ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

新しい作品の制作過程3

早いものでついに明日から12月突入ですね。
あれこれしていると毎日があっという間に過ぎてゆきます。
そんな中、先日、突然ケーキが食べたくなったので久しぶりに作りました。







見た目も出来栄えもパッとしないケーキですが、自分用なのでとりあえず味が良ければOK。
スポンジの間にはイチゴの代わりにハチミツとイチゴジャムをサンドしました。
やっぱりケーキは2日目以降が美味しいですね!
スポンジもクリームもしっとりしていて最高。。
クリスマス用のケーキはどうしようかな~と今から悩んでいます。

クリスマスケーキ、皆さんは買われますか?それとも作りますか?
私は…もしかしたら買っちゃうかも!?(笑)



さて、新しい油彩画の続きの方ですが、実はちょっとアクシデントが発生していました。
とりあえず制作過程をUPしてゆきますね。



前回の記事で下地作りが終了したので、今回は油絵具で着色スタート。
多めの溶き油で油絵具を薄め、重ね塗りしながら少しずつ着色。



ここでアクシデント発生。
画像でもお分かりかと思いますが、油彩画の表面に「はじき」が生じています。
「何故だ!?」と焦りつつ、「はじき」の原因を模索しながら様子を見る。



絵具を重ねてゆけばなんとかなるかな?と思い、少し厚めに塗ってみる。



「塗る→乾かす→塗る→乾かす」を繰り返しながら様子を見るものの、
やはり塗り重ねる度に筆の摩擦で、下の層の絵具が剥げてしまう。
どうしたもんかと思い、いきつけの画材屋のおねえさんにSOSを求める事にした。
おねえさんと一緒に原因を追求すること30分…原因がなんとなく見えてきた。
もしかしたら、最初の着色時に溶き油を過剰に使用したせいで、
下地剤やパネルに吸収しきれなかった油が油彩画の表面に層を作り、
その油が次に上塗りする絵具をはじいているのではないかという結論に至った。



その対策として、まずは表面に層を作っている油の層(目にはみえない)をヤスリで研磨し、
過剰な油分を削り取る事に。
そしてその上から重ねる油絵具は溶き油を使わずに(油分を最小限にして)、重ねてみた。
こちらの写真は、研磨後、溶き油を使わずに絵具を塗った直後の様子。
油分を少なくしたせいか、今度は剥げる事はありませんでした。



そのまま数日放置して乾燥させた状態。



全体像はこんな感じです。


というわけで今回はここまで。
今後も絵具を重ねていく予定ですが、はじきや剥がれが再発するのではとヒヤヒヤしています…。
今回のアクシデントは、ジェッソを下地として使用した事も原因の1つだったのかもしれません。
(ジェッソ自体が水性なので、上から塗る油絵具(油性)のはじきや剥がれを起こしやすい)

絵を描く中で科学的な反応に頭を抱えた事があまりなかったので、今回はとても勉強になりました。
こんな感じであまり進んでいませんが、12月中にはなんとか完成させたいなと思います!
それにしてもやっぱり油彩は難しい~!

web拍手 by FC2    

新しい作品の制作過程2



全然関係ないですけど、クリスマスツリーを出しました。
今年は少し早めのお披露目です。
このツリーは、私が小学6年生の頃に買ってもらったもの。
何十年かぶりに、実家の押入れからツリーの飾りと共に引っ張り出して来ました。
最近のツリーも凄くお洒落で素敵だけど、歴史のあるツリーはやっぱりそれ以上に素敵。
胸を躍らせながらこのツリーに飾り付けをしたり、飾りの代わりに手作りクッキーを飾ってみたり…。
そんな楽しかった子供時代のクリスマスを、懐かしく思い出しました。



さて前回から引き続き、新しい作品の制作過程です。


何日か作品を放置していたら、粘土が少しずつ乾いてきたので、
顔の表面の凹凸を滑らかにするため、ヤスリがけをしました。



ヤスリがけ後はこんな感じ。



ヤスリがけした石膏粘土の表面(顔部分)に、今度はメディウムを重ねる。
今回使用したメディウムはリキテックスの「ジェルメディウム」
滑らかでクリームのような光沢感のあるメディウムです。



メディウムを塗った後の状態。
テカテカしていますが乾いています。



前回の記事で、木のパネル部分に塗ったジェッソ(白色)を、
顔部分にも薄く塗り重ねる。



顔とパネルのつなぎ目にもジェッソを埋め込むように塗り、乾くまで放置。


という事で、今回はここまで。
ジェッソが乾いたら、いよいよ油絵具で着色していく予定です。

次の工程に進む前には、必ずその工程の仕上がりをイメージしながら作業に取り掛かるのですが、やっぱり実際に試してみないと分からない部分も大きいので、毎回ヒヤヒヤしています。
とりあえず、無事に油絵具が乗る事と、粘土(顔)部分がパネルからポロッと剥がれ落ちない事と、ひび割れが生じない事を、ただただ祈るばかりです…(苦笑)

web拍手 by FC2    

新しい作品の製作過程1

昨日から新しい作品に取り掛かったので、製作過程をUPしてみます^^
最終的には立体感のある油彩画として完成させる予定。

今回の制作は初めての試みなので、上手くいくかどうかは全く分かりません(笑)
なので正直かなりドキドキしています…。
失敗してUP出来なくなったらごめんなさい!^^;



今回はキャンバスではなく、木のパネル(F4号)を使用。
粘土を貼り付けていく予定なので、剥がれ難くするためにメディウムを塗る。
メディウムは私の愛用しているリキテックスの「ブレンデッドファイバー」
剥がれ難くなるかどうかは分かりませんが、なんとなく気休めとして使用^^



メディウムが乾いた後、鉛筆で下描き。
また顔です…(笑)
先日の粘土作品「沈黙」でも苦戦していたので、思い出すと意欲消失…でも頑張ります!
メディウムを塗る前に下描きしておけば良かったなと後々反省…。



事前に鉛筆デッサンしておいたものと比較。
(実はデッサン失敗しているのですが^^;、雰囲気が分かれば良いという事で良しとする)
ちなみに普段はデッサンをしないで直接キャンバスに絵具からスタートしています^^



ここでいよいよ粘土を乗せてゆきます^^
鉛筆の下描きを参考にしながら顔に肉付け。
ここで使用した粘土は「デビクレイ」という造形粘土。
成型しやすい粘土らしいのですが、私はあまり使いやすいとは感じません^^;
なので肉付け本番前の下地として使用しました^^



ちょっと気持ちの悪い写真でごめんなさい…(笑)
下地の粘土で大まかな肉付けをした後、本番用の粘土で細部まで細かく肉付け。
本番用に使用した粘土は「アーチスタフォルモ」という石膏粘土です。
この粘土は初めて使いましたが、とても伸びが良くて使いやすかった!
成型した後、目の位置を確認するため、ペンで適当に目と眉毛を描き入れる。
とりあえずここで1日目の作業終了。



今日の朝、作業開始。
粘土の目を半開きにした事に違和感を感じたので修正。
最初の予定通り、目を閉じさせる事にしました。
ついでに粘土の肌の凹凸を整えるため、粘土を水で溶き、重ねながら補修。
後々活躍する油彩での描き込み時に抑揚を付けるため、顔の周りには下地剤を塗って置く。
ここで使用した下地剤はホルベインの「ジェッソ(微粒子)」です^^


という感じで、現在はここまでで終了!
あとは粘土が乾くまで1~2週間ほど放置。
作業を再開したら続きをUPしますね^^
その間の時間を有効利用するため、今は別の油彩画を描いています^^

web拍手 by FC2    

突然ですが、「拍手」コメント!

「拍手」へコメントをくださった方々へ

今まで拍手へのコメントをしてくださっていた事に全く気付かず、ずっとお返事をスルーしてしまっていて本当に申し訳ございませんでした!
せっかく温かいコメントをくださっていたのに本当にごめんなさい…!
今更ではありますが、拍手コメントへのお返事をまとめて返信させて頂きました!
非公開の場合はお返事が出来ない設定のようなのですが、ちゃんと拝見させて頂きました^^
これからは拍手コメントの方もしっかりと確認させて頂きます!
この度は本当に申し訳ございませんでした!

web拍手 by FC2    

粘土人形完成



粘土人形の全体像は「作品」ページを参照


久しぶりの立体作品、凄く小さい作品です。
小さいから作るのも大変。
何度も「もうだめ!やめた~!」って投げ出しそうになったけど、なんとか気合で完成させた。
大雑把な性格だから、細かい作業は苦手です…。

こちらの作品もアクセサリーと同じように突然閃いて、予定していた油彩画もそっちのけで制作。
なんとか今日の更新日までに間に合ったから、これからはやっと絵の方に取りかかれそう。

関係ないけれど、今回のような首人形(首から上しかない人形)は何故か昔から作るのが好きなようで、何度か衝動的に作っていたりする。
10代の頃なんかは勤務先の歯科で、入れ歯を作るために使用するピンク色のレジン(の残ったもの)をこっそり拝借し、2cmほどの小さな首人形を作った。
あまりに上手に作れたものだから、嬉しくなって、その首人形のために枕とお布団をティッシュで作り、歯科の受付の引き出しの中にそっと寝かせて楽しんだりしていた。

職場の先輩(♀)が受付をしていた時、引き出しの中の首人形を見付け、ビックリしながら大笑いしているのを見て、なんだか凄く嬉しかったのだけれど、歯科医だけはそんな変な事をする私を、陰で不思議ちゃんと呼んでいた事が後々発覚。
何故だか私だけその歯科医から避けられてるな~と薄々感じていたけれど、そのうわさを人伝いに聞いてから、その歯科医も、不思議ちゃんという言葉も、大嫌いになった。

10代の頃の首人形繋がりの懐かしい思い出。
ふとそんな過去が蘇って来たので、ただただ意味もなく書き留めてみました。
さて、気持ちを現実に戻して油彩画頑張ろう。

web拍手 by FC2    

「浜松市動物園 秋の写生大会」2012

先週の11日の日曜日、「浜松市動物園 秋の写生大会」に参加して来ました^^
実はこの日、本当なら東京で開催されているデザインフェスタを見に行ってくる予定でした。
デザインフェスタは前々からどんなものか気になっていたし、ちょうど良いタイミングでネットのお友達が2人、11日に開催されるデザインフェスタに出展する事が決まったので見に行く事にしました^^

そんな矢先、そういえばそろそろ動物園の写生大会の時期だな~と思ったので調べてみると、なんと奇遇にも写生大会の最終日がデザインフェスタと同じ11日!
結局、写生大会に参加するため、デザインフェスタに行くのは諦めました。。
行きたい行きたいと言っておいていけなくて本当にごめんなさい…!
また機会があったらぜひ見に行きます!



デザインフェスタに行けなかった分、私も写生大会頑張ってきました!
しかし前日に調べた11日のお天気は、午後から雨天100%…。
心配だったので電話をして確認した所、閉園するほどの雨でなければ予定通り決行との事。
前年に参加した時の寒さを思い出し、防寒具(毛布・手袋etc…)もしっかり持参して行って来ました!

そして今回写生のモデルとなってくれたのはこの子達。


ジェフロイクモザル(♀+♂)


なぜこの子達にしたかと言うと、動物園の入口に近かったからです^^
「移動時の体力の消耗を回避して絵を描く余力を残し、雨が降る前に完成させて帰宅」
というのが今回の作戦!


朝9時半から描き始め、私は2時間半後の12時に完成!
なんとか雨が降り出す前に完成させ、目標達成!^^
その頃、一緒に参加したyuya氏の方は完成までまだまだ掛かりそうな様子。
そのうち予報通り午後から雨が降り始めたので、荷物をまとめて動物園のレストランの屋根の下に場所を移し、yuya氏は黙々と写生を続ける。

一方、絵を完成させてしまった私。
する事がなくなってしまったので、持参したおやつを食べたり、動物園を散策したりしていました。
その時の写真を少しだけUPしますね^^


こちらは鳥達がいるドーム型の建物


ドームの中で最初に遭遇した子…これはカモかな??
可愛いかったです^^


私達の居た場所からだいぶ離れた所で写生をしている大人の方を発見!
仲間が居た嬉しさでちょっとテンションUP!


こちらは私の大好きなビーバー
普段はめったにお目にかかれないこの子達なのですが、
11日は5匹くらい総出でご飯を食べている貴重なシーンを目撃!
慌ててカメラを構えたら傘の取っ手が金属の柵にぶつかり、ビーバーは驚いて数匹水中に避難。
私の目の前で五平餅のような大きなしっぽを水面に叩きつけ私を威嚇している様子。。
2度も水を浴びせられました…^^;
(驚かせてごめんね…!と何度も謝罪しながらカメラを向ける)


音にも動じずに食べ続けるビーバー1

DSC02031.jpg
驚いて水中に避難はするが、食べたい要求もしっかり果たすビーバー2
みんないっぱい食べていて可愛かった^^


そんな感じで軽く園内を満喫してyuya氏の様子を見に元居た場所に戻って来たのですが、yuya氏の方は相変わらず描き終わらない様子。
結局、描き終ったのは提出時間ギリギリの午後4時頃。
なんと約6時間半も描き続けていたyuya氏でした!


こちらは完成した私の作品
作品の詳細は「作品」ページをご覧ください^^


少し角度は違いますが、こちらが私が描いた場所から見えた風景です^^


今回は悪天候の中での写生となってしまいましたが、久しぶりのアクリル画、楽しかったです^^
ただ秋とは言ってもこの時期の写生は本当に寒い~!
外で描くならやっぱり春の方が良いですね…^^;
yuya氏の作品は本人のブログにUPされていますので気になった方は下記リンクからどうぞ^^

・「yuya氏」ブログより 写生大会の報告と作品掲載記事… 

web拍手 by FC2    

「あるもの」完成!

少し前から制作していた「あるもの」が、やっと完成しました!




そう、実は「あるもの」とはアクセサリーだったのです^^
グッズに関しては今まで色々と作らせて頂いてきたのですが(あめちゃんとか缶バッチとかマッチ箱とかポストカードとか)、アクセサリーに関しては制作するのも初めてだし販売するのも初めてなので、少々ドキドキしています…。

とりあえず今回は、ペンダントが6個、ストラップが6個、ブローチが6個、リング(指輪)が6個…合計24個のアクセサリーを制作しました^^
たくさん制作したけれど、どれも全て1点ものなので、売り切れたら在庫はありません^^;
詳しくは「お店」ページにUPしましたので、覗いて頂けると嬉しいです^^

アクセサリーの制作がやっと一段落したので、これからは絵の方をバリバリ頑張っていく予定です!
今月は動物園の写生大会もあるし、来年は東京のギャラリーで開催される「入賞・入選者展覧会」もあるし、同じく来年の4月には人生で2度目の個展も予定しているので(仮)、少しでも多く作品を制作してゆけたらなと思っています!頑張ります!^^

PS…
アクセサリーの撮影で使用したドライフラワーは、展示会で頂いたお花を使用させて頂きました^^
お陰でとても素敵な写真に!ありがとうございました!^^

web拍手 by FC2    

初挑戦のお料理!

実は私、お料理の中で、「どうしても作るのが苦手!」というお料理があります。
それは何かと言うと、「揚げ物」!
ブログ内のお料理記事をずっと見てきてくださった方にはすでにお見通しかもしれませんね^^;

揚げ物の王様といえば、やっぱり鳥の唐揚げでしょうか??
私が唐揚げに初めて挑戦したのは、もう数年前、まだ実家に住んでいた頃です。
当時まだ肉食だった私は、どうしても自分で作った美味しい唐揚げを食べてみたくて、レシピ本を片手に作ってみる事にしました。
出来上がった唐揚げは、自分でも褒めてあげたくなるほどの最高の仕上がり。
こんがりと綺麗なキツネ色で、それはもう美味しそう。

でも、その美味しそうに焼きあがった唐揚げを包丁で切ってみると、最初に見た時と同じピンク色をした鶏肉が、「残念!」と言わんばかりに(そう言っているように見えた!)顔を覗かせていました。
単純な私はその有様にショックを受け、それ以来、私のお料理のレパートリーには「揚げ物」というジャンルがなくなったわけです。
(今思えばそういう失敗は誰もが経験している事なのでしょうけれど、当時は若かったので^^;)

で、最近の私の家のお料理事情ですが、少し前から自然な流れの中で決まり事が出来ました。
その決まり事とは、勤労感謝の気持ちを込めて、「月末は少し豪勢なお食事を作る」というもの。
とは言っても、お肉を使うというわけではなく、普段と同じようにお野菜のみを使って作ります。
ここ3ヶ月間の月末のお料理は、「お野菜いっぱいのすき焼き」だったり、「お野菜いっぱいのおでん」だったりしていたのですが、毎回同じというのもアレだなあと思い、別のレシピを探していました。

そんなある日、たまたま母と電話をしていた時にお料理の話になったので、月末のお料理に困っている…という話をしたら、母から「天ぷらはどう?」というアドバイスをもらいました。
揚げ物が苦手な私は、即、「作れない!」と拒否したのですが、どうやら母の話だと、天ぷらは残り物のお野菜を消費出来る上に、少ない材料でたくさん作れるので月末のお料理にはもってこいとの事。
天ぷらの作り方は母が直接教えてくれると言うので、揚げ物克服のためにも挑戦する事にしました。

そしてこちらが母に手取り足取り教わりながら作った初めての天ぷら!




どうでしょうか…?
天ぷらを食べる事さえめったにないので、上手く出来ているのかどうなのかちょっと分かりませんが、とりあえず味は「天ぷら」でした!
しかも、母の「ちょっと多すぎるんじゃない…?」という忠告を無視して(というかその加減が分からなくて…)、買ってきた材料+母が持参してきた魚類のねりもの等、ほとんど全ての材料を揚げてしまったので、物凄い量になってしまいました…。
きっとこれからしばらくの間、毎日天ぷらになりそうです^^;

今回の天ぷら作りもそうですが、母からお料理を教わるという事についても今回が初めてだったので、久しぶりに母と娘らしい1日を過せた気がします^^
母は特に何も言わなかったけれど、母自身も娘に母親らしい事が出来て嬉しそうだった^^
たぶんきっと、「天ぷら」は私にとってかけがえのないお料理になるのだろうなと思います。
でももう当分の間、天ぷらは食べたくない~。。

web拍手 by FC2