ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在8歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

チラシデザイン+6月の制作


「レイアウト最終確認^^」の図
とある方々のイベント用に、5月から開始しましたチラシデザイン制作^^
未確定内容が多く、約半月以上の時間を修正訂正作業に費やしてしまいましたが、
その後、ハイピッチでイラスト&デザインを制作し、昨日、OKを頂く事が出来ました^^
チラシ裏面は別途制作されるとの事なので、私は表面のデザインのみ提出します^^
完成後の色味が少々心配ですが、素敵なチラシになるよう祈っております(*^人^*)
チラシ完成後、満足ゆく仕上がりになっていましたら画像をUPさせて頂きますね(笑)






「6月の制作^^」の図
先ほどのチラシ制作が予定通り5月末までに終わりそうなので、
少し早めの告知となりますが、6月からの制作についてのお話を少々(*^^*)
6月からの制作は、実はこちらもご依頼によるプライベート制作なのですけれども、
久しぶりの油彩画&特殊サイズという事で、パネル板から手作りしています(*^^*)



「パネル表面^^」の図
パネル板を手作業で綺麗に制作するというのはなかなか難しいため、
ホームセンターの工作室に入り浸り、専用マシンでカット&研磨を(*^^*)



「比較比較^^」の図
今回制作したパネル板は、SMサイズのパネル板の約1/3サイズです(*^^*)
ちなみに写真左が制作したパネル板、写真右が市販のパネル板となります^^
パネル表面の板は、べニア板よりもやや強度のある「シナベニア」を使用(*^^*)
市販のパネル板よりも、シナベニアパネルの方が見た目も綺麗ですね(*^m^*)



「下地材を塗布^^」の図
という訳で、先ほどのお手製パネル板に下地材を塗り塗り^^
6月からは、いよいよ上記パネルに下絵を描いてゆく予定です(*^^*)
こちらの制作過程については非公開のためUPする事は出来ませんが、
無事完成&額装まで終了しましたら、お披露目させて頂きますね(*^^*)
という事で、6月も引き続き忙しくなりそうですが、のんびりと頑張ります^^
と…その前に、まずは長引いている風邪を早く治さなければ~ですよ^^;

web拍手 by FC2    

「みんなのアンデルセン展」開催+消しゴム版画完成


「いよいよ開催^^」の図
という訳で、前回の記事で緊急告知をさせて頂いた上記の展覧会ですが、
明日4月22(土)より、「川崎市市民ミュージアム」(神奈川)にて開催されます^^
引き続きご一緒させて頂く絵のお友達yuya氏のブログにも記載されていますが、
今回の展覧会は、「日本・デンマーク国交樹立150周年記念」という企画展につき、
展示場ではアンデルセン関連の様々なイベントが目白押しとなっております(*^^*)
アンデルセン童話や世界観に興味のある方、大好きな方、是非ご来館くださいね^^
上記展覧会の詳細は「おしらせ」ページ(ガラケーはこちら)にも記載しております^^

「みんなのアンデルセン展」
2017年4月22日(土)~6月25日(日)
9:30~17:00 (入館16:30まで)
月曜休館→ 祝日・国民の休日の場合は開館
祝日・国民の休日の翌日休館→ 土・日の場合は開館


会場:川崎市市民ミュージアム内 「企画展示室2」
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
TEL:044-754-4500






「消しゴム版画完成^^」の図
さて、ここからは少し話が変わり、久しぶりに消しゴム版画のお話を^^
先日の記事で、「とりあえず完成した」とお話していた上記の消しゴム版画ですが、
無事額装まで終了いたしましたので、いよいよ本日、お披露目させて頂きますね^^
ちなみに今回お披露目させて頂く消しゴム版画は、3~4作品目の版画という事で、
まだまだ未熟ではありますけれども、少しずつ自分色が出て来たように感じます^^
という訳で早速ですが、まずは新しい消しゴム版画作品1作品目の様子がこちら↓



「新しい消しゴム版画1作品目^^」の図
今回の消しゴム版画は、ハガキサイズの1/2の大きさで制作いたしました^^
小さな作品のため、額装したお写真では細かい部分が見えずごめんなさい^^;
ちなみにこちらの作品は、消しゴム板2枚刷り&インク3色使用となっています^^
そしてもう1点、新しい消しゴム版画作品2作品目の様子がこちらとなります^^↓



「新しい消しゴム版画2作品目^^」の図
こちらも先ほどの作品同様、ハガキサイズの1/2の大きさとなっています^^
そして制作方法については、消しゴム板3枚刷り&インク4色使用となります^^
ちなみに両作品ともに1点限定作品のため、すでに原版は切腹済みです(笑)
という訳で、簡単ではありましたが、新しい消しゴム版画2作品の様子でした^^
上記2作品の作品名や詳細については「作品」ページの方にUPしております^^
作品も大きく掲載しているので、ご興味ありましたら是非ご覧くださいね(*^^*)
ちなみにこちらの作品達は5月に静岡で開催される展覧会に出品いたします^^
「本物を見てみたい!」という方は、是非ギャラリーへお越しくださいね(*^m^*)

web拍手 by FC2    

埼玉へ


「バイバイ浜松」の図
4月4日(火)、現在参加中の「みんなのアンデルセン展」を見に行って来ました^^
今回は遠方での展示という事で、時間短縮のため新幹線&電車を乗り継ぎ埼玉へ。
久しぶりの新幹線、走る速度が物凄く早くて(当たり前ですが^^;)、ちょっとドキドキ。
新幹線に乗る度に、「事故が起きませんように…!」と手を合わせておりました(-人-)



「稲荷山(いなにやま)公園駅到着^^」の図
途中、おしくらまんじゅう並に溢れ返った車内の様子に目を白黒させながらも、
一緒に来ていた彼と助け合いながら(?)、何とか無事に最寄駅へ到着(*^^*)
ちなみに展覧会はまだ開催中ですので、レポート記事は次回UPいたしますね^^
今回の記事では、展覧会にお伺いする前までのひとときを簡単にUPいたします^^



「狭山(さやま)稲荷山公園^^」の図
在廊予定時間よりも30分ほど早く目的地に到着したため、
展覧会場に隣接している「狭山稲荷山公園」を彼と一緒に散策して来ました(*^^*)
展覧会担当者の方のお話によると、こちらの公園には300本の桜が植えられており、
狭山市内随一の桜の名所!との事でしたので、お伺いするのがとても楽しみでした^^



「桜!桜~!^^」の図
今年は桜の開花が遅いというお話もお伺いしておりましたけれども、
園内には本当に桜の木がいっぱいで、それだけで幸せな気分に(*^^*)



「美しい椿さまと(*^^*)」の図
そして、ふと目に留まった真っ赤な椿のお花があまりにも美しかったため、
図々しくも、美しく気品漂う椿さまと一緒に記念撮影をさせて頂きました(*^^*)



「園内の様子^^」の図
園内はびっくりするほどに広く、そして至る所に桜が植えられているため、
たくさんの方々が美味しそうなお弁当を片手にお花見を楽しんでいました(*^^*)
凧を揚げている子供達、お酒を飲んで顔を赤くしているおばあちゃん達などなど、
皆がそれぞれに楽しい時間を過ごしている様子は、見ている方も心が和みます^^



「あんず飴!^^」の図
そして公園の入口付近には、数店ほどの出店も出ていました^^
よくよく見てみると、風の便りに聞いた事のある「あんず飴」の出店が!(驚)
美味しいのかしら!?とワクワクしながら彼と一緒に頂いてみました(*^^*)
私も彼も初めて頂くあんず飴、第一声は、「ん?酸っぱい~!!」でした(笑)
リンゴ飴のような甘さを想像していた私達は、顔を見合わせて大笑い(*^m^*)
梅干しのようなお味でしたが、やっぱり私は甘いリンゴ飴の方が好みです(笑)



「展覧会場へ^^」の図
そうこうしているうちに在廊予定時間が近付いて来たため、
展覧会の開催されている「狭山市立博物館」へ向かいました^^



「穴が開いていると…(*^m^*)」の図
早速博物館内に入ると、目の前に面白そうな顔出しパネルが^^
興味深くパネルを眺めていましたら、彼が私に、「やらないの?^^」と(笑)
「そう言われてしまってはやらない訳にはゆかないじゃない^^」という事で、
他のお客様が居ない隙にパネルと一緒に記念撮影をして来ました(*^^*)
子供専用?かとは思いますけれども、なかなか楽しかったですよ(*^m^*)
という訳で、次回の記事ではいよいよ展覧会のお写真をUPいたしますね^^
撮影制限のある展覧会のため写真数は少なめですが、どうぞお楽しみに^^

web拍手 by FC2    

ガーデニング+消しゴム版画


「ネームプレート制作^^」の図
少し前の記事でUPさせて頂いたガーデニング用のネームプレート、
先日無事完成し、植物達のプランターに設置する事が出来ました(*^^*)
ネームプレート設置後の様子はこんな感じ^^↓



「1人1人にお名前が^^」の図
デザインセンスが皆無なため、パッとしない見た目ではありますが^^;、
植物達の名前や育て始めた時期がすぐに分かるので助かります(*^^*)
肝心のネームプレートが少々見え辛いので、拡大写真をUPしてみますね↓



「アマリリスちゃん^^」の図
こちらは2年前のお誕生日に頂いたアマリリスちゃんのプレートです^^
もう1鉢、3年前のお誕生日に頂いたアマリリスちゃんもいるのですが、
すぐに判別出来るよう、プレートにお花の絵を描いておきました(*^^*)
ちなみにこちらの子はピンクのお花、もう1人は赤いお花を咲かせます^^



「新しい葉^^」の図
こちらは先ほどのピンクのアマリリスちゃんの方ですが、
よくよく見てみると、球根の横に新しい葉が出て来ていました^^
毎年、春から夏頃に大きな花を咲かせてくれているアマリリスちゃん、
今年も元気に育ち、綺麗なお花を見せてくれると良いなと思います(*^^*)



「ジャボチカバちゃん^^」の図
そしてこちらは昨年、種から育て始めたジャボちゃんのプレートです^^
こちらのプレートには、実を付けたジャボちゃんの絵を描いてみました^^
が、肝心のジャボちゃんはというと…少々悲しい状態になっています(涙)



「枯れていますorz」の図
ジャボちゃん達の中で1番大きな子でもこのような状態m(_ _)m
プランターに移してから2~3mmほど背が伸びたようにも感じますが、
枯れ具合は少しずつ少しずつ進行しているようで、ちょっと心配です。。
何とか持ち直し、綺麗な緑色の葉が増えて来ると良いのですけれどorz



「イタリアンライグラスちゃん^^」の図
そして最後にこちら、イタリアンライグラスちゃんのプレートです^^
こちらの子達は、我が家のなっとう(ウサギ)のために育て始めました^^
が、大切に育てていると、収穫するのが少々心苦しくなってしまいます^^;
とりあえず、今現在は、元気に育ってゆく姿を楽しみたいなと思います(笑)



「すくすくと(*^^*)」の図
そんな複雑な気持ちを私に与えているイタリアンライグラスちゃんですが、
今月から育て始めたばかりだというのに、もうすでに5cmほどの背丈に(*^^*)
現在の我が家のお庭の中で1番元気&伸び盛りなイタリアンライグラスちゃん^^
このまま元気にたくましく、すくすくと成長してもらえると良いなと思います(*^^*)
という訳で、プレートのお披露目&最近の我が家のガーデニングの様子でした^^






「彫り彫りその後」の図
さてここからは、消しゴム版画制作の様子と近況を簡単に^^
前回の記事で、「本格的に多忙中(焦)」とお話させて頂いておりましたが、
その後、自分でもビックリするほどの火事場の何とやらを発揮いたしまして、
額装までは至っておりませんが、とりあえず作品自体は完成いたしました^^



「消しゴム板ちゃん達もお疲れ様(*^^*)」の図
上記の写真は、彫り&刷り工程を終えた消しゴム板の様子となります^^
今回の新作は2作品、1点が2枚刷り、もう1点が3枚刷りとなっています(*^^*)
私の場合は、彫りよりも刷り工程の方が難しいなと感じているのですけれども、
何度も刷り作業に失敗しているうちに、失敗の少ない刷り方を発見いたしました^^
その方法を私が知らなかっただけかもしれませんが^^;、一応載せておきますね^^
今回は画像でご紹介させて頂きますので、分かりやすいかな?と思います(*^^*)



「①板の上に紙を置く」
「②マスキングテープで固定する」
上記の画像は、「刷り(捺し)」工程に入る前の下準備の様子です^^
粘土板のようなしっかりとした板に、版画紙をマスキングテープで固定。
今までは紙を固定せずに判を捺していたため、剥がす時に失敗ばかり^^;
紙を固定しておくだけで、ベタ塗り部分のインクの付きが安定します(*^^*)
(ちなみに上記の”マスキングテープ止め”が今回の最重要ポイントです^^)



「③判のあたりを決める」
上記の方法は、判の位置を指定したい時や多色刷りの時などに便利です^^
参考までに、私が現在使用している”あたり用の道具”がこちらとなります^^↓



「愛用中のあたり用道具^^」の図
上記はポリスチレン製のカラーボードを加工したものです^^
約5mm厚のボードを3枚重ね、両面テープで接着した後にカット。
ツルツルの面が消しゴム板に接触するような形で使用しています^^
発泡スチロールを使用する場合は目の細かいものの方が良いです^^



「④消しゴム板にインクを付ける」
刷りの準備が整った後は、いよいよ消しゴム板にインクを付けてゆきます^^
ベタ塗り面が多い場合は、全面にムラなくインクを乗せると綺麗に捺せます^^
インクを付けた後、5秒ほど置いて(馴染ませて)から捺すと良い感じに(*^^*)
多色刷りを行う場合は薄い色から捺していくと細かい粗が目立ちにくいです^^



「⑤あたりの角に合わせて判を捺す」
1枚刷りの場合はあまり気にしなくても大丈夫かと思いますけれども、
多色刷りの場合は同じ場所に何度も判を捺さなければならないので、
1回目に捺す場所は出来るだけ狂わないようにしておきたい所です(笑)
余談ですが、版画まわりの余白を「絶対に汚したくない!!」という方は、
汚れそうな部分にマスキングテープを貼っておくと後で助かります(*^^*)



「⑥消しゴム板の角を持ちながらゆっくり剥がす」
こちらの工程も私の中では重要ポイントなのですけれども(笑)、
判を捺した後は、”紙”を剥がすのではなく、”消しゴム板”を剥がします。
今までの私は、紙の方を消しゴム板からゆっくりと剥がしていたのですが、
紙の方から剥がしてしまうと、紙が微妙に反り、色ムラが出来てしまいます。
逆に消しゴム板から剥がしてみた所、色ムラも少なく綺麗に仕上がりました^^



「⑦完成♪」
多色刷りの場合は、すぐに次の消しゴム板にインクを付けて捺すと、
1回目のインクが完全に乾いていないため、重なり部分が自然になります^^
インクの質(私の場合は「バーサマジック」使用)にもよるのかもしれませんが、
完全乾燥後(1日後)に2枚目の判を捺した所、重なり部分が汚くなりました^^;
私自身もまだまだ消しゴム版画については研究中の身ではありますけれども、
また新たな発見or綺麗に捺せる方法が分かりましたらUPさせて頂きます(*^^*)
という訳で、”簡単に”と言いながら長文記事になってしまいすみませんでした^^;
今回完成した消しゴム版画の方は、4月中旬以降にお披露目させて頂きますね^^

web拍手 by FC2    

5月の展覧会+消しゴム版画


「5月の展覧会」の図
少々予定外の更新が続いてしまいましたが、久々のアート記事です^^
本日、当サイトのTOPページにもこっそりと告知させて頂きましたけれども、
毎年参加させて頂いている展覧会に今年も出品させて頂く運びとなりました^^
開催予定日は2ヶ月先なので、また後々改めて再告知させて頂きますね(*^^*)
展覧会の詳細については「お知らせ」ページ(ガラケーはこちら)にて記載中です^^



「アンデルセン展にて出品中の作品^^」の図
実は、上記の作品を5月の展覧会にも出品しようと考えていたのですが、
とある事情が急きょ浮上したため(また落ち着きましたらお話しますね^^)、
5月の展覧会への出品作品を2点、3月末までに制作する事となりました^^;
制作締切日まであと1週間、たぶん無理だと思いますが頑張っています^^;



「彫り彫り(焦)」の図
という訳で現在、消しゴム版画の彫り彫り&刷り刷り作業に多忙中です(笑)
3月末までに消しゴム板の5枚彫り&2作品分の刷り工程まで終了させたい所。
彫りよりも刷り工程に時間が掛かるため、かなり厳しい条件下ではありますが、
少しでも多く最新作をお披露目する事が出来るよう、引き続き頑張ります(*^^*)
全然関係ないのですけれども、少し前くらいからパソコンで黒い太文字を見ると、
緑色に見えるのですが…これは一体何なのでしょう、早く治ると良いのですが^^;
(本格的に多忙中のため、少々手抜き記事となってしまい申し訳ありません^^;)

web拍手 by FC2    

近況+消しゴム版画


「1年ぶりに^^」の図
先日、元職場の大好きな先輩達と久しぶりにランチをして来ました(*^^*)
年を取ると、新しい友達作りというのが難しくなって来る訳ですが(私だけかしら?)、
今でも交流のある先輩達は本当に優しくて、6年以上も仲良くさせてもらっています^^
私よりも年上の先輩達なので、豊富な経験を持つ人生の先輩として尊敬しながらも、
時には少女のような可愛らしい一面を垣間見せる先輩達に笑ってしまったり(*^m^*)
今回は先輩の娘さんも途中から参加したため、女性4人でおしゃべりをして来ました^^
久しぶりの女性だらけの和気あいあいとした和やかな時間、とっても楽しかったです^^



「中身はまだ秘密^^」の図
そして少し話が変わり、こちらは遅ればせながらのバレンタインプレゼントです^^
どなたに差し上げるのかと言いますと、いつも通り、絵のお友達のyuya氏です(笑)
ちなみに昨年yuya氏にプレゼントしたバレンタインデーのチョコレートがこちら^^↓



「ウルトラマンチョコ(*^^*)」の図
今年も遊び心のある簡単なチョコレートをプレゼントしようかと思っていたのですが、
yuya氏が紹介してくれた「みんなのアンデルセン展」への出品が決定したので(嬉)、
そのお礼を兼ねて、今年は少々珍しい?チョコレートをプレゼントする事にしました^^
喜んでもらえるかは分かりませんが^^;、結果はまた追々ご報告いたします(*^m^*)






「消しゴム板3枚購入^^」の図
そして最後に3作目の消しゴム版画の制作の方ですけれども、
先日の記事でもお話した通り、制作に必要な材料は無事に揃える事が出来ました^^
が、相変わらず通常時の私のテンション?というか気分?がどうも今一つの状態で、
これ以上酷くなってしまったら大変…という事で、現在少々休息中といった所です^^;
制作だけに限った事ではないのですけれど、どうにもこうにもいつもの元気が出なくて、
早くも更年期障害じゃないか?と心配で調べてみたのですが、それともまた違うようで、
何となく過去記事を見直してみた所、毎年同じ時期(2月)に調子が悪くなっているため、
これは季節性の症状かも?と思い、少々諦め気味で時の流れに身を任せています^^;
元気になりたいのにどうする事も出来ない状態というのはなかなか辛いものですね^^;
という事で、あまり進展がなく恐縮ですが、ゆっくりと進めてゆきたいと思います(*^^*)

web拍手 by FC2    

バレンタイン+作品への初期投資


「今年は市販のスイーツを^^」の図
今年のバレンタインデーは、私生活の方が少々バタバタしていたため、
手作りチョコではなく、市販のスイーツを彼にプレゼントいたしました(*^^*)
プレゼントに選んだ上記のスイーツは、バレンタイン仕様のプチタルトです^^
どのタルトも本当に可愛く、お味の方もとっても美味しかったですよ(*^m^*)
(私のおやつと引き換えに1つだけ味見をさせてもらえました 笑)



「バレンタインデーのお料理^^」の図
スイーツが手抜き(市販)だったので、お料理の方を少しだけ頑張りました(笑)
上記の写真は、「”さわやか”風オニオンソースの手作り豆腐ハンバーグ」です(*^^*)
ハンバーグソースは、静岡では超ポピュラーで地元民にも人気のあるハンバーグ店、
「炭焼きレストランさわやか」のオニオンソースの味を真似して作ってみました(*^^*)
豆腐ハンバーグの方は、半日ほど掛けて豆腐の水切りをし(これが意外と面倒^^;)、
バレンタインという事で、普段のハンバーグよりもBIGサイズで作ってみました(*^m^*)
少々お焦げが気になりますが、豆腐ハンバーグはお肉ハンバーグよりも柔らかいので、
外側だけでもカリッ!とさせるため、我が家では少し強めに焼き色を付けています(*^^*)



「自分へのご褒美(*^^*)」の図
最近の私は何だか妙に心が落ち着かないというか、ソワソワしてしまっているというか、
自分の行動について自分で評価が出来ないというか、自尊心が低下しているというか、
何だか良く分からないのですが^^;、とりあえずいつもよりも元気がなくなっていたので、
モチベーションUPと自分へのご褒美を兼ねて、ニセモノのトロフィーを購入しました(*^^*)
上記のトロフィーは100円ショップで購入したのですが、キラキラしていてとても綺麗です^^
このキラキラと色合いを見ているだけで、「また頑張ろう!!」と思えます、単純ですが^^;
という訳で、今年も無事にバレンタインの諸々な作業が終了し、ホッとしております(*^^*)






「マットマット!(嬉)」の図
話は変わりまして、ここからは少しアートなお話をUPしてゆきます^^
少し前から消しゴム版画に挑戦し、色々と悩みながらも制作している訳ですけれども、
2作品目の制作時から、「何かが足りない、何かが不安」という状態が続いておりまして、
その理由を自分なりに考えていたのですが、先日、やっとその原因が判明いたしました^^
私の場合は、「絵が頭に降りて来たら描く」という形で作品を制作しているのですけれども、
頭の中に降りて来る絵というのは、すでに額装された状態の絵となって降りて来ています。
なので、実際に頭の中に降りて来たイメージと近い絵が描けたとしても、その後の額装で、
イメージ通りに仕上げられるのかという不安が、今回のモヤモヤの原因だろうと思いました。
簡単に言うと、額装までの方法が事前に決まっていないと心が落ち着かないみたいです^^;
特に厚みの薄い作品の場合は、作品を保護するマットの色がとても重要になって来るので、
額装イメージを把握しやすいよう、初期投資としてマットの色見本を購入する事にしました^^
上記写真がその色見本ですが、やはり実際の色や質感が分かるととても安心します(*^^*)
そしてマットの色見本同様、初期投資として版画制作に必要な下記画材も購入しました^^↓



「インク全色(36色)!」の図
やはりこちらも、「頭に降りて来た絵の色がない!(涙)」という事になってしまう前に、
(少々お財布には厳しかったですけれども)絵具同様、揃えておく事にしました(*^^*)
全色全てを使い倒すのは難しいですが、必要な時に色比較が出来るので助かります^^
ちなみに上記のインクケースですが、実は彼にリクエストして作ってもらいました(*^^*)



「拡大するとこんな感じ^^」の図
インクは元々4色セットで販売されていたので、その元のケースの横幅を少しカットし、
約2.5cmほどの厚みのB5サイズのファイルケース(100円ショップで購入)の中に並べ、
透明の両面テープで元のインクケースをファイルケースに貼り付けて作っています(*^^*)
元のケースを利用しているので、バラバラになる事もなく綺麗に収納する事が出来ました^^
(何だか良く分からない説明になってしまってごめんなさい^^;)



「収納時の様子^^」の図
薄型のケースなので収納時もかさばらず、持ち運びも楽ちんですよ(*^^*)
という事で、消しゴム版画制作における思い切った私の初期投資の様子でした(笑)
お金を掛けたからといって良い作品が作れるという保証は何もありませんけれど^^;、
自分なりに安心出来る環境や状況を作り、ストレスなく制作してゆけたらと思います^^
3作目の消しゴム版画については、頭に降りて来た絵がまだはっきりしていないので、
下絵に描き出せるくらいの状態になり次第、制作を開始してゆきたいと思っています^^
ちなみに油彩画の方は、3作目の版画が終わった後の気分次第という感じです(*^^*)

web拍手 by FC2    

年賀状展+消しゴム版画


「静岡のギャラリー来廊^^」の図
今週の月曜日、前回の記事でご紹介させて頂いた年賀状展に行って参りました^^
今年で6回目の開催となる今回の年賀状展は、ギャラリー側が喪中だった事もあり、
年賀状を控えられた作家さんも多かったとの事で、展示数もやや少なめだった様子。
それでも我が家に届く年賀状の数とは比較にもならないほどの枚数でしたので(笑)、
絵の展覧会同様、見応えもあり、様々なデザインを楽しく拝見させて頂きました(*^^*)
年賀状展は明日まで開催していますので、お写真は次回の記事でUPいたしますね^^



「凄い時代になりました」の図
こちらはおまけ画像ですが、ギャラリーからの帰宅途中、
初めて静岡空港に行きまして、これまた初めて飛行機を間近で見て来ました^^
飛行機から降り立つ人々は何を思っているのかしら?どんな気持ちなのかしら?、
そもそも飛行機とは何かしら?などなど、飛行機を見ながら色々な事を思いました^^
売店で売られていたアザラシちゃんのぬいぐるみも可愛かったですけれども(*^m^*)






「消しゴム版画2作品目」の図
ここからは少し話が変わり、先日の記事でUPした消しゴム版画の様子を少々^^
今回は2色捺しに挑戦!という事で、2枚の消しゴム板を使用し制作しています^^
デザインについても初回の消しゴム版画(年賀状)の時よりも彫りが細かいため、
新しいデザインナイフと消しゴムはんこ用の彫刻刀を購入し使用しています(*^^*)



「新しい道具達^^」の図
上記の写真は、今回新しく購入したデザインナイフと彫刻刀です^^
新しいデザインナイフは以前のものよりも刃先の角度が鋭角(30度)なので、
(彫り自体はまだまだ下手ですけれども)とても使いやすくなりました(*^^*)
彫刻刀の方も消しゴム版画(はんこ)専用なので、刃先が曲がっているもの、
または刃先が一回り小さなサイズのものなどがあり、とても重宝しています^^



「ちょっとだけお披露目(*^^*)」の図
こちらは彫り作業の終了した原版(「差し色」の方の原版)です^^
完成作品のお披露目は2月中旬以降or3月以降になるかと思います(*^^*)
ちなみに私の消しゴム版画作品の枚数についてですが、他の絵画作品同様、
”世界に1つだけの作品”として発表させて頂くため、作品は1枚しか作りません^^
そのため、試し捺し作品や失敗作品などは全て処分し、原版である消しゴム板も、
完成作品を1枚作り残した後、再版出来ないよう壊してしまう予定でいますm(_ _)m
心を込めて彫り上げた原版を壊してしまうのは少々辛い所ではありますけれども、
1点もの作品としての価値を大切にしたいので、頑張って切腹したいと思います(笑)
また機会がありましたら消しゴム板の解体後のお写真などもUPさせて頂きますね^^
という事で少々長くなってしまいましたが、現在の消しゴム版画の様子でした(*^^*)

web拍手 by FC2    

年賀状制作完成(後編)+制作中


「消しゴム版画の制作過程^^」の図
という訳で、前回の記事からの続きをUPしてゆきます^^
前記事では、下絵を消しゴム板へ転写する所までの工程をUPしましたので、
今回はその続き、転写した消しゴム板を彫るという工程からUPしてゆきます^^
ちなみに上記の写真は、転写が終了した消しゴム板の様子となります(*^^*)



「おまけ」の図
彫り工程に進む前に、道具類や豆知識などを参考程度にUPしておきますね^^
上記の道具は私が使用したものですが、最も使用したのはデザインナイフです^^
後々知ったのですけれど、デザインナイフにも色々な種類があるのですね(*^^*)
そして右側のイラストは、消しゴム版画を彫る際の正しい彫り方の図となります^^
私は今回が初めてだったので、凸のような彫り方になってしまいましたけれど^^;
という事で話を戻し、彫り工程からUPしてゆきます^^↓



「その9:消しゴム板を彫る」
上記はすでに彫り終わった後の様子となりますが、こんな感じになりました^^
消しゴム板の右下の床部分の傷は、少し手が滑って削ってしまった所です(笑)
私の年賀状が届いた方で、「ん?黒い床の部分、色が乗っていない所がある!」
と気付かれた方、それは私が手を滑らせてしまった所です、ごめんなさい(*^^*)



「その10:試し捺しをする」
彫り作業が終了したら、実際にインクを付けて試し捺しをしてみました^^
試し捺しをした際に、気になった所があれば再度彫り、そしてまた捺す、
という作業を繰り返しながら、少しずつ完成イメージに近付けてゆきます^^
使用したインクは、シャチハタの「カラースタンプパッド」というものですが、
こちらは残念ながらインクの付きが悪く、本番用には使えませんでした^^;



「おススメのインク^^」の図
インクについて色々と調べてみた所、ツキネコにて販売されているインク、
バーサマジック」が良いとの事だったので、早速使用してみました(*^^*)
こちらのインクは、上質紙・ケント紙・アート紙・市販の官製はがきのような、
表面の凹凸が少なく、サラサラとした(平滑な)紙におススメなインクとの事^^
気になるインクの乗りについては、完成後のお写真でUPいたしますね(*^^*)
という訳で、試し捺しが終了した後はいよいよ年賀状に判を捺してゆきます^^



「その11:型を準備する」
今回は、年賀状と同じサイズの消しゴム板を使用しているため、
捺した際に場所がずれてしまわないよう、簡単な型を用意してみました^^
(正確には私が彼にリクエストして作ってもらったものなのですけれども^^)
今回はこの型を使用して消しゴム版画を捺してゆきたいと思います(*^^*)



「その12:判を捺す」
先ほどの型に年賀状をセットし、インクを付けた消しゴム板を重ねます^^
そして消しゴム板の上から手で圧を掛けながら判を捺してゆきます(*^^*)
その際、消しゴム板の裏面に、試し捺しの失敗版画などを貼り付けておくと、
圧を掛ける際にインクが付く場所を把握しやすくなるのでおススメです(*^^*)
(ちなみに型の向きですが、縦置きよりも横置きの方が使いやすかったです^^)
という事で、年賀状1枚1枚に心を込め、そして慎重に慎重に捺してゆきます^^
消しゴム板を紙から剥がす時は、ゆ~っくりと剥がすと綺麗に写ります(*^^*)



「その13:着色する」
先ほどのインク「バーサマジック」+「ゆ~っくり剥がす」のW技で、
黒色がとても綺麗な消しゴム版画が無事完成いたしました(*^m^*)
黒色だけでは少々寂しかったため、アクリル絵具で少しだけ着色を^^
ちなみに今回使用した「バーサマジック」は水性インクなのですけれど、
アクリル絵具や水道水で滲んでしまうという事はありませんでした(*^^*)



「その14:完成~(*^^*)」
少々光の加減でアクリル絵具の色が薄く写ってしまいましたので、
実際の色味については「作品」ページの方をご参照くださいね(*^^*)



「クレンジング」の図
ちなみに、使用後の消しゴム板のお掃除方法についてですが、
皆さんどのようにされていらっしゃるのかしら?と思い、ネットで調べてみた所、
クレンジングオイルを使用されている方が多かったので、私も購入してみました^^
私はオイルクレンジング後に更に石鹸を併用してお掃除してみたのですけれども、
やはり黒インクは落ちにくいのでしょうか、なかなか綺麗にはなりませんでした^^;



「お掃除後」の図
黒色のままですが、これはこれで面白いので良しとしましょう(笑)
という事で、今回初めて挑戦した消しゴム版画の制作過程でした(*^^*)
私の最近の平面作品といえば、油彩画がメインになりつつある訳ですが、
元々は、あまり気張らず、ゆる~いタッチのペン画を描く事が好きなので、
そのような画風をいつか版画で表現してみたいと、長年思っておりました^^
版画の知識や技術についてはまだまだまだまだ未熟ではありますけれど、
あえて未熟のまま、今後も時々制作してゆければと思っております(*^^*)






「現在の制作^^」の図
という訳で、現在、2作品目の消しゴム版画に挑戦しています(*^^*)
少々事情があり、完成直後のお披露目は出来ないかもしれませんが、
また時期を見ながらUPいたしますので、楽しみにしていてくださいね^^
ちなみにこちらの2作品目の方は、初2色捺しに挑戦しています(*^^*)
多色捺しが出来れば表現の幅も広がるので、ぜひ習得したい所です^^
という事で、現在制作中の消しゴム版画、2作品目の様子でした(*^^*)

web拍手 by FC2    

年賀状制作完成(前編)


「消しゴム版画の制作過程^^」の図
という事で、本日は私の消しゴム版画の制作過程をUPしてゆきたいと思います^^
基本的な作り方は、消しゴム板に付属されていた説明書を参考に作っていますが、
私が今回初挑戦した消しゴム版画は、年賀状と同じサイズの1枚彫り版画のため、
「小さな消しゴムスタンプ」とは制作方法が若干異なっているかもしれませんm(_ _)m
ハガキサイズの制作方法は分からなかったので、そこは今までの知識と感覚で^^;
という事であまり参考にはならないとは思いますが、とりあえずUPしてゆきますね^^



「その1:デザインを決める」
こちらはハガキサイズの紙に鉛筆で描いた下絵となります(*^^*)
今年の年賀状はこちらの絵を消しゴム版画として使用いたしました^^
版画初心者には相応しい?シンプルなデザインとなっております(笑)



「その2:輪郭線を抽出する」
先ほど描いた下絵の輪郭線があまりにもガタガタで分かり辛かったため、
後の転写工程で、「どこが正しい輪郭線!?(泣)」となってしまわないよう、
下絵の上にコピー用紙を乗せ、透かしながら輪郭線だけをペンで写しました^^



「その3:パソコンで色を付ける」
版画の場合は、下絵の完成度が仕上がりを左右するのでは?と思いまして、
先ほどの工程で写した”輪郭線だけの絵”をスキャナーでパソコンに取り込み、
イラストソフト(私はフォトショップ)を使用し、下絵をしっかりと作り込みました^^
(コントラストを付けている際にピコンと閃き、デザインを少し追加しています^^)



「その4:完成した下絵をプリントアウトする」
彫る部分と彫らない部分がしっかりと判別出来る下絵が完成しました^^
こちらの下絵を使用し、いよいよ消しゴム板に転写をしてゆきます(*^^*)



「その5:下絵を写す」
先ほどの下絵の上にトレーシングペーパー(半透明の薄い紙)を重ね、
鉛筆でなぞりながらトレーシングペーパーに下絵を写し取ってゆきます^^



「その6:消しゴム板に転写をする」
下絵を写し取ったトレーシングペーパーを裏返し、消しゴム板の表面に乗せ、
爪(私は100円玉を使用)でこすりながら消しゴム板に下絵を転写してゆきます^^
ちなみに1番最初にUPした画像内の消しゴム板(薄ピンク色)と色が違いますが、
表面が黄色の方が彫った後の状態が分かりやすいと思い、こちらに変更しました^^



「その7:転写完了」
こちらは消しゴム板に転写をした後の様子となります^^
少々転写の写りが悪いのですけれども、これは私のミスのせいです(笑)
消しゴム板に転写をする前には、必ず消しゴム板の表面の粉を拭き取り、
綺麗な状態で転写をするようにと説明書に書かれていたのですけれども、
すっかりと頭から抜けてしまい、粉付きの状態で転写をしてしまいました^^;
きちんと粉を拭き取れば、もう少し綺麗な転写が出来るのではと思います^^



「その8:彫らない部分に色(or印)を付ける」
こちらの方法は、消しゴム板を綺麗に保管したい方にはおススメしませんorz
ここまでしっかりと塗りつぶしてしまうと、後々鉛筆の色が残ってしまいます^^;
私は保存後の状態よりも、彫ってはいけない所を彫ってしまう方が怖かったので、
念には念をという事で、彫らない場所をきちんと把握するために塗りつぶしました^^
という事で、次の工程からはいよいよドキドキの彫り作業に入ってゆきます(*^m^*)



「お正月に頂いた物達^^」の図
少々長くなってしまったので、本日の制作記事はここまで(*^^*)
次回の記事では、彫りの工程から完成までの様子をUPいたしますね^^
きちんとお伝えしようと思うと、ついつい記事が長くなってしまいます^^;
もっと適当な制作記事でも良いとは思うのですけれど、ごめんなさい^^;
という訳で続きはまた来週、ご興味ありましたら是非ご覧くださいね(*^^*)

web拍手 by FC2