ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【退院後~5日目】

<6月29日(金)>
はんばーぐの毛球症手術から退院して5日目。
退院後の2日間くらいは食欲があまりなかったはんばーぐですが、3日目くらいから
だんだんと食欲も戻り、今では手術前よりも食欲が旺盛になりました。
いっぱい食べていっぱいお水も飲むので、その分、おトイレのお掃除も大変です(笑)
でもそれは順調に回復しているという証、嬉しい限りです。

ただちょっと気になったのは、最近あまりケージから出て遊びたがらなくなった事。
夕ご飯も二の次にするくらいに、大好きなぬいぐるみのあずきちゃんと遊ぶのが好き
だったのに…。

今日は抜糸のため動物病院の受診日だったので、その件も獣医さんに聞いてくる事に。
その結果、遊ばなくなったのは入院したトラウマがまだ残っていて、軽い引きこもりの
状態になっている可能性があるという事でした。
退院した後のペットに時々見られる症状のようです。

トラウマをなくすためのお薬を飲ませながら様子をみる事になりました。
無理に遊ばせる必要もなく、好きなようにさせてあげると良いとの事。
ここら辺の対応は人間の場合と同じなのかもしれませんね。

体調の方は順調ですよ!と、嬉しいお言葉を頂きました!
いつものわんぱくで元気いっぱいのはんばーぐに戻る日も近いのではと思います。

約2週間のはんばーぐの入院+手術+退院後の様子を7回に渡りUPしてきました。
はんばーぐと同じ症状で悩まれている飼い主さん達も多いのではないかと思いますが、
どうか諦めず、愛うさちゃんの治癒力や術後に希望を持って頂きたいと思います!

とりあえず今回をもってはんばーぐの手術の記事は終了します。
はんばーぐの様子を気にかけて記事を読んでくださった方、温かいコメントをくださった方、
本当にありがとうございました!


はんばーぐ抜糸中の様子


抜糸後、獣医さんに抱っこされているはんばーぐ
獣医さん、本当にお世話になりました!

web拍手 by FC2    

動画 「木の実を食べて遊びましょう」

5月に参加した静岡の展示会、「スペース十夢4周年記念 Art Exhibition」にyuyaくんと来廊した際、
移動中の電車内や喫茶店で新しい曲が生まれました。
その曲を動画にしてみたのでよろしければご視聴くださいませ。

拙いながらも今回は初の私のボーカル入りです。
風邪を引いていたため少々鼻声なのと、歌に関しては全くの素人なので上手ではないですけれど、
そこら辺は温かく見守って頂けると嬉しいです(笑)

毎度の事ですが、動画の音質を綺麗に仕上げるというのがなかなか難しい所…。
そのまま視聴して頂いても問題ありませんが、ヘッドフォンをお持ちであれば使用して頂いた方が
綺麗に聴こえると思いますのでヘッドフォンでの視聴を推薦いたします^^

作詞作曲:Kanna&yuya / 演奏:yuya / 歌:Kanna / 絵:Kanna / 動画:Kanna / 録音:yuya /
楽器:ギター・鍵盤・ベース・パーカッション (カホン・紙コップ・缶・皿・カレンダーの筒・花瓶etc…)
携帯での視聴はこちら

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【退院後1日目】

<6月25日(月)>
はんばーぐの毛球症手術から退院して1日目。
昨日気になっていたはんばーぐの歯の様子を確認するため、動物病院に行ってきました。
歯には特に問題はなかったのですが、1週間、固形の物を食べていなかった事が原因で、
食べ方が不自然になっていたのではないかという事でした。
食べる量もフンの量もまだ少ないのですが、それも1週間くらい経てば元に戻るはずとの事。

とりあえず異常がなくてほっとしました。
次の受診日までもう少し様子を見てみようと思います。


診察後のはんばーぐ


手術したお腹の様子、少々痛々しそうに見えますが痛み自体はないようです。

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【手術6日目】

<6月24日(日)>
はんばーぐの毛球症の手術をして6日目。
ついにはんばーぐが退院する事になりました!

今回のはんばーぐの病状を改めて獣医さんにお聞きした所、どうやら体調が悪化した1番
の要因は、腸閉塞が原因だったようです。
腕に輪ゴムを付けた時に血液の流れが悪くなり紫色になってしまうような症状と同じように、
はんばーぐの十二指腸に運悪く毛の塊が詰まり、腸閉塞を起こして変色していたのだそう。
(分かりやすく言うと人間の脳梗塞のうさぎの腸バージョンという感じかな?)
うさぎにとっての腸閉塞も下手すれば急死してしまう場合もあるので、緊急手術に踏み切っ
て本当に良かったです。

はんばーぐの方はというと、お陰様でだいぶ元気になり、やっと病院のケージから出れた!と
いわんばかりに、さっそく診察台の上に出したぬいぐるみのあずきちゃんと戯れ始めました。
そして家に連れ帰ってキャリーから出すと、まるで初めて月面に降り立った人のように、久し
ぶりに味わう部屋の匂いや絨毯の感触にソワソワしながらも、とても嬉しそうに足を踏みしめ
ていました。



気の済むまでお部屋の中で遊ばせた後、獣医さんから、口当たりの良い食べ物から与えて
くださいと言われていたので、さっそくお野菜を与えてみました。
こちらもまたはんばーぐにとったら6日ぶりのお野菜。
様子をみていたら、少しずつ食べ始めました。



心の中でガッツポーズを取りながら満足気にそんなはんばーぐの姿を見ていたのですが、
どうも何かがおかしい…というか、食べ方がいつもと違う。
入院中の間、きちんと食べられてなかったからかな、と不思議に思いながらしばらく様子を
見ていたのですが、以前読んだうさぎの本の中の記事を思い出してはっとしました。

うさぎは死ぬまでずっと歯が伸び続ける生き物なので、食べる事で歯の伸びすぎを防ぐ事が
出来るけれども、食べなくなってしまうと歯が伸び続け、不正咬合になってしまうようです。

元々少しその疑いのあるはんばーぐなので、もしかしたら何日もご飯を食べなかった間に、歯
が伸びてしまって食べ辛いのかもしれない…。
動物病院は午前中で終わってしまったので、少し様子を見ながら明日、獣医さんに確認してみ
ようと思います。

ちなみに今回の6日間の入院費や治療代、そして手術代を合わせると、約13万円でした。
お金どうしようね~と苦笑しながら彼と話しましたが、分割でコツコツお支払いしていこうと思い
ます(笑)

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【手術5日目】


今日のはんばーぐ。
大好きなあずきちゃんを見せたら目の色が変わりました。

<6月23日(土)>
はんばーぐの毛球症の手術をして5日目。
今日は2日ぶりにはんばーぐの様子を見に行って来ました。
日に日に元気になってきている様子のはんばーぐ。

手術直後に比べると、目の表情がだいぶ生き生きとしていました。
今日は獣医さんにはんばーぐの様子を詳しく聞くつもりでいたのですが、今日は土曜日
という事で診察待ちの患者さんも多く、結局お見舞いだけして戻ってきました。
明日は午前のみ診療しているようなので、お話を聞きに行けたら良いなと思います。



今日のはんばーぐの様子
携帯での視聴はこちら

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【手術4日目】

<6月22日(金)>
はんばーぐの毛球症の手術をして4日目。
今日も私は朝からお仕事だったため、夜勤の彼に様子を見に行ってきてもらいました。
こういう時に限ってお仕事が立て続けに入っていて休めないのが辛い…。

今日のはんばーぐは昨日に比べ、また少し元気になっている様子。
流動食から固形のエサに変わり、おしっこもフンも少しずつ出始めているとの事。
フンが出ているという事は、手術した胃腸が順調に動いているという証拠。
少しホッとしました。(というかとても嬉しい!)

はんばーぐの大好きなうさぎのぬいぐるみのあずきちゃんを連れて行き、金網越しに
対面させると、はっとした様子で近寄り、匂いをクンクン嗅いでいたようです。
頭を撫でている最中にも顔を洗うしぐさを見せてくれたりと、嬉しい知らせを受けました。
(本当に調子が悪い時のうさぎは顔を洗う事も出来ない)


思いきり動いたりする事は出来ないけれど、だいぶ反応を示してくれるようになりました。
相変わらず柵の入口付近にいます。


明日はお仕事がお休みなので、2日ぶりにはんばーぐに会いに行けそうです!
私の事、覚えているかしら…^^;

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【手術3日目】

<6月21日(木)>
はんばーぐが毛球症の手術をして3日目。
今日は朝からお仕事だったので、夜勤の彼がはんばーぐの様子を見に行って来ました。
昨日はほとんど動かない様子のはんばーぐでしたが、今日の獣医さんのお話によると、
順調に回復している様子との事。

傷口を保護するために首の回りに付けていた輪っか(カラー)をかじってしまったので外し、
今日から半液体状になった流動食を与え始めるようです。
午前中に様子を見に行ったので、まだ食べる事が出来ていたかどうかは分からないのですが、
自発的に食べないようなら強制的に与えるという事でした。
たくさん食べて少しでも早く体力が回復すると良いなと思います。

明日からは、お家で食べさせていたポリポリ(固形のエサ)を持参して与えても良いとの事。
早くはんばーぐの大好きなあずきちゃん(うさぎのぬいぐるみ)にも会わせたいです。


昨日はお部屋の奥にじっとしていましたが、今日は入口の柵にペッタリとくっついていました。
早く出たいのかな?


まだまだ表情に元気がありませんが、声をかけると少し反応を示していた様子。
固形のエサを食べてフンが出るようになったら退院出来るとの事。
はんばーぐあともう少し頑張れ!

web拍手 by FC2    

はんばーぐ(うさぎ)毛球症【手術1~2日目】

最近、あまり楽しい記事を書けていなくてごめんなさい。
また少し大変な事があったので、今後のための記録という目的も込めて記事を書かせて
頂きます。



<6月18日(月)>
毛球症」のため、18日の朝から、はんばーぐ(うさぎ)がご飯を食べなくなってしまいました。
うさぎの場合、24時間以上食事が取れないと命を落としてしまう危険があります。
半日ほど様子をみていましたが、やはり食べる様子もなく、じっと座ったままの状態になって
しまったので、彼に頼んで(私は仕事だったので)、夕方病院に連れて行ってもらいました。

病院では以前もして頂いた事のある胃腸を動かすお薬と痛み止めのお薬を点滴してもらい、
様子をみる事になりました。
いつもならその治療で食欲が戻るのですが、病院からの帰宅後も全くご飯を食べる様子もなく、
相変わらず動く事もなく…心配になったので、その日の夜は2時間置きに彼と交互に睡眠を取り
ながら、翌朝まで様子をみていました。



<6月19日(火)>
19日の朝も相変わらずはんばーぐはご飯も食べず、フンもせず、うずくまった状態のまま。
動物病院に電話をして、再度朝一で診て頂く事になりました。
レントゲンを撮って胃腸の様子を確認すると、胃が膨れていて腸も動いていないとの事。
前日と同じ点滴をし、今度は胃の中の毛球を溶かすために専用の油を10ccほど飲ませました。
この治療で、ご飯を食べてフンが出るようになるか再度様子をみましょうという事になり帰宅。

夜のご飯の時間が過ぎても、やはり食べないしフンも出ませんでした。
この時点で丸2日間、はんばーぐは何も食べていない。
このままでは危ないかもしれないと判断し、その日の夜、もう一度病院に連れて行きました。
再度レントゲンを撮り、朝の状態と比較してみると、胃の大きさが更に大きくなっていました。
獣医さんから提案された選択肢は、もう1度、内科的治療を行って様子をみるか、リスクの大きい
開腹手術に踏み切るかのどちらか1つ。

うさぎの手術は危険性も高く、毛球症での治療法としての手術は最終手段と言われています。
獣医さんからも、手術をするにはリスクがあるという事を覚悟してくださいと言われました。
しかし翌日は病院の休診日。
このまま内科的治療をして帰宅しても夜中に急変したらどうする事も出来ないので、悩んだ末に、
手術をお願いする事にしました。
30分後に手術を行う事になったので、私と彼は一旦帰宅して手術終了の電話を待つ事にしました。

手術終了予定時刻の20時を過ぎても電話がかかって来ないので、不安になり動物病院に電話を
かけてみると、電話口からは、「現在ネットワーク障害のため繋がりません」というアナウンスが。
その頃、浜松はちょうど台風が間近に接近していました。
何か嫌な予感を感じたので、すぐさま車を飛ばし動物病院へ向かいました。
しかし嫌な予感が的中し、動物病院は停電の影響で真っ暗。
急いで車から降りて病院の扉を叩くと、獣医さんとアシスタントの方が迎えてくれました。

話を聞くと、手術途中に停電が発生したため懐中電灯の明かりを頼りに手術をしたとの事。
もしも停電が発生したのがもう少し早かったら、そして手術を明日に延ばしていたら、はんばーぐの
命が危なかったという事でした。
悪条件の中での手術だっただけに、手術の成功を聞いて体の力が抜けてしまいました。



<6月20日(水)>
昨日は本当に緊張の連続でしたが、とにかく今は、はんばーぐが手術に耐え抜いた事、手術を
延ばさなかった事、獣医さんが停電の中でも頑張ってくれた事、停電のタイミングが遅かった事etc、
全ての出来事に感謝したい気持ちです。

今思い返せば、不思議なくらいに奇跡的な幸運が重なっていたように思えたりもしています。
何らかの大きな力がはんばーぐの味方をしてくれていたような、そんな不思議な感覚…。
まだまだ手術後の危険も残っているので油断は出来ないけれど、少しでも早く元気なはんばーぐに
戻ってくれると良いなと強く思っています!


手術翌日(今日)のはんばーぐ


まだ元気もなく声を掛けても動いたり反応したりはしません。
何も食べていないので、明日から流動食を与え始めるようです。

web拍手 by FC2    

近況


描き始めました。

突然ですが、母親が入院しました。
その件でバタバタしており、コメントの返信が遅れてしまいごめんなさい。
ご訪問の方も遅れていますが、後々時間をみて遊びにお伺いさせて頂きます。

遺伝の関係で腎臓病を患っている母なのですが、先日、腎臓に菌が入ってしまったようで、
病状が悪化してしまいました。
透析も間近に控えていたのですが、まずは腎臓に入ってしまった菌をなくすのが先決という
主治医の判断により、入院に至りました。
治療によって菌がなくなり次第、透析を受ける準備段階の手術をし、透析を開始するようです。

入院前には体調不良を訴えていた母ですが、現在はだいぶ調子も良くなり、お見舞い時に持参
した私のお気に入りの漫画で母も大好きな「楳図かずお」の漫画を愛読しています。
両親ももう年ですし、いつ何が起こってもおかしくはないと自覚していたはずだったのですが、
いざこのような緊急事態を目の当たりにすると、やはりなかなか冷静ではいられないものだなと
実感いたしました。

突然の出来事だったので、私自身も精神的にどうかなってしまうのではないかと思いましたが、
今は少し落ち着きを取り戻しています。
両親の事をいくら憎らしいと思っていたとしても、やはり私にとってかけがえのない大切な存在で、
きっと何よりも深く愛しているのだと思います。
こういう事でもないと、そういう思いになかなか気付けないなんてなんだか酷な話ですね。

web拍手 by FC2    

「浜松市動物園春の写生大会」表彰式


yuyaくん賞状授与

浜松市動物園で行われた春の写生大会の表彰式に出席してきました。
今回の写生大会では420点もの作品が集まり、その中で入賞数は45作品。
特選が13作、準特選が13作、入選が19作でした。
一般人の入賞者は各賞2名ずつの合計6名。
今回もまた一般人にとっては厳しい関門でしたけど、受賞出来て本当に良かったです。



表彰式の後、特選を受賞した一般の男性の方から声を掛けられたのですが、実はその方、
私の個展「眩暈(めまい)」に来廊くださった方だったようで、びっくりしました。
世間って本当に狭いですね。
緊張してしまって上手くお話出来なかったけれど、お会い出来てとても嬉しかったです。



賞状と賞品(絵具)、浜松市動物園にしかいない「ハマリン」というサルのストラップを頂きました。
「ハマリン」のストラップは前回も頂いたので今回で2個目。
新しい「ハマリン」も早速携帯に付けてみたのですが、ちょっと大変な事になってしまいました。

web拍手 by FC2