ目立たなくなりました^^



そしてこちらは顔に色を付けた状態。
(チーク・フェイスパウダー・リップクリームまで)
やはり色を入れる事で、健康的な感じになりますね^^
ここまでのメイクで使用した時間は、約8~10分ほど。
簡単なメイク法なので、のんびり屋の私でも短時間で仕上がります^^



最後に、こちらはフェイスラインの状態。
顔まわりにシェーディングを入れた事で、
顔の色と首の色との差が目立ちにくくなりました。
ファンデーションの色に悩まれている方、
顔や顔まわりに(一手間)シェーディングを入れるだけで、
合わなかったファンデーションも使えるようになるかもしれませんよ^^


という事で、最後はお目汚しの写真ばかりになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
今回の記事を書いた目的は、動物実験をしていないメーカーでも、優れた化粧品があるという事。
そして、絵(人物など)を描くにあたり、陰影や色味をどのように入れると効果的かという事。

動物実験や表現方法については、メイクでもアートでも、共通する部分はとてもたくさんあります。
特に女性にとってメイクというのは、出勤する時やお出掛けする時などには欠かせないもの(笑)
そんな何気ない日常の中で、女性はほぼ毎日、自分の顔にアートをしているのかもしれませんね^^
私も一女性として、今後も環境や動物に優しい生活、そして制作をしてゆけたらと思います^^

web拍手 by FC2    

最近のペット達+油彩画


昨日は彼の仕事がお休みだったので、
昨日の夕ご飯は、久しぶりに彼と一緒にマクドナルド。
私は「月見バーガーセット+きのこリゾットボール」を注文しました。
月見バーガーって美味しいですよね、期間限定だから余計に?(笑)
ちなみに私の月見バーガーは、お肉抜きで作って頂きました^^



こちらは彼が注文した普通の月見バーガー。
(ハンバーグとベーコン入り)
それにしても、今年の月見バーガー。
去年に比べると、何となくペラペラな感じがする。
たまたまだったのかしら…?(笑)


という事で、話は変わりまして、昨日、我が家のペット達の1ヶ月検診に行って来ました。
先月、我が家に来たむぎちゃ(ウサギ)も、家に来て1ヶ月、そして、年齢も4ヶ月になりました。
嬉しいやら悲しいやら、時の経つのは本当に早いものですね。
動物病院では、気になっていたむぎちゃのツメダニの再検査もして頂きました。



こちらは検診中のむぎちゃ。
体重も少しずつ増えて来ました^^
一通りの検査と、ツメダニの再検査をして頂いた結果、
全て異常なしとの事、良かった!



こちらは検診後のむぎちゃ。
嫌な事をされた後だというのに、
ご褒美のドライフルーツ(パイナップル)を与えると、
ぺろりと平らげていました。
今までの子達(ウサギ)は、食事拒否までしていたのに…。
やはりむぎちゃは、かなり図太い性格のようです^^;



今回は、むぎちゃと一緒にチビ(猫)の検診もして頂きました。
年齢(5歳)と去勢の影響で、少々太り気味だったチビ。
気付かれない程度に減らしながら与えていたエサと、
むぎちゃとの追いかけっこの成果が出たのか、
体重が若干(50gですが)減っていました^^
チビの方も異常なしとの事、良かったです!



こちらは検診後のチビ。
むぎちゃとは正反対で、とても臆病で怖がり屋のチビ。
院内では、常にソワソワ&ビクビクしていました(笑)



場所は変わり、こちらは以前の記事でもご紹介した、むぎちゃの家です。
ケージを2つ連結し、ケージ内を広くして使っていたのですが、
問題が発生してしまいました。
それは、ケージが広すぎたため、トイレを覚えられないという事。
その件について、少し前に獣医さんに相談してみた所、
ケージ内を少しずつ広くしていった方が良いとの事だったので、
早速、実践してみる事にしました。



連結させたケージの1番右端に設置していた木製の小屋。
その小屋を、左(中央)に移動させ、ケージの広さを半分にしてみました。
その結果、きちんとトイレを使う事が出来るようなり、大成功!
どうやら狭くなったケージの中を汚したくなくて、トイレを使い始めた様子。
ウサギも意外と綺麗好きな生き物なのですよね^^



そして、むぎちゃに気付かれないように、
毎月少しずつ少しずつ、小屋の位置を右に移動させてゆき、
最終的に、元あった場所(右端)まで小屋を移動させる、
という作戦に出る事にしました。
上手く行くと良いのですが(笑)



そして、過去記事でも書きましたが、こちらの手作りスロープ。
2代目のウサギ、はんばーぐが段差を乗り越えられなくなった時、
なんとか自力でケージから出入りさせてあげたいと願いながら、
彼と一緒に制作した思い出のスロープです。
しかし残念な事に、1度も使わせてあげられないまま、
はんばーぐは先月、亡くなってしまいました。
そんな悲しい思い出の詰まったスロープですが…



現在は、むぎちゃが使っています。
こんな風に、はんばーぐにも使わせてあげたかったな…と、
内心、寂しく思う事も多々あります、というか、ほぼ毎日思います。
ですが、今はもう自分の物のようにスロープを使っているむぎちゃ。
そんなむぎちゃの純真無垢な姿を見ていると、なんだかこのスロープが、
はんばーぐとむぎちゃとを繋ぐ、運命の懸け橋のようにさえ感じて来ます。
はんばーぐがむぎちゃに託した、手渡した、バトンのようなもの…。
これからも、このスロープが代々受け継がれてゆくと良いなと思います。
そして、画像の中に出ているむぎちゃとチビとの関係についてですが…



意外にも相性が良かったようです^^
こんな風にじゃれ合っていたかと思ったら、



こんな風になっていたり^^
ある時は…



こんな風になっていた事もありました(笑)
まるでプロレスでもしているみたいですね^^;
こうした2匹の行動について獣医さんに尋ねてみた所、
「気を許し合っている関係ですね(笑)」との事でした^^
チビももう5歳なので、まだ4ヶ月の小さなむぎちゃに対し、
母性を持ち始める事があるのだそうです。(オスでも)
今の所、攻撃し合ったり、傷付け合ったりする事はないので、
このまま仲良くしてくれると良いなと思います^^



はんばーぐを失った喪失感から鬱状態になっていたチビですが、
若く、エネルギッシュで、やんちゃなむぎちゃが家に来た事で、
チビもようやく鬱状態から回復し、元気を取り戻した様子です。
動物にとっても、仲間が居るという事は、
やはり嬉しい事なのでしょうか^^



むぎちゃの方はというと、本当にやんちゃ過ぎるくらいにやんちゃで、
それに加え、初代+2代目ウサギ達以上に縄張り意識が強いため、
リビングでのマーキング(おしっこ飛ばし)が本当に凄いです^^;
年を重ねてもマーキングをし続ける子も居るようなので、
あまりにもひどいようなら去勢手術も考えなければいけませんが、
淡い期待を込めて…もう少し様子を見てみようと思います(笑)



こちらは今朝のむぎちゃとチビの様子。
2匹が一緒に居る所を見ると、私まで幸せになります^^
そして人間も動物も、皆が元気で健康に過ごしていてくれると、
私も安心して家事や絵の制作を頑張れます^^



という事で最後に、こちらは前回の記事でもUPした油彩画0号。
この段階では、まだ下地塗りの状態でしたが、
少しずつ時間を作りながら進めています^^



まだお見せ出来ませんが、全体的な色合いはこんな感じ。
ここから少しずつ色が変わってゆくと思います^^
が、最終的にはやはりグリーン系の絵になるかも?
こちらの油彩画の経過報告についても、機会があれば、
少しずつUPしてゆけたらと思っています^^
(モザイク状態でのUPになってしまいますが)
という事でお楽しみに!^^

web拍手 by FC2    

油彩画完成+額装


100円ショップで可愛いティアラを発見。
あまりにも可愛いかったので、思わず衝動買い。
こういうお姫様みたいなの大好きです(*^^*)


話は変わりますが、前回の記事で、木製パネルに描いていると言っていた作品。
先日、ついに完成しました。

作品」ページに絵をUPしたのはいつだったかしら?と思い確認してみると、なんと今年の4月。
もうかれこれ、5ヶ月ほども絵を描いていなかったようです。
あまりにも絵の神様が降りて来なかったので、正直、筆を置こうと思っていました。
絵の道を引退する時に必ず歌うと決めていた、「さよならの向う側」も、真剣に練習していました。

ですが、良いのか悪いのか、絵の神様が降りて来てくれたので、歌わずに済みました^^;
引退時には、山口百恵ちゃんの引退コンサートの時のように、私も筆を置きたいと思います(笑)
という事で、少し話が逸れましたが、完成した作品をUPしますね^^



タイトルは「道しるべ」
前回の記事でもお話した、ツインテールの少女の作品です。
額装なしの画像は「作品」ページにUPしていますので、よろしければご覧ください^^
久しぶりの絵にしては、なかなか可愛い仕上がりになったので、
私の中では大満足、かなりお気に入りの作品となりましたが、
皆さまのご感想はいかがなものでしょうか、ドキドキ。


そして、今回の記事の2つめのお話は、額装について。
実は以前、絵のお友達のyuya氏から2枚の絵を頂きました。
その2作品を、先日、画材屋さんで額装して頂いたので、UPしてみたいと思います^^
どんな絵だったか覚えていない方のために、もう1度、頂いた作品をUPしてみますね。



1枚目はこちら。
私の誕生日の時に頂いた作品です^^



そして2枚目がこちら。
はんばーぐ(ウサギ)が亡くなる前に、
私が送った写真を見て描いてくれた作品です^^
こちらの2作品を額装して頂きました。
どのような額装になったかというと…



こんな感じになりました^^
2作品とも私の部屋に飾らせて頂いています^^
私の部屋は、アイボリー+ゴールド系が多いので、
思い切ってゴールドの額縁に挑戦してみる事にしました。
せっかくの機会なので、1作品ずつUPしてみますね。



まずは、誕生日に頂いた作品の方から。
絵の大きさに合わせて、マットをカットして頂きました。
マットの表面に布が貼られているものを選んだので、
普通のマットよりも少々金額がお高めでした(笑)



はんばーぐ(ウサギ)を描いて頂いた作品の方も、
同じ額縁とマットを使用しています^^
2作品とも、マットの切り口にゴールドの縁を付けて頂いたので、
額縁もゴールド、マットの縁もゴールドで、ゴールド尽くし!
ですが、意外にも派手派手しい感じにはならず、上品な額装となりました^^
こちらのゴールドの縁もゴールドなだけに、少々金額がお高め(笑)
といっても、純金というわけではなく、色がゴールドなだけですが^^


という訳で、今回は、自分の作品+頂いた作品2点を額装してみました^^
そこで改めて感じた事はというと、紙などの薄い作品の額装はお金が掛かるという事!(笑)
もちろんピンキリだとは思いますが、キャンバスや木製パネルのように、厚みのある作品なら、額縁なしでも飾れるし、額装をする場合でも、サイズの合う額縁だけを購入すれば良いので楽です。

逆に、薄い平面作品で、特に規定サイズ外の作品を額装する場合は、額縁+マット代が掛かる。
マットを使用する場合は、縁を含め、マットにアレンジを加えるかどうかによっても金額が変化する。
良い絵を、より良く見せるためには、やはりそれなりの金額になってしまう訳ですね。
そう考えると、作品を額装する場合は、キャンバスや木製パネルの方がお得なのかもしれません^^

ですが、何だかんだ言いながらも、額装というのは本当に面白いなと思いました^^
今回、yuya氏から頂いた作品には、私の部屋の雰囲気に合わせてゴールドの額縁を使用させて頂きましたが、これが別の色の額縁だったら、また違った雰囲気の作品になっていた事でしょう^^

作品の雰囲気を大きく左右してしまう額縁、本当に凄いですね!
展覧会に行く際には、絵画と共に、額縁にも注目しながら楽しむのも面白いと思います^^

実を言うと私、絵の制作過程の中で1番楽しい作業というのが、額装なのです。
「(額を含めて)どんな雰囲気の作品になるのだろうか」というワクワク感、たまりません^^
ある意味、額装をするために絵を描いていると言っても過言ではないかも(笑)



こちらは途中で投げ出していたF0号のキャンバス。
現在、下地から作り直してリトライしています。
これから描いてゆくので、完成はまだ先になると思いますが、
こちらの作品も、ぜひ楽しみにしていてくださいね^^
来年の冬(たぶん12月頃)には個展も控えているので、
頂いたyuya氏の絵を励みに、制作頑張ります!
改めまして、yuya氏、素敵な作品をどうもありがとう^^

web拍手 by FC2