ひとこと
リードオンリーさんも大歓迎。
コメントくださった方のサイトには
訪問・コメントさせて頂いてます。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
めにゅー
最近の記事
コメント
お探しもの
うちの子

なっとう(♂)
ホーランドロップ
2014.10.9(木)生まれ
現在2歳



チビ(♂)
雑種
2009.4.26(日)生まれ
現在7歳



むぎちゃ(♂)
ミニロップイヤー
2014.5.6(火)生まれ
2014.11.6(木)お月様へ
0歳6ヶ月0日



はんばーぐ(♂)
ロップイヤー
2009.4.25(土)生まれ
2014.7.18(金)お月様へ
5歳2ヶ月23日



ブー(♂)
ロップイヤーMIX
2006.2.10(金)生まれ
2010.1.1(金)お月様へ
3歳10ヶ月22日



りんこ(♂)
全てを見守るぬいぐるみ


おもいで
リンク
美術ブログ 創作活動・創作日記
RSS

ゾンビミイラちゃんリメイク+年賀状制作


「私、生まれ変わるのよ」の図
という訳で、前回の記事で解体寸前だったこちらのゾンビミイラちゃん。
本日はこちらのゾンビミイラちゃんのリメイク後の様子をUPしてゆきますね^^



「リメイク前」の図
まずこちらが、リメイク前のゾンビミイラちゃんの姿となります^^
そして早速ですが、リメイク後のゾンビミイラちゃんの姿がこちら↓



「リメイク後」の図
今回はクリスマス仕様という事で、
ゾンビミイラちゃんは、トナカイちゃんに変身いたしました(*^^*)



横向きの姿はこんな感じ^^
ハロウィンの時と同様、椅子に座っている形となります^^
ここからは少し拡大した写真をUPしてゆきますね(*^^*)



こちらは胸部から上の拡大写真。
トナカイちゃんのお洋服は、人間用の着ぐるみを使用しています^^
そして髪の毛の方も、同じく人間用のウィッグを使用しています(*^^*)
(実はこちらのウィッグ、元々は他の人形制作で使う予定のものでした^^)



そしてこちらがお顔の拡大写真。
クリスマスらしい可愛いメイクにしてあげたかったのですけれども、
クリスマスまでに間に合わせる自信がなかったため、そのままに^^;
メイクの方は、また機会があった際に挑戦してみたいと思います(*^^*)



そしてこちらが頭部の拡大写真。
トナカイちゃんのまん丸お目々が可愛いですね(*^^*)
実はこちらのトナカイちゃんの角、すぐに倒れて来てしまうため、
彼がL字型金具を角の後ろに固定し、立たせてくれました(*^^*)



そしてこちらは胴体部分の写真となります^^
クリスマスらしく、大きなプレゼントの袋を抱えています(*^^*)
袋の中の”本当の中身”は…たくさんのビニール袋ですけれども(*^m^*)



そしてこちらが手部分の拡大写真となります^^
ゾンビミイラちゃんの時は、血のり包帯でぐるぐる巻きの手だったので、
今回は、(その血のり包帯を隠すため)手袋を着用させてみました(*^^*)



そしてこちらが足部分の写真となります^^
ゾンビミイラちゃんの時は足がなく、布を被せて(ごまかして)いたので、
今回は急きょ新聞紙を筒状にした物を使用し、足を作ってみました(*^^*)
相変わらず適当な作りですが、「何となく分かれば良いの」という事で(*^m^*)



「トナカイになったわよ♪」の図
という訳で、リメイク後のゾンビミイラちゃん(トナカイちゃん)の様子でした^^
こちらのトナカイちゃんは、12月末まで玄関に飾っておく予定でいます(*^^*)
少しずつ愛着が湧いて来てしまったので、解体するのはとても寂しいですが、
またいつの日か、今度は違う形で、お披露目出来ればと思っています(*^^*)
という事で、再リメイク後のお人形ちゃんとの再会、どうぞお楽しみに(*^m^*)






「今年は頑張ります^^」の図
さてここからは少し話が変わり、年賀状制作についての予告を少々^^
毎年、「手描き+イラストソフトで着色」という形で制作していた年賀状ですが、
今年はなんと、「消しゴム版画」の年賀状制作に初挑戦してみる事にしました^^
制作といえば、ウクレレ制作を始め、他にもまだまだ制作したいものがあるため、
自分でも今年中にどれだけの制作が出来るのか分からない状態なのですが^^;、
とりあえず、優先順位を決めて、日々、頑張ってゆきたいなと思っています(*^^*)
という訳で、ウクレレ制作や年賀状制作の方も、ぜひ楽しみにしていてくださいね^^

web拍手 by FC2    

ウクレレ制作+ゾンビミイラちゃん解体


「手作りウクレレキット^^」の図
先日のお誕生日会の記事でUPいたしましたこちらのウクレレキット。
私のお誕生日のお祝いに絵のお友達のyuya氏がプレゼントをしてくれました^^
私生活の方が少々忙しく、なかなか組み立てが出来ずにいるのですけれども…、
まずは下準備を!という事で、ウクレレ制作に必要な材料を購入して来ました(*^^*)



「たくさんあります^^」の図
こちらがウクレレキット制作に必要な材料達となります^^
この写真ではどんな材料があるのか今一つ分かり辛いかと思いますので、
制作を開始しましたら、その都度、ご紹介してゆければと思っています(*^^*)






「私、解体されるんですって…」の図
さてここからは、先月の記事でUPいたしましたゾンビミイラちゃんのお話を^^
こちらのゾンビミイラちゃんを制作し、早1ヶ月、ついに解体の時がやって来ました。
何も言わず何も語らず、瞬きさえしないゾンビミイラちゃんですが(笑)、この1ヶ月間、
何食わぬ顔で我が家の玄関に居座り、その異彩な存在感を楽しませてくれました(笑)
解体の前に、玄関のお飾りをハロウィン用からクリスマス用に変更したのですけれども、
ゾンビミイラちゃんの方はというと、少々後ろ髪を引かれてしまい、なかなか手を出せず^^;
ですが、このままにしておく訳にもいかないので…意を決して解体する事にしましたm(_ _)m



「解体中」の図
まずはお洋服を脱がせ、身軽になったゾンビミイラちゃんをリビングに移動。
そして顔に巻き付けていた包帯(トイレットペーパー)をゆっくりと剥がしてゆきます。
包帯には血のりを大量に塗っていましたが、お顔の方は無事だったのでしょうか…。
という訳で、血のり包帯を剥がした後のゾンビミイラちゃんのお顔の様子がこちら↓



「ああ!さっぱりしたわ~!(喜)」の図
ゾンビミイラちゃんの制作記事の中でUPした「防水用カバー」のお陰で、
ゾンビミイラちゃんのお顔は上記の写真の通り、汚れもなく、とても綺麗でした(*^^*)
ここでわたくし、またまたピコンと閃きまして(笑)、少々リメイクをしてみる事に(*^m^*)
という訳で、解体予定だったゾンビミイラちゃんですが、少しだけ延命が決定しました^^
延命が決定したゾンビミイラちゃんのリメイク後の様子は、次回UPさせて頂きますね^^

web拍手 by FC2    

【朗報】 最後のミンク農場閉鎖、国内毛皮生産がゼロに


「Good job!新潟」

2016年、
国内最後のミンク農場(新潟県)が閉鎖された事が明らかとなりました。
この閉鎖により、日本国内における毛皮農場が”ゼロ”となりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

国内の毛皮産業(工場畜産的農場)は、戦中から戦後にかけて盛んになり、
最盛期には4,000近い毛皮農場があったと言われています。

ミンク協会などの業界団体も設立され、
1971年には、ミンクの毛皮の輸出量が88万頭分(全形のみ)に上りました。
ウサギの毛皮を含めると、1975年当時、日本は年間1,600万頭分以上、
(財務省貿易統計によると)1,689万3,153頭を輸出する一大毛皮大国でした。

しかし、1990年代後半、急速に衰退しました。
これは中国での毛皮生産が盛んになった時期と一致します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2000年以降は、
農場から逃走したアメリカミンク(ムステラ・ヴィソン:外来種)の野生繁殖による、
生態系への甚大な被害の実態が明らかとなり、2006年、アメリカミンクは、
外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)で、
特定外来生物に指定されました。(アメリカミンクの飼育は原則不可)

これを機に、北海道の毛皮農場は廃業し、ミンク毛皮の輸出も2006年を最後に。
ただし、毛皮農場は新潟県で2箇所、存続していました。

2箇所とも外来生物法に違反し、アメリカミンクを無許可で飼育していたため、
2012年、当団体(アニマルライツセンター)が環境省へ通報しました。
(うち1箇所、「佐藤ミンク飼育場」は直ちに廃業し、最後の1箇所が存続)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

存続していた1箇所、「大塚ミンクファーム」は、
2012年まで、ミンクにとって逃走が容易な構造の飼育施設(3棟)で、
約2,500頭を飼育する中規模農場でした。

2012年に、環境省に外来生物法違反を指摘されたにも関わらず、
無許可飼育を継続していたため、2013年1月、当団体が告発し、
警察による捜査の結果、2014年2月に書類送検されました。

しかし、大塚ミンクファーム側の「法規制を知らなかったため」という理由で、
不起訴処分とされ、2015年4月には3棟のうちの1棟の施設を補修し、
環境省の許可を取得し、飼育を継続していました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この違法状態が継続した期間も、
大塚ミンクファームは毎年春にミンクを繁殖させ、
冬に屠殺し、毛皮を生産、販売する違法行為を繰り返していました。

なお、当団体は2015年5月、
大塚ミンクファームが再び許可を得ていない施設で、
ミンクを飼育している事を確認し、環境省に通報。
大塚ミンクファームは再び環境省の指導を受けています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2015年5月、
当団体と大塚ミンクファームとの対話で、大塚ミンクファーム側は、
「環境省の許可を得るための設備投資に費用がかかった」とし、
飼育継続の意思を表明していましたが、これと同時に、
「動物福祉への配慮が求められる中で、ミンクの飼育継続は以前のように
容易ではなくなり、長くは続けられないだろう」とも言及していました。

そして、2015年冬、
飼育していたミンク全頭を屠殺し、これをもって毛皮生産のための
アメリカミンクの飼育頭数はゼロとなり、今後の飼養も不可能な状態になりました。
※アニマルライツセンターからの問い合わせには答えませんでしたが、
一般消費者からの問い合わせに大塚ミンクファームが「閉鎖した」旨を回答したため、
ゼロを宣言するに至りました。




「ミンクってこんな子」の図
下手でごめんなさい(汗)


----------≪ 大塚ミンクファームの環境と様子 ≫----------

2012年9月、
当団体のスタッフが初めて大塚ミンクファームを訪れた時は、
劣悪な飼育環境に衝撃を受けました。

飼育されていたミンクは暑さの中で息も絶え絶えとなり、
荒い息をし、全く動かなくなっていた個体も確認しました。

藻が生え、泥が溜まり、空になった水受けを、
必死で舐めようとしていたミンクの姿を今でも鮮明に思い出し、
胸が潰れる想いです。

・ ・ ・ ・ ・

同年冬に訪れた際は、繁殖用に残されたミンクが狭い檻の中を周回する、
常同行動(同じ動作を繰り返す異常行動)も確認していました。

2014年には、生態系の破壊要因となるミンクの逃走も目撃し、
大塚ミンクファームの杜撰な飼育管理状態を確認していました。

外来生物法にも、動物愛護管理法にも訴えましたが、
違法状態でありながらも飼育が続き、狭い檻の中で殺される瞬間を待つ、
ミンク達を目の前に悔しい思いをして来ました。

・ ・ ・ ・ ・

欧州では毛皮生産を禁止する法律が次々に制定されています。
しかし、日本はそうではありません。
一時は繁栄し工場畜産化していた毛皮農場が、
法規制によらずに生産停止に至った希少な国です。

毛皮の消費量も大幅に減少しており(下記参照)、
動物の犠牲に対する国民の意識が大きく変わり、
倫理的かつ人道的で平和な社会を願う穏和な国民性の表れであると、
当団体は認識しています。


----------≪ 日本の毛皮の輸入・販売事情 ≫----------

2015年、
日本の毛皮消費のために犠牲になった動物数は、※約167万頭でした。
※「財務省輸入統計」に基づくアニマルライツセンターの推計値
(毛皮付き衣料や帽子を含む・毛皮付き靴を含まず)

日本の毛皮付き衣料品の輸入量は、
2006年をピークに年々減少しており、2006年と比較すると、80%減少しています。

2016年3月22日には、「ジョルジオ・アルマーニ」が毛皮使用の廃止を宣言し、
2015年には、「HUGO BOSS」や「アシックス」、「マッシュホールディングス」が、
毛皮を販売しない事を確約しています。

2014年には、「アースミュージックアンドエコロジー」が、
それ以前から「ユニクロ」、「無印良品」も毛皮製品を取り扱わない事を確約しています。

このように国内外の著名アパレル企業が、
毛皮を販売しないという倫理的な選択を続々と表明しています。

これらの背景には、「毛皮には動物の命の犠牲を伴う」、または、
「ファッションのために毛皮は必要ない」という消費者の倫理意識の高まりや、
毛皮製品への反対世論が形成されつつある事も要因といえます。

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
アニマルライツセンターより転載
(読みやすいよう文字の省略・加筆・改行など若干変更しています)
*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

web拍手 by FC2    

友人と再会


「お帰り~(*^^*)」の図
美術高校時代からの友人が、子供(ノア君)を連れてドイツから一時帰国したため、
おととい、お祝いのケーキとプレゼントを持参し、1年ぶりに再会して来ました(*^^*)



「ノア君(6歳)にサプライズプレゼント♪」の図
今回はノア君のお誕生日とクリスマスを兼ね、ちょっとしたサプライズプレゼントを^^
ノア君と再会するのは今回で2回目となるのですけれども、小さな子が苦手な私は、
(といいますか、相手が誰でも、親しくなるまでは緊張避けをしてしまう性格のため…)
2度目の再会でも、(私のせいで…)まだまだノア君との心の距離は遠い感じです(笑)
ちなみにこの時の私は、片言の英語で、「ノアノア!プレゼントフォーユー!!」だとか、
「プレゼントオープン!」だとか、苦手な英語を駆使しながら話していたのですけれども、
友人からは、「(ドイツ語が母語のため)分からないよ(笑)」と笑われてしまいました(笑)



「カッコイイ~!(*^^*)」の図
こちらはプレゼントした『スター・ウォーズ』のライトセーバーを持ちながら、
格好良くポーズを決めているノア君の様子、とっても可愛かったですよ(*^^*)
ちなみに今回は、私の友人+ノア君に会うのをとても楽しみにしていた私の彼も同伴^^
という事で、今回初めてノア君と対面した彼の様子はというと…



「ラブラブ(笑)」の図
私とは正反対に、大人や子供、そして動物からの初対面受けの良い彼は、
早速ノア君の心をゲットし、物凄く楽しそうに遊んでいましたよ!(悔しい!)
(プレゼントのライトセーバーは私がチョイス&購入したのに~ 涙)



「更にラブラブ(笑)」の図
ノア君に懐かれている彼の姿を見て、悔しい~!とは思いましたけれども(笑)、
実を言うと、彼のこの”懐かれやすさ”というのは、ノア君だけに限った事ではなく、
なんと我が家の故+現役もふもふ達(猫+ウサギ)もその罠に落ちて来ました(笑)
ですので、我が家に来たもふもふ達の多くは、最初こそ彼に懐き始める訳ですが、
最終的には私の深い深~い愛に気付き、もふもふ達は皆、彼っ子から私っ子へ^^
という訳なので、いつかノア君も私の深~い愛に気付いてくれる事でしょう(*^m^*)
それまでは裏方おばさんに徹し、ノア君の成長を見守ってゆきたいと思います(笑)



「ティータイム(*^^*)」の図
そしてその後は、友人と水入らずでガールズトーク?をして来ました^^
どこにでもある某ファミリーレストランの、どこにでもありそうなデザートを、
とても楽しそうに撮影している友人、何だかとっても可愛かったですよ(*^^*)
そしてティータイムの後は…



「恒例のカラオケタイム(*^^*)」の図
という事で、ティータイムの後はカラオケボックスに行って来ました^^
歌が上手(特に高音が凄く綺麗)な友人の歌声は相変わらず健在でした(*^^*)
そして歌を歌いながらも、やはり女性同士という事でガールズトークは続きまして、
結果、夜の8時まで(ブログには書けないような?)色々なお話をして来ました(笑)
そしてカラオケボックスの後は…



「ゾンビミイラちゃんとご対面!^^」の図
という訳で、少し前の記事でご紹介したハロウィン人形を友人にお披露目(*^^*)
友人も私と同じ美術高校出身のため、このような制作には興味津々だったようで、
「怖い~!」と言いながらも、物凄く真剣にゾンビミイラちゃんを見てくれました(笑)
そして我が家のもふもふ達(猫+ウサギ)を友人に紹介し、少しだけお喋り(*^^*)
帰り際に友人が我が家の故ウサギ達の祭壇でわざわざ手を合わせてくれた事も、
飼い主の私や彼にとってはとても嬉しい事でした、本当にどうもありがとう!(*^^*)



「彼へのお礼^^」の図
そして友人と次の再会を約束しお別れした後は、彼と共に少し遅めのお夕食を^^
普段はもふもふ達のお世話上、外出した際は必ず16時前に帰宅しているのですが、
この日は彼が丸1日もふもふ達のお世話をしてくれていたので、そのお礼を兼ねて、
友人と行った某ファミリーレストランにて彼と簡単なお夕食を頂いて来ました(*^^*)
物凄く久しぶりに羽を伸ばし、夜の世界(夜10時過ぎの世界)も楽しめましたけれど、
帰宅後はやはり…可愛いもふもふ達の甘えん坊攻撃が私を待ち構えていました^^;
彼も私が帰宅し安心したのか自室でのんびりとテレビを見始めてしまいましたので、
私は1人、片手で甘えん坊ウサギをナデナデ、もう片手でお腹の上の猫をナデナデ、
という形で、甘えん坊のもふもふ達の気が済むまでお世話をする事になりました^^;
やはり我が家のもふもふ達には、ボス(わたくし)が居ないとダメなようですよ(*^^*)
という事で、1年ぶりに再会した友人との1日、そしてお喋り、とても楽しかったです^^
性格も好みも全く違う友人ですが、これからも大切にしてゆきたいと思います(*^^*)

web拍手 by FC2    

お誕生日会


「お出掛け^^」の図
先日、絵のお友達yuya氏が(遅ればせながらの)私のお誕生日会を開催してくれました^^
今月はyuya氏のお誕生日月でもあったので、私もyuya氏へのプレゼントを持参し出席^^
今回のyuya氏からのプレゼントはなんと、「香りの博物館」(静岡県磐田市)でした(*^^*)
という事で久しぶりに電車に乗り、暖かな日差しの中、のんびりと歩きながら博物館へ^^



「博物館到着^^」の図
館内は撮影禁止だったため、お写真でのご紹介が出来なくてとても残念なのですが^^;、
やはり博物館というだけあって、人類の進化と共に築かれて来た香りにまつわる歴史や、
時代や国によって違う香水瓶の歴史、クレオパトラや楊貴妃の愛用していた香りなどなど、
香りの歴史や文化に興味を持っていた私にとっては、とても面白い展示内容でした(*^^*)
ちなみに香りの原料については、植物性、動物性、色々な原料が使われていたようです^^
特にクレオパトラが愛していた香りは動物性由来の原料が多く、ビックリいたしました(笑)
そして私の好きな「ムスク」の香りも、ジャコウジカから採取した分泌物だった事が判明^^;
という事で、香り博物館では香りの歴史や原料などについて色々と学んで来ました(*^^*)



「ラッキー(*^^*)」の図
そして私達の訪れた日は、ちょうど館内で「竹久夢二」展が開催されていたため、
これはラッキ~と思いながら、こちらの展覧会もしっかりと楽しんで来ました(*^^*)
竹久夢二の作品が好きなのかというと、特にそういう訳でもないのですけれど(笑)、
今回は竹久夢二の作品を見ながら香りやメイクの歴史を学べる展示方式だったため、
香りの歴史同様、日本人のお化粧の歴史についても興味を持っていた私にとっては、
こちらの展覧会もとても勉強になりました、展覧会場のレトロな雰囲気も素敵でした^^
会場内には資生堂が初期時代に販売されていた化粧品なども展示されていましたよ^^



「自分だけの香り^^」の図
そんな感じで、博物館内の隅から隅まで楽しく見学&お勉強させて頂いた後は、
私がこの日1番に楽しみにしていた博物館のお土産さんで自分用のお土産を購入^^
そして最後に、オリジナルフレグランス作り(調香体験)にも挑戦して来ました(*^^*)
我が家には可愛いもふもふ達(猫+ウサギ)が居るので普段使いは出来ませんが、
とっても良い香りなので、お出掛けする時限定で使用してみたいなと思います(*^^*)



「今回は和食ランチ^^」の図
yuya氏からのプレゼント「香りの博物館」を楽しんだ後は、少し遅めのランチタイムを^^
今回は私の希望で和食ランチにさせて頂いたのですが、やはり和食は良いですね(*^^*)
博物館も楽しかったし、ランチも美味しいし、今日は最高な1日だったわ~と思っていた所…



「袋をコソコソ…」の図
yuya氏が突然、「実はサプライズプレゼントがあるんですよ~^^」と言いながら、
コインロッカーに隠していたと思われる紙袋を自信満々な笑顔で開け始めました(驚)
一体何が入っていたかというと…



「ひこにゃ~ん(=’∀’=)」の図
まず1つ目は、彦根市のお土産、ひこにゃんのクッキーとハンドタオルでした(*^^*)
実はわたくし、ご当地キャラクターの中ではひこにゃんが1番大好きなのです(笑)
ちなみにyuya氏は現地でひこにゃんの本物(?)を見たのだそうです、羨ましい。。
そして2つ目がこちら↓



「ウサギちゃ~んU(=’∀’=)U」の図
ハンドメイド製の可愛いウサギちゃんの手袋でした(*^^*)
今年の冬はこちらの手袋をフル活用させて頂きます(*^m^*)



「メインプレゼント!」の図
そして3つ目、こちらが今回のyuya氏からのメインプレゼントとなります(*^^*)



「これ何…ちょっと怖いんですけど(笑)」の図
こんな感じでドキドキしながらラッピングを剥がしてゆきました^^
私のお誕生日のメインプレゼント、一体何だったのかといいますと…



「えええ~っ!」の図
なんと、「組み立て式のウクレレキット」でした!
実は少し前から欲しいな~と思っていたものだったので、ビックリいたしました(笑)
ですがわたくし、実は説明書を見ながら作る制作というのがとにかく苦手なので…、
嬉しい反面、本当に私でも組む立てられるのかしらと、少々(かなり)不安です(笑)
とりあえず、ウクレレキット制作を開始した際にはブログにもUPさせて頂きますので、
こちらのウクレレちゃんの完成後の姿を、ぜひ楽しみにしていてくださいませ(*^m^*)
そしてたくさんのサプライズプレゼントをくれたyuya氏、本当にどうもありがとう(*^^*)
ウクレレが完成し弾けるようになりましたら、またオリジナル曲を制作しましょう!(笑)



「私からのプレゼント^^」の図
という事で、ここからは私からyuya氏へのプレゼントタイムとなります^^
まず始めに、少し前の記事でUPさせて頂いた「ステッカーシールプレゼント企画」にて、
yuya氏がブタちゃんの可愛いシールに応募をしてくれたので、お渡しして来ました(*^^*)
yuya氏は特にベジタリアンという訳ではなく、”出されたお肉は頂く”という普通の人ですが、
逆に言えば、そうした方々に興味を持ってもらえるというのは、とても嬉しい事ですね(*^^*)
また面白い企画を立ち上げた際には、ぜひ皆さまもお気軽にご参加くださいませね(*^m^*)
という事で少し話が脱線してしまいましたが^^、yuya氏への1つ目のプレゼントはというと…



「yuya氏失笑中」の図
以前、yuya氏が欲しいと言っていた「絵日記帳」でした(*^^*)
どこにでもある絵日記帳ですが、私がラッピングを頑張り過ぎてしまったせいで…、
ラッピングと中身の温度差に落胆したyuya氏は、思わず肩を落としながら大失笑^^;
そしてその後、「Kannaさんのラッピングしたプレゼントは信用できない!(笑)」と^^;
ですが残念な事に、この時のyuya氏はまだ”その事”を知る由もなかった訳ですが、
実は今回のプレゼントのほとんどは、私がラッピングしたものばかりでした(*^m^*)
という事で、今後も失笑の続く自分の未来を知らないyuya氏に2つ目のプレゼントを^^



「マルセイユ石鹸(*^^*)」の図
こちらも以前、yuya氏が欲しいと言っていたフランス産の石鹸です(*^^*)
天然の植物オイル(オリーブ油・パーム油・ヤシ油)で作られている石鹸という事で、
環境やお肌にも優しいため、私自身も個人的に愛用している石鹸なのですけれども、
以前、この石鹸の歴史や原料をyuya氏にお話した所、欲しいな~と言っていたので、
今回のお誕生日プレゼントの1つとして採用させて頂きました(*^^*)
そして3つ目のプレゼントがこちら↓



「京都の筆ペン(*^^*)」の図
こちらのプレゼントは私の中ではおまけみたいなものだったのでアレですが(笑)、
先ほどの絵日記帳と一緒に使って頂けたらと思い、プレゼントさせて頂きました^^
ちなみに今回のプレゼントは、”質”というよりも”数”で勝負してみました(*^m^*)
という事でまだ続きます、4つ目のプレゼントがこちら↓



「ラッピングが怪しい??」の図
こちらのプレゼントのラッピングは自分でもちょっと失敗したなとは思いましたが(笑)、
私のラッピングしたプレゼントに警戒中のyuya氏にはすぐに気付かれてしまったようで、
「これ本当に大丈夫!?もう開けるのが怖いよ~!(笑)」と嘆かれてしまいました^^;
もちろん中身にはそれなりの自信があったので、開けろ開けろと催促したのですけれど、
再び失笑スイッチが入ってしまったyuya氏は、お腹を抱えて笑うばかりで開けられず^^;
という事で、やっとの思いで開封してもらった4つ目のプレゼントがこちら^^↓



「yuya氏またまた失笑中(笑)」の図
「これか~(泣)」と言いながら失笑しているyuya氏は放っておきまして(笑)、
こちらも以前、yuya氏が欲しいと言っていた「LUSH」のトートバッグです(*^^*)
前回の記事の中で、フェアトレード(公正取引)のお話を簡単に書きましたが、
実はLUSHから発売されているこちらのバッグもフェアトレード商品なのです^^
収納力も高いバッグなので、ぜひガンガン使って頂きたいなと思います(*^^*)
そして最後の5つ目、こちらが今回のお誕生日のメインプレゼントとなります^^↓



「yuya氏、やっと大喜び(*^^*)」の図
こちらの巻物のような物は一体何かというと、「水書道布」という物です^^
こちらの布の上に水を含ませた筆で文字を書くと、まるで墨で書いたように文字が現れ、
そしてしばらくすると文字が消えてゆくので、何度でも練習が出来るのだそうです(*^^*)
本来は習字を練習する際に使用する物らしいのですが、絵の練習用にも使えそうですし、
何よりも、練習用の紙を大量に消費&処分する必要がないので、とってもエコですよね^^
最後のプレゼント(だけ?)は、yuya氏も納得の1品だったようでホッといたしました(*^^*)



「本日のまとめ^^」の図
という事で、今回のyuya氏とのお誕生日会、とても楽しく過ごして来ました(*^^*)
お誕生日会といいましても、実際には”お勉強会”の方が近いような気もしますけれど^^;
私もyuya氏も、お互いに興味を持つ分野は違いますけれども、違う分野の情報を得る事で、
自分の研究している課題へのヒントや答えが見付かる事も多いので、いつでも頭を柔らかく、
いつでも柔軟に情報を吸収し、今後も少しずつ自分の知識を増やしてゆけたらと思います^^
という事で、まずはサプライズプレゼントで頂いたウクレレキットの制作、頑張ります(*^m^*)

web拍手 by FC2    

命日+ペットまでベジタリアン?


「故・3代目ウサギのむぎちゃ」の図
先週の日曜日(11月6日)は、我が家の3代目ウサギ「むぎちゃ」の命日でした。
上記の写真は、2年前の記事でUPした生前時のむぎちゃ(♂)の写真となります^^
むぎちゃは当サイトの募金先の1つ、「箱うさぎ」に救出され、我が家にやって来ました。
ちなみにむぎちゃを迎えた時の様子については、こちらの過去記事にてUPしています^^
早いもので、むぎちゃが亡くなり2年が経ちましたけれど、今でも温かい思い出は健在です^^
といいますか、故ウサギ達があまりにも可愛すぎるので、忘れようにも忘れられません(笑)



「こんな思い出も^^」の図
こちらも過去記事でUPしたむぎちゃとチビ(猫)のお遊び中の写真なのですけれども、
こんなにもやんちゃ坊主で元気いっぱいだった子の事をどうしたら忘れられる事でしょう(笑)
今では亡くなってしまった事が悲しいというよりも、むぎちゃの可愛らしい姿を思い出しては、
「まったくあの子は~(笑)」と、呆れ笑いをしながらも涙ぐんでしまう、という感じです(*^^*)



「可愛いむぎちゃん^^」の図
短命な子だったため写真数が少なく、過去記事の写真を使い回してばかりですみません^^;
そんな感じで、むぎちゃ含め、故ウサギ達との生活を思い返すと、どんな思い出も甘く美しく、
私の心を奪っていった可愛い彼らをすぐにでも抱きしめ、なでなでの刑に処したくなります(笑)
といってもそれは出来ないので、代わりに今いるなっとう(ウサギ)を撫で回しています(*^m^*)
という事で、むぎちゃの命日は彼と共に懐かしい思い出を語りながら楽しく過ごしました(*^^*)
もしもあの世があるのなら、亡きむぎちゃが今でも元気いっぱいに楽しく過ごしていますように^^






「手作りチョコチップクッキー^^」の図
という事で少し話は変わりまして、おととい、物凄く久しぶりにクッキーを焼きました^^
少し前から、何故かチョコチップクッキーが食べたくて食べたくて仕方がなかったので(笑)
ちなみにこちらのチョコチップクッキーの生地、乳製品や卵を使わずに作っています(*^^*)
使用材料は、薄力粉+お砂糖+植物油+水のみ、家にある材料だけで簡単に作れます^^
クッキー生地はサクサクとしていてほんのりとしたシンプルな甘さ(若干甘さ控えめ)なので、
お紅茶にスティックシュガー4本使用の超甘党な私はチョコ多めで丁度良い感じです(*^^*)
レシピ 「卵、乳製品なしで♪さくさくクッキー



「チョコレートにこだわってみる^^」の図
そしてこちらが今回のクッキー作りに使用したチョコレート達(ビター+ミルク)です^^
裏面の原材料表示欄を見ると、ビターの方には「原材料の一部に乳成分を含む」と記載、
そしてミルクの方には「全粉乳」と記載されているので、乳製品は使用されているようですね。
私のように、乳製品や卵はとりあえずOKなベジタリアンさんには大丈夫な商品ですけれども、
完全なる菜食主義者(ビーガン)さんにはNGな商品かと思うので、お気を付けくださいませ^^
そして今回、初めてオーガニック&フェアトレードのチョコレートを使用してみたのですけれども、
気になっていたお味の方はというと、普通のチョコ(以上に?)、とっても美味しかったですよ^^
ちなみにオーガニックチョコレートの”オーガニック”というのは、有機or有機栽培という意味で、
簡単に言うと、「この商品の原料には農薬や化学肥料を使用していませんよ~」という事です^^
ただ、有機(オーガニック)栽培が100%良いのかどうなのかというと、これもまたちょっとアレで、
有機肥料に動物の糞尿などが使用されている場合、”稀に”人体への被害もあるようですので、
有機(オーガニック)食材を購入する際は、信頼出来る購入先を見付けておくと良さそうですね^^
そしてチョコレートのパッケージに記載されていた”フェアトレード”というのは一体何かというと↓


IMG_1473-.jpg
「という事らしいです^^」の図
今回は”オーガニック”だとか”フェアトレード”だとか、横文字が多くて混乱しそうですね^^;
私自身も忘れてしまいそうなので、自分用の備忘録代わりに書かせて頂いています(笑)
要するに、「後進国の人達の作られた商品を適正価格で継続的に取引し、生活を支える」
というのが、フェアトレード(公正取引)というのだそうです、簡単な説明で恐縮ですけれど^^;
という訳で、今回私が使用したチョコレートは、”人や自然に優しいチョコレート”でした(*^^*)



「見た目はこんな感じ^^」の図
見た目はどこにでもあるチョコレートと変わりませんが、とっても美味しかったですよ(*^^*)
という事で最近の私は、先月のお誕生日記事でUPさせて頂いた「豆乳のムースケーキ」以来、
ベジタリアンでも食べられる美味しいスイーツや食材探しが少々楽しくなってしまいまして(笑)、
事前にリサーチしたお店に週1くらいのペースで足を運び、色々な食材をお試し購入しています^^
ちなみに私自身はお肉以外の食材、卵や乳製品、お魚などは体調によって摂取していますので、
完全なベジタリアンという訳ではなく、80%菜食主義者、または菜食愛好者かなと思っています^^
お魚や卵、乳製品も少しずつ減らしてゆきたいとは思っていますが、そこは無理せずのんびりと^^



「ペットにベジタリアンフード?」の図
さて、ここからが本題なのですが、先日ネット上でベジタリアン用の食材を楽しく探していた所、
とあるショップの売上ランキング上位に犬猫用のベジタリアンフードがランクインしておりまして、
ペット用のベジタリアンフードがある事も知らなかった私は、ええっ…!?と驚いてしまいました。
正直なお話、肉食動物にベジタリアンフードはちょっとどうなのかしら…と不安にさえ感じました。
その日の翌日、かかりつけの動物病院に受診する機会があったため、上記の質問をしてみた所、
獣医さんは早々に肩を落とし、渋い顔をしながら実体験に基づいた色々なお話をしてくれました。
簡単にお話をまとめると、「犬や猫にベジタリアンフードは絶対に止めてください!」との事でした。
他にも、宗教並みにマクロビオティックやベジタリアンにハマってしまった方々の犬の状態だとか、
そうした方々とのセミナーでのお話だとか、肉食動物にベジタリアンフードがダメな理由などなど、
色々とお聞きして来ましたが、全て書くと長くなってしまうのでやめておきますね、ごめんなさい^^;



「ライン引き」の図
という訳で、ここからは私自身の個人的な考えというか、気持ちではあるのですけれども、
マクロビオティックやベジタリアンを目指して頑張っていらっしゃる方々の中には、私同様、
動物好きな方もいれば、環境や餓死問題などに心を痛めている方もいらっしゃると思います。
私自身は、成人した自我を持つ人間に対してであれば、肉食三昧の高カロリーで亡くなろうが、
菜食三昧の栄養失調で亡くなろうが、その人自身の自己責任ですので、特に何も思いません。
ただ、肉食or菜食の飼い主がペットの食性まで自分に合わせてしまう事には共感出来ません。

次の言葉は私が獣医さんから頂いた言葉ですが、”ペットの食事や体調に不安を感じた時は、
その子が野性動物だった頃に食べていた物を与えると良い、それが自然な事”と言われました。
マクロビやベジタリアンを目指す方々はとても思いやりのある優しい方々が多いなと感じますが、
その中で、大好きな可愛いペットにベジタリアン食を考えていらっしゃる方がいましたら、今一度、
その食事は本当にペット自身のためなのか、ご自身のためなのか、考えて頂けたらと思います。
特にワンちゃんは飼い主の気持ちが良く分かります、喜ぶ飼い主のために頑張ってしまいます。

時々、”自分はベジタリアンなのにペットが肉食で…”と悩まれている方をネットで見掛けますが、
「そんなに悩む事?」と私は思っています、人間と動物の食事が違うのは当たり前の事だもの^^
そこを割り切れずに、自分にとって都合の良い文献を味方にペットちゃんを菜食化してしまうのは、
飼い主の自己満足だと、それならば潔く肉食ペットちゃんは諦めて頂くしかないと、私は思います。
動物、環境、餓死問題などを減らしてゆく気持ちを持たれる事はとっても大切で素敵な事ですが、
同時に、飼い主とは違うペットちゃんの食性や尊厳も大切にして頂きたいと、心から願っています。

PS…
色々とキツイ事を書いてしまいましたけれども、興味のない方はさらさらっと受け流してくださいね^^
残念な事に、ブログ記事の中だけでは自分の気持ちを上手く伝えられない事も多々ありますので、
私の至らない文章の中で、「ちょっと辻褄が合わないな~」と思われる事もあるかとは思いますが、
私自身、まだまだ完璧には程遠い未熟な人間ですので、どうかそこら辺はご了承くださいませ(泣)

web拍手 by FC2    

ハロウィン制作(完成)


「今日は私の晴れ姿…」の図
という事で、前回のハロウィン人形制作の記事に続きまして、
こちらの記事では完成後のお人形ちゃんの姿をお披露目してゆきます(*^^*)
それでは早速ですが、上記のお人形ちゃんが一体どのような姿になったかというと、
なんと、このような姿となりました^^↓



「びっくりした~?」の図
玄関の扉を開くと、可愛いゾンビミイラちゃんがお出迎えをしてくれます(*^m^*)
ちなみにこちらの写真を両親に見せた所、「変な格好して~!」と呆れられました^^;
どうやら私自身がゾンビミイラちゃんの格好をしていると思われてしまったようですorz



そしてこちらがゾンビミイラちゃんの横向きの様子^^
正面写真では少々分かり辛いですが、椅子に座っている姿となります^^
ここからは少し拡大した写真をUPしてゆきますね(*^^*)



こちらは胸部から上の拡大写真。
ゾンビミイラちゃんのお洋服は黒い布を使用し、首部分にはロープを結んでいます^^
そして首回りの布を少し弛ませフード状にし、ローブ風の衣装にしてみました(*^^*)



そしてこちらが頭部の拡大写真。
前回の記事で制作していた包丁が頭に突き刺さっています(笑)



こちらがその包丁の柄部分の拡大写真。
ライトの色で少々見辛いですが、古い包丁のイメージで作ってみました(*^^*)



そしてこちらが包丁の刃部分の拡大写真。
刃の方も、錆びてボロボロになったイメージで作ってみました(*^^*)



そしてこちらが手元部分の写真となります^^
前回の記事でUPしたチョコレートもどきやお皿はこんな感じとなりました(*^^*)
そしてお皿部分の拡大写真がこちら↓



「良かったら食べて行かない…?」の図
ゾンビミイラちゃんの方が少し怖い雰囲気になってしまったので、
小道具のチョコレートもどきだけは少し可愛らしく作ってみました(*^^*)
(全てのパーツが怖すぎると私自身が玄関に行けなくなってしまうので^^;)



「ゾンビミイラちゃんと彼とのツーショット」の図
という訳でハロウィン前夜、完成したゾンビミイラちゃんを彼に初お披露目しました^^
彼の反応はというと、「ひぃ!何これ!怖い怖い!!」と、ナイスリアクション(*^m^*)
ちなみに彼の頭に刺さっている包丁は100円ショップで購入して来たものです(*^^*)



そしてハロウィン当日の朝、
「ハッピーハロウィーン!」と叫びながらゾンビミイラちゃんの元へ行くと、
ゾンビミイラちゃんの手元には、何やらダイナマイトのような形の包みが。。
急いで彼の元へ行き確認すると、なんと彼からのサプライズでした(*^^*)
一体何が入っていたかといいますと…



ここ最近の私のお気に入りのお菓子、「わさびの種」でした!^^
彼がお仕事で静岡空港に行った際に購入して来てくれたのだそうです(*^^*)
このお菓子、物凄く辛いのですが、甘いお菓子と頂くと最高に美味しいのですよ^^
私は芋ケンピと一緒に頂いたり、納豆と一緒におかずの1品として頂いてます(笑)
邪道な頂き方だとは思うのですが、甘い物と頂くと本当に美味しいのですよ(*^^*)


IMG_0203.jpg
「今回は私もちょっとだけハロウィンメイク^^」の図
という事で、今回は私もゾンビミイラちゃんと同じ目の色のコンタクトをしてみました^^
ちなみにこちらの写真、新しい携帯の”肌が綺麗に写る”カメラで撮影したのですが、
(自分比でアレですけれども)本当に肌のアレコレを隠してくれるのでびっくりです(笑)
自分の顔も何故か普段以上に美しく写るため、調子に乗ってパシャパシャしていた所、
彼が覗きに来て、「そこで何やってるの…?(苦笑)」と呆れられてしまいました(*^m^*)
(ちなみに実物はこちらの写真よりも何十倍も不細工ですのでよろしくお願いします^^)



「車の中でもパシャパシャ^^」の図
相変わらず彼は苦笑していましたが、最近の私は大抵スッピンで過ごしているので、
(仮に嘘でも)お肌やメイク姿が綺麗に撮れると、やっぱりちょっと嬉しくなります(笑)
という事で今年のハロウィンは色々と頑張った甲斐もあり、楽しく過ごせました(*^^*)
今回制作したゾンビミイラちゃんの方は、すぐに解体してしまうのはちょっと寂しいので、
今月いっぱいまでは玄関に飾り、訪問者の方を驚かせて頂けたらと思っています(笑)
そして今回の長い制作記事をお読みくださった方々も、本当にありがとうございました^^
最近は立体作品が多かったので、絵の方も少しずつ再開してゆければと思っています^^
そして今後も見応えのある記事をたくさんUPしてゆけるよう、引き続き頑張ります(*^^*)



「ペット達のいたずら対策^^」の図
最後におまけ画像となりますが、こちらは彼自作の即席ゲートとなります(*^^*)
我が家のもふもふ軍団(猫+ウサギ)がゾンビミイラちゃんにいたずらをしないよう、
彼が家にある物を駆使し、もふもふ用の立派なドア付きゲートを作ってくれました^^
内開きのため、もふもふ達が鼻先で突いて押し開けようとしても開きません(*^^*)
が、私自身がゲートに引っ掛かり、ゾンビミイラちゃんを破壊してしまう予感が…^^;
とりあえず今月いっぱいまではゾンビミイラちゃんを死守出来るよう頑張ります(笑)

web拍手 by FC2    

ハロウィン制作(続き)


「ちょっと!私の事、覚えてる!?」の図
という事で、前記事のハロウィン制作の続きをUPしてゆきます^^
ちなみにこちらのお人形ちゃん、お陰様でハロウィン前日に無事完成いたしました^^
制作の方はというと、前回の記事では瞳と唇に光沢材を塗布した所までをUPしましたので、
今日はその続きから完成(ハロウィン当日)までの様子をUPしてゆきたいと思います(*^^*)



「目力が大事なの!」の図
という訳で、今回のハロウィン制作では、お人形ちゃんの目力が必須だったため、
お化粧の終了したお人形ちゃんの目元に、人間用の付けまつげを貼り付けました^^
(アレルギーのため泣く泣く手放した私の新品付けまつげを使用)



拡大するとこんな感じ^^
黒色の付けまつげ単体だけではコントラストが強すぎて浮いてしまうので、
黒色の付けまつげとこげ茶色の付けまつげを2枚重ねて貼り付けています^^
写真ではちょっと分かり辛いですね…ごめんなさい^^;



こちらは横向きのお人形ちゃんの様子となります^^
首の位置が明らかにおかしいのですが、今回はそこまで重要ではないのでOK(笑)
顔の上下の角度調節は、首の真後ろに貼り付けているガムテープで行っています^^



「私、綺麗?」の図
そしてこちらが前回の記事でお話していた人形の骨組み写真となります^^
胴体の基盤には、足を外し逆さまにした背の高いカウンターテーブルを使用し、
肩部分にはハンガーを、そして腕部分には太くて硬い針金を使用しています^^
簡単な肉付けに使用しているのは、梱包用のプチプチや段ボールです(*^^*)



「このパックみたいなのは何よ?」の図
という事で、ここからはお人形ちゃんの仮装に入ってゆきます(*^^*)
お顔にアレコレとしてゆくので、お顔が汚れないよう防水用カバーを作ります^^
まずは完成したお顔の上にラップを被せ、目の周りのみ穴を開けておきます^^
そしてお顔のラップの上に(トイレットペーパーではなく)ちぎったティッシュを乗せ、
水で溶いた木工用ボンドを筆で塗り重ねながら、ティッシュを貼り付けてゆきます^^
そしてそのまましっかり乾燥させると、こんな感じに仕上がります↓



防水用カバーの完成(*^^*)
カバーの内側がラップ(防水加工)になっているため、
このカバーの上から着色すればお人形ちゃんのお顔は汚れません^^



「チョキチョキ」の図
最後に目の周りのはみ出たラップ部分をカット^^



一方、お人形ちゃんの方にも、顔まわりの汚したくない部分や、
防水用カバーに収まらない顔のサイド部分にくるくるとラップを巻き、
念には念をという事で、防水効果をより強化させておきます(*^^*)



「またパック~?」の図
そして再度、完成した防水用カバーをお顔の上へ。
カバーの縁のヒラヒラ部分は仮止めテープなどで止めておきます^^



「な、何するのよ??」の図
そして防水用カバーを付けたお顔に細く割いたトイレットペーパーをくるくる^^
トイレットペーパーを割かずに使うと、細かい部分が巻き辛いという理由の他、
個人的にトイレットペーパーを大量に消費する事にとても罪悪感を感じたため、
私の場合は細く割き(かさ増しし)、必要な所にのみ重点的に使用しました^^
先ほど作った防水用カバーも装着しているので、薄巻きでも大丈夫です(*^^*)



さてここからは、お人形ちゃんの髪の毛を作ってゆきます^^
上記写真の髪の毛は、100円ショップで購入して来た「ヘアエクステ」というもの^^
こちらの髪の毛をお人形ちゃん用に加工してゆきたいと思います(*^^*)



先ほどの「ヘアエクステ」を少量ずつ小分けにカットし、
コピー用紙の上に並べ、髪の根元部分を木工用ボンドで固定します^^



そして木工用ボンドがしっかりと乾いたら、
コピー用紙の余分な箇所をカットし、髪の束を切り離します^^
これで髪の毛の加工は終了、とっても簡単ですね(*^m^*)



そして先ほど加工した髪の毛の束を、
お人形ちゃんの頭部へ適当に貼り付けてゆきます^^
このままの状態では髪の毛の根元部分が見えたままになってしまうので(笑)、
先ほどと同じように、細く割いたトイレットペーパーを巻き、根元部分を隠します^^
根元部分を隠した後のお人形ちゃんの様子がこちら↓



「私をどうしたいのかだんだん分かって来たわ…」の図
髪の毛が綺麗すぎたので、少しだけカットし、ぼさぼさヘアにしてみました^^
そして水で溶いた木工用ボンドを顔や首に巻いたトイレットペーパーに塗布し、
”包帯が少しボロボロになって来ているような雰囲気”にしてみました(*^^*)
どうでしょう、少しずつハロウィンのお人形らしくなって来たでしょうか(*^m^*)



「もうこうなったら全力で怖がらせちゃうわ!」の図
そして顔や首に血のり(アクリル絵具の赤と黒+木工用ボンド)を塗り、
可愛い血まみれゾンビ?ミイラ?ちゃんを目指し作業を続けます(*^^*)
包帯部分を更に古びた感じにするには、アクリル絵具の茶色系を使用し、
所々にかすれた感じor水で薄めて着色したりするとそれらしく見えます^^
(本物の包帯も使う予定でしたが、異素材感があったのでやめました^^;)



「小道具作り^^」の図
血のりでペトペトになったゾンビミイラちゃんを乾かしている間に、
ふと思い立ち、細々とした小道具作りに挑戦してみる事にしました^^
上記の丸いものは、棒付きチョコレートもどきを作っている所です(*^^*)
使用材料は、コーン型緩衝材と着色した木工用ボンド、そして竹串です^^
(作業スペースが足りなくなってしまったのでパソコンの上で乾かし中^^)



そしてこちらは包丁もどきです^^
使用材料は、発泡スチロールと下地材のジェッソ、そしてアクリル絵具です^^
こちらも先ほどのチョコレートもどきと一緒にパソコンの上で乾かし中(*^^*)



上記の小道具達を乾かしている間に、血塗りのお皿も作ってみました^^
使用材料は、使い捨ての紙皿とアクリル絵具のみとなっています(*^^*)
そして全作業が終了したハロウィン前日、いよいよ組み立て作業に突入!^^
という事で、完成後のお人形ちゃんの姿は次の記事でUPいたしますね(*^^*)

web拍手 by FC2    

ハロウィン制作


「着々と^^」の図
前回の記事の最後の方でお話していたこちらのハロウィン制作。
ハロウィン当日までに間に合うかしら…?と少々不安になりながらも進めております^^;
ちなみに上記の材料達は完成間近に使用するため、現在はまだ手を付けていません^^



「これは誰の手?」の図
という訳で早速ですけれども、こちらの右手は一体誰の手でしょうか?^^
ちなみにこちらの手は、布手袋の指先部分にティッシュを詰め込み(綿でも良いかも^^)、
手の平部分には梱包用のプチプチを入れ、指部分が可動出来るよう針金を通しています^^
そして手の形を整えるため、手袋の上からテープやトイレットペーパーを巻き付けています^^
トイレットペーパーが外れやすい指先はアクリルメディウム(ボンドでも^^)で補強しています^^
という事で、こちらの右手は私の手ではないという事だけははっきりいたしましたね(*^m^*)
それでは一体誰の手なのかといいますと…



「私の手よ…」の図
現在制作中のお人形ちゃんの手でした(*^m^*)
人形といいましても、最終的に隠れてしまう部分については本当に適当に作っています(笑)
人形の顔部分についても大半が隠れてしまうと思うので、何となくの感覚で作っています^^;
作り方も本当に簡単で、頭部は新聞紙を丸め、ラップを巻き、紙粘土で顔を形成しています^^



そして人形の首から下部分については、
昨年の個展時に使用した(上記写真内の)黒いテーブルを逆さまにし足を外したもの、
そしてハンガーや段ボールなどなど、家にあるものを工夫しながら使用しています(笑)
人形の骨組み写真が上手く撮影出来ましたら、また次回の記事でUPしてみますね^^
上手く撮影出来なかった場合はイラストでの解説になってしまうかと思いますけれど^^;



「お化粧前の下地作りは肝心よ!」の図
という事で、先ほどの紙粘土で作ったお人形ちゃんのお顔を着色してゆきました^^
まずは紙粘土の顔の上にアクリル絵具用の下地材(ジェッソ)を塗り、軽くやすりがけ。
そしてアクリル絵具の緑系や赤系を重ね、少しずつ好みの肌色に近付けてゆきます^^
念のためお断りしておきますけれども、私は人形専門の作家さんではありませんので、
本格的なお人形を作りたい方は専門の書籍や人形作家さんのサイトをご覧くださいね^^;



「ちょっとちょっと!私の顔大丈夫なの!?」の図
そして顔の色が決まったら、お人形ちゃんのお顔に目を入れ、お化粧をしてゆきます^^
こちらはお化粧途中のお人形ちゃんの様子、元の形成が下手なのでちょっと怖いですね^^;
といってもハロウィン用のお人形なので、怖い方が良いのかもしれませんけれども(*^m^*)



「あら!私、意外と美人じゃなくて!?」の図
そしてこちらが現在のお人形ちゃんの様子となります^^
瞳や唇部分には光沢感のあるメディウム(ニスでも良いかも^^)を塗布してみました^^
角度によっては美人さんに見えるお人形ちゃんですが、”角度によって美人”というのは、
ある意味、形成が下手な証拠だろうと思います、やはりもっともっと修行が必要ですね^^;
という事で、まだまだ続くハロウィン人形制作、思い付きだけで始めてしまった制作ですが、
果たしてハロウィンまでに間に合うのでしょうか、とりあえず完成出来るよう頑張ります(笑)

web拍手 by FC2    

紙作品完成+色々制作


「制作終了^^」の図
少し前の記事で、「残り20%で完成~」とご紹介しましたこちらの紙作品。
”ある目的”のための制作だったのですけれど、何とか無事に間に合いました^^
その”ある目的”とは何だったのかと言いますと、実はこれだったのです↓



「作品をラッピング+お届け(*^^*)」の図
今月33歳を迎えた絵のお友達、「桑原翼さん」のお誕生日プレゼントでした^^
写真では少々小さくて見え辛いかと思いますが、今回はお名前の後の敬称を、
”様”ではなく、”先生”と書き改め、プレゼントを贈らせて頂きました(*^^*)



こちらがそのお名前部分の拡大写真となります^^
なぜ突然”先生”なのかと言いますと、これもまた急なお話だったのですけれども、
実は桑原翼さん、先月から私の住む町の某中学校の美術講師になられたのです(笑)
私もお話を聞いた時は本当に驚いて、「大丈夫なの!?」とお返事してしまいましたが、
何だかんだと弱音を吐きながらも?(笑)、一生懸命頑張られているご様子でした(*^^*)
という訳で今回は、人生の大きな転機を迎えた翼さんに私からの応援の気持ちを込めて、
上記の紙作品を、翼さんのお誕生日のお祝いとして制作+プレゼントさせて頂きました^^
少々前置きが長くなってしまいましたけれども、そんな理由で制作させて頂いた紙作品、
(今回は何故か普段以上に緊張していますけれど^^;)早速お披露目させて頂きます^^



「紙作品の表紙^^」の図
実は今回、生まれて初めて「ポップアップアート」に独学で挑んでみました(*^^*)
ポップアップアートというのは、簡単に言うと、”飛び出し絵本”のようなものです^^
閉じていた本を開くと、折り畳まれていた絵がピョコンと飛び出して来る訳ですが、
土台となる本の開き方によっても作り方が違うようで、なかなか難しかったです^^;
といっても、私の作品は初心者でも簡単に作れるポップアップアートですけれど(笑)
表紙の似顔絵は、別の紙に描いたものをカットし、コラージュ(糊付け)しています^^



こちらは似顔絵部分の拡大写真となります^^
久しぶりにアクリル絵具で似顔絵を描いてみましたが、似ているでしょうか^^;
ちなみに翼さんのお顔は、こちらの過去記事の写真を参考に描いてみました(*^^*)
コラージュについては、写真左の指部分を見て頂けると分かりやすいかなと思います^^



そしてこちらが作品の裏表紙の様子^^
少し分かり辛いですが、風船には1文字ずつ、「HAPPY BIRTHDAY」と書いてあります^^
風船部分についても似顔絵同様、別紙に描いたものをカットし、コラージュしています^^
今回の作品では、翼さんへの応援メッセージの他に、「翼さんが好きそうなもの」または、
「私から見た翼さんのイメージ」をテーマに制作しているため、翼さんのメイン作風の1つ、
”コラージュ”という制作スタイルも、こちらの作品の中ではふんだんに取り入れています^^
(ですが、デザインセンスのない私にはやっぱりコラージュは向いていない気がします^^;)



そしてこちらが作品を開いた時の背面全体の様子^^
派手なのか地味なのか、何だか良く分からないデザインですね^^;
ですが、ここまでの工程もなかなか大変だったので良しとします(笑)



そしてこちらが作品を開いた時の内側の様子(メイン部分)となります^^
背面の印象とは裏腹に?、内側はビックリするほどのハデハデ仕様です(笑)
内側に関しては、私自身、「これでもか!」というくらいに遊び尽くしました(*^^*)
細かい部分が見辛いかと思うので、拡大しながら少しずつご紹介してゆきますね^^



「バースデーケーキ^^」の図
こちらは作品中央、1番手前に飛び出して来るケーキです^^
最後の最後まで入れようかやめようか悩んでいたこちらのケーキですが、
なかなか美味しそうなケーキが描けたので入れる事にしました(*^m^*)



そしてこちらは作品左側部分の様子^^
写真の人物は、お誕生日を迎えた桑原翼さんをKanna流にイラスト化したものです^^
作品の表紙に載せた翼さんの似顔絵は写実風だったため、こちらではイラスト風に^^
Tシャツの柄は、「頑張れよっ!」の気持ちを込めて、栄養ドリンク柄にしました(*^^*)



そして翼さんの後ろの棚にはマネキンの女の子を^^
マネキンについても翼さんのイメージだったので入れてみました^^
ちなみにこちらのマネキンちゃん含め、細々とした部品は全てコラージュです^^



「ビフォーアフター」の図
そして紙作品のご紹介1回目の記事でUPしたこちらの絵ですが、
最終的にどうなったかと言いますと…



こんな感じとなりました^^
何となくパッとしなかった景色が、カーテン+ガラス付きの景色に大変身(*^^*)
窓の上のスペースが何だか少し寂しかったので、小さな絵をコラージュしました^^
ちなみに小さな絵やカーテンの裏面には折り畳んだ厚紙を重ね貼りしているため、
ライトが当たると厚みの出来た部品の下に影が落ち、程よい立体感が生まれます^^



そしてこちらが作品右側部分の様子となります^^
今回の作品では、「細かい部分も面白く♪」を意識しながら制作させて頂いたので、
細々とした部品1つ1つのイラストも、私の中では見所の1つとなっています(*^^*)



「これは何でしょう?」の図
この不思議な生き物は、翼さんの飼われているカマキリちゃん(のつもり)です(笑)
わたくし、今までカマキリをじっくりと見た事がなく、カマキリを描くのも初めてだったので、
正直、この子達がカマキリに見えるのかどうなのか自分でも心配なのですけれどもorz、
私の中では100%カマキリのつもりで描いてみました、カマキリ好きな方ごめんなさい^^;
そしてカマキリちゃんの後ろの椅子には、翼さんの大好きなマイメロディちゃんも(*^m^*)



そして壁面にはたくさんのTシャツを飾ってみました^^
翼さんはコラージュ作品だけでなく、オリジナルのTシャツ制作にも力を入れているため、
こちらの壁にはそんな翼さんをイメージし、様々な柄のTシャツを飾ってみました(*^^*)
Tシャツのデザインについては、(私のデザインセンスがないため…)簡単なイラストを^^;
という事で、作品内側の様子はこんな感じでした(*^^*)



「上から見るとこんな感じ^^」の図
撮影が難しく少々見辛いかと思いますけれども、こちらは作品を上から見た様子となります^^
作品自体の色合いはとても派手ですが、構造自体は意外とシンプルな作りとなっています^^
私は計算するのがとにかく苦手なので…シンプルな構造でもてんてこ舞いでしたけれど^^;、
計算が得意な方や空間認識能力のある方でしたら、簡単に作れるのではと思います(*^^*)



という事で、完成した紙作品のお披露目でした^^
今回は私にとっての初ジャンル、「ポップアップアート」に挑戦してみた訳ですが、
簡単な構造さえマスターしてしまえば(飛び出し方+収納方法などを理解しておけば)、
オリジナル性の高いポップアップアート作品が色々と作れそうだなと思いました(*^^*)
私の場合は今回の作品で色々なものを出し切ってしまったのでアレですけれども(笑)、
またやる気が出て来た際には、今度は自分色の作風で制作してみたいなと思います^^
ちなみにこちらの作品は「作品」ページの方にも少し大きめの画像でUPしていますので、
詳細が気になる方、またはご興味ある方はぜひご覧になってみてくださいね(*^^*)






「ミニサイズの額縁」の図
という事で、紙作品の方は無事に完成したのですけれども、
紙作品と同時期にご紹介させて頂いたこちらの作品の方は全く進んでおりません^^;



「あとは描くだけなのに^^;」の図
紙作品の方を優先していた事も進んでいない原因の1つではありますけれども、
どうも描きたい気持ちが遠退いてしまい、作品の前に座る気持ちが起きません^^;
こちらも”ある目的”のために制作する予定だったのですが、現在は保留中ですorz
とりあえず、気分が乗るまで他の制作をしながらのんびりと進めたいと思います^^



「新しい制作^^」の図
という訳で、現在はハロウィンに向けてちょっとしたものを作っています^^
上記の材料は全て(黒い布以外)、100円ショップで購入して来ました(*^^*)
他にも家にある色々な材料を組み合わせながら制作してゆきたいと思います^^
ハロウィンまでに完成出来るか分かりませんけれど、こちらもお楽しみに(*^m^*)

web拍手 by FC2    

なっとう(ウサギ)の誕生日+募金完了


「お誕生日でした!」の図
先週の日曜日(9日)は、我が家の4代目ウサギ、なっとう(♂)の2歳のお誕生日でした^^
ブログの記事には書きませんでしたが、実は我が家のなっとう、先月は少々災難続きで、
真夜中に硬い牧草を踏み付けたのか、足の裏を負傷し(血だらけに^^;)、翌日病院へ。。
そしてその傷が治ったと同時に、今度は飼い主不在時にケージの中で大暴れをしたのか、
利き手の前足を打撲&捻挫をし(前足を上げていたため発覚orz)、翌日またまた病院へ。。
という事で、先月はなっとうにまつわる様々な出来事にバタバタな毎日を送っていました^^;
現在は足の裏の傷も前足の打撲も無事に完治し、元気いっぱいに過ごしていますけれど、
当時は「無事に誕生日を迎えられるかしら…」と、ヒヤヒヤな思いで過ごしておりました^^;
とりあえず大事に至る事なく、無事に2歳を迎えられ、ホッと胸を撫で下ろしております(笑)



「お誕生日ケーキ」の図
そんななっとうの2歳のお誕生日ケーキですが、今回は小さなケーキを2つ用意しました^^
写真左の赤いケーキは、地元初のマクロビスイーツのお店で購入したケーキとなります^^
マクロビオティック専門のケーキ屋さんという事で、材料には卵や乳製品はもちろんの事、
体に良くないと言われている白砂糖も使用されていないのだそうです、凄いですね(*^^*)
「でも味は…?」と気になる方のために、後ほど簡単にレポートさせて頂きますね(*^m^*)
写真右のケーキは、いつもの行きつけのケーキ屋さんで購入したガトーショコラです(*^^*)



「ハッピーバースデーの曲を歌いながら(*^^*)」の図
いつものようにケーキにロウソクを立て、なっとうの2歳のお誕生日をお祝いしました^^
肝心のなっとうはというと、ケージの中で牧草を食べながら様子を覗っていました(笑)
そして部屋の明かりを点け…



「頂きます~(*^^*)」の図
ガトーショコラのケーキがカット時に少々崩れてしまいましたが、そこはご愛嬌で(笑)
という事で、先ほどお話したマクロビスイーツのケーキを早速頂いてみました(*^^*)
ちなみにガトーショコラの方は、いつもと変わらず、文句なしの安定した美味しさです^^
そしてマクロビスイーツのケーキ、正確には「豆乳のムースケーキ」なのですけれども、
こちらのケーキは、豆腐のスポンジの間に豆乳のムースとフルーツがサンドされており、
1番上の段にはベリー系のジャムとフルーツ、そして米粉のクッキーが乗っていました^^
そしてお味の方はというと、「あ、美味しい!…ん?豆腐が…(泣)」という感じでした^^;
豆乳ムースやフルーツ、クッキー部分は美味しかったのですが、何というのでしょうか、
スポンジ部分に使われている豆腐の独特な風味が思っていた以上に強烈だったため、
お豆腐単体での臭みや癖が苦手な方は、少々眉をひそめてしまうかもしれません(笑)
という訳で私の感想は、「お豆腐の味はおかずで頂くのが1番美味しいわ~♪」でした^^
味についてはもちろん人それぞれの好みや当たり外れなどがあったりもしますけれども、
また機会があれば、自分好みのヘルシーなケーキを探してみたいなと思います(*^^*)



「お誕生日プレゼント(*^^*)」の図
こちらはなっとうのお誕生日プレゼント用に購入して来たおもちゃ達です^^
よくよく思い返してみると、なっとうが1年前に我が家に来てからというもの、
おもちゃとして与えた物は、ウサギ用の毛布とぬいぐるみの2つだけでした^^;
3代目のむぎちゃ(♂)までは、かじり木だったり、ヘチマのおもちゃだったり、
ぬいぐるみ以外にも色々なタイプのおもちゃを与えていたのですけれども^^;
なので今回は、新しいおもちゃをなっとうにプレゼントする事にしました(*^^*)



「これ、何ですか?」の図
こちらは新しいおもちゃをプレゼントした時のなっとうの様子です^^
新しいおもちゃが気になり、恐る恐る匂いを嗅いでいたのですが、
ここで私が事前に心配していたある予感が的中してしまいました^^;
それがこちら↓



「みんなで何してるの?」の図
怖がりなくせにミーハーな性格のチビが様子を見に来ました^^;
そしてまずはなっとうにご挨拶をし(そこはお利口さんですが)、
次の瞬間…



「これ、(自分用に)良さそう!」の図
ハイエナのごとく、なっとうの新しいプレゼントを物色し始めました^^;
「チビのじゃないよ~!」と言っても、もちろん聞く耳など持ちません(笑)



「結果」の図
チビはなっとうのおもちゃ「ごろ寝ソファー」の中に身を埋める事に熱中し、
なっとうはお遊び時間外に遊べた事が嬉しく、プレゼントを放置したまま、
大好きなぬいぐるみのこげちゃんと一緒に遊び始めてしまいましたorz
やはりなっとうは、ぬいぐるみのこげちゃんが1番大好きなようです^^;



「やっぱりこげちゃんです!」の図
こちらはお誕生日の翌朝の様子ですが、やはりこげちゃんひとすじです(笑)
新しいプレゼントの一部はケージの中にセットしてあげたのですけれども、
あまり興味がないらしく、ケージの中で放置されたままになっておりました^^;
元々の性格がおっとりさんなので、かじったり投げたりして遊ぶおもちゃは、
ちょっと肌に合わなかったのかしら?(笑)



「あら!?」の図
そしてお誕生日にチビに取られてしまった「ごろ寝ソファー」の方ですが、
(チビに気付かれないようこっそりと)キッチンの隅に移動させておいた所、
なんと今度はなっとうが「ごろ寝ソファー」の中に入っておりました(*^^*)
しかし今一つ楽しめなかったようで、すぐに飛び出し逃げてしまいました^^;
やはりチビもなっとうも、愛用のおもちゃや段ボール箱の方が楽しい様子^^
今度のお誕生日には段ボール箱でお家を作ってあげようと思います(*^^*)
という事で、我が家のウサギ、なっとうのお誕生日の様子でしたU(=゜ v ゜=)U
来年のお誕生日もまた、元気に楽しく迎えられると良いなと思います(*^^*)






「募金完了」の図
そして最後に、少し前の記事でお話していた募金が完了したのでお知らせいたします^^
今回は当サイトの指定募金先の1つ、「アニマルライツセンター」へ募金いたしました^^
いつもでしたら領収書1枚だけが入った素っ気ない茶封筒が送られて来るのですけれど、
何故か今回は、「いつもご支援ありがとうございます!」と書かれたくまモンの付箋付き、
そして毛皮・動物実験・食肉反対のステッカーシールが4枚も同封されていました(*^^*)
ちょっとしたオマケだったのかもしれませんけれども、小さな心遣いがとても嬉しいです^^
という訳で、当サイトの「お店」内、「募金状況」ページの方も更新させて頂きましたので、
ご購入者様他、募金状況の詳細を確認されたい方は是非ご覧になってくださいね(*^^*)



「ステッカーシールプレゼント^^」の図
そして今回頂いたステッカーシールですが、募金をさせて頂いた感謝の気持ちを込めて、
上記のお好きなステッカーシールを1応募1枚、限定4名様にプレゼントさせて頂きます^^
作品の購入履歴のある方や動物好きな方、またはブログを見てくださっている方の中で、
「シール欲しい♪」と思われた方は、こちらのメールフォームよりご応募くださいね(*^^*)
シール希望者がいらっしゃらなかった場合は、私が大切に保管or使用させて頂きます^^
という事で募金完了のお知らせでした、今後も引き続き作品制作や募金活動頑張ります^^
そして募金にご協力頂いた方(作品購入者の皆様)、本当にありがとうございました(*^^*)
(ちなみにステッカーシールプレゼントは10月末までとなります、ご希望の方はお早めに^^)

web拍手 by FC2    

ジャボチカバちゃん?+色々制作


「ジャボちゃん達の成長記録」の図
先日の記事でUPしたこちらのジャボチカバ?ちゃん達ですが、
芽が出始めてからというもの、毎日のように様子を見ているのですけれど、
何というか、ビックリするくらいに成長が早くて、少々戸惑っております(笑)
上記の写真は1週間前に撮影したジャボちゃん達(身長3.5cm)なのですが、
現在のジャボちゃん達はこんな感じとなっています↓



「大きくなったよ(*^^*)」の図
相変わらず貧弱なボディラインをしたジャボちゃん達ですが、
そんな貧弱な体型とは裏腹に、立派な葉を付け始めました^^
そして身長の方も1週間で2倍ほど伸び、なんと6.5cmに(驚)



「葉の様子」の図
こちらは1番背の高いジャボちゃんの拡大写真となりますが、
こうしてよくよく見てみると、ジャボチカバの葉のような気もするし、
違うような気もするし、やっぱりまだ何とも分かりません(笑)



「本物のジャボチカバの葉」の図
こちらはジャボチカバのつみ取り体験をした際に撮影した写真です^^
我が家のジャボちゃん達の葉と比べると、似ているような気もするし、
似ていないような気もするし、やっぱりまだ何とも分かりません(笑)
とりあえず、今後も引き続き様子を見てゆきたいなと思います(*^^*)






「紙作品の様子」の図
さてここからは、先月の記事でご紹介した紙作品の続きをUPしてゆきます^^
まだ完成していないため、今回も写真が少なく申し訳ありませんm(_ _)m



「新たな部品^^」の図
こちらは紙作品の部品用に制作したビーズ付きの紐です(*^^*)
作品に使用する部品は全て紙を使用して制作しているのですけれども、
上記の部品だけは、紙ではなく紐とビーズを使用して制作してみました^^
ただ、こちらの部品を使用するかどうかはまだちょっと決まっていません^^



「現在の様子」の図
そしてこちらが、”紙作品本体”の現在の様子(モザイク入り)となります^^
今回は私にとっては珍しく、カラフルでハデハデな作品となっています(笑)
完成まで残り20%といった所なので、今月中にはお披露目出来るかも?^^
本当に派手なので驚かれるかも知れませんが、どうぞお楽しみに(*^m^*)
という事でしばらくぶりとなりましたが、最近の紙作品の様子でした(*^^*)

web拍手 by FC2    

高校時代の思い出(動画・ケビン)


「3話目のタイトル」
前回に続き、ここからは動画3話目からエンディングまでをご紹介してゆきます^^
上記の画像は、動画の中の最後のお話、「ケビン」の最初のタイトル画面です^^
こちらの動画は、3つの動画の中で最もストーリー性のあるお話となっているので、
解説文などは入れず、絵本を読むような形でご紹介してゆけたらと思っています^^
ちなみにこちらの動画の絵は全て、紙にアクリル絵具で描き込んだものとなります^^
描いた枚数は80枚くらいでしょうか、なかなか大変な作業だった記憶があります^^;
動画の中で使用している曲は、自分で作曲したものをキーボードで弾いています^^
下手糞でごめんなさい^^;



「ケビン」
人や車の行き交う都会の中に、
小さな小さな犬小屋がありました。



その犬小屋には、
「ケビン」という仮面を付けた犬が住んでいました。



いつものように、
行き交う人々を眺めながら1人静かに過ごしていると、
ケビンの足元に、白く小さな不思議な棒が転がって来ました。



ケビンはその不思議な棒がとても気になり、
捕まえてみる事にしました。



しかし不思議な棒は、
ケビンの手からスルリと逃げ出し、
そのままコロコロと転がって行ってしまいました。



いつもと変わらない1人ぼっちの日々を送っていたケビンは、
生まれて初めて犬小屋を離れ、不思議な棒を追い掛け始めました。



どこまでもどこまでもコロコロと転がってゆく不思議な棒を、
ケビンはどこまでもどこまでもトコトコと追い掛け続けました。



やがて遠い遠い大きな野原の奥深くに辿り着くと、



不思議な棒は、
ピタリと動きを止めました。



不思議に思ったケビンは、
止まった棒のその先に目をやると、



そこには、
不思議な棒の仲間達の姿が、
たくさんたくさんありました。



いつも1人ぼっちだったケビンは、
生まれて初めて、優しく温かな感情を知りました。
そして次の瞬間、ケビンの仮面はミリミリと音を立て、



真っ二つに割れると、



静かに地面に剥がれ落ちました。



そして、
本当の顔を取り戻したケビンの目からは、
温かく幸せな涙がこぼれ落ちました。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~



人や車の行き交う都会の中に、
小さな小さな犬小屋がありました。



その犬小屋には、
「ケビン」という仮面のない犬が住んでいました。



いつものように、
行き交う人々を眺めながら1人静かに過ごしていると、
あの時と同じように、白く小さな不思議な棒がやって来て、



ケビンの足元に辿り着くと、
ピタリと動きを止めました。



ケビンはあの時と同じように、
不思議な棒の上にそっと手を乗せてみると、



不思議な棒は、
ケビンの暖かな手のひらに包まれました。



そして、
仮面の取れたケビンの顔には、
温かく幸せな笑顔がこぼれました。



おしまい。
絵本のような文章を書くという機会が全くないので、
逆に読み辛くなってしまっていたら本当に申し訳ありません(汗)
とりあえず、3話目はこのようなお話となっていました(*^^*)



「エンドロール」
そして全てのお話が終わった後に流れるこちらのエンドロールには、
制作者他、協力してくれた方のニックネームなどなどを載せています^^
こちらの場面で流れている曲も、キーボードで弾いた自作の曲となります^^
下手糞な上、似たような曲ばかりで…面白くなくて本当にごめんなさい^^;



「動画終了」
そしてこちらが動画最後の映像となります^^
という訳で、今回はびっくりするほどたくさんの記事をまとめてUPしてしまいましたが、
最後までお読みくださった方がいましたら、本当に本当にありがとうございます(*^^*)
ここまでお付き合い頂いた記念に、拍手もポチッと押して頂けると嬉しいです(*^m^*)
というのは冗談で(笑)、こんなにも長い記事を読んで頂けただけで本当に有難いです^^
正直、十数年も前の動画を長々と解説するというのも少々やり過ぎな気もしますが^^;、
見てくださった方に少しでも楽しんで頂ければ、それだけで私の中では大満足です(笑)
今回は大昔の過去作品という事で、今の私の作品とはまた違っていたかと思いますが、
基本的なアートへの姿勢や表現内容については、今も昔も変わっていないと思います^^
これからも自分の心に正直に、そしてユーモアを忘れず、制作してゆけたらと思います^^
という事で長くなってしまいましたが、高校時代の懐かしい思い出、動画編でした(*^^*)
そして最後に改めまして、動画や記事を閲覧くださった方、本当にありがとうございました^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

高校時代の思い出(動画・日常)


「2話目のタイトル」
前回の記事に続き、ここからは動画2話目をご紹介してゆきます^^
上記の画像は、2話目の動画、「日常」のタイトル画面となります^^
こちらのお話では、身近な日常の様子2パターンを描いてみました^^
上記のタイトル文字については、画用紙に木炭で書いています^^



「2話目の始まり」
軽快なリズムと共に映し出されるのは、良くある授業風景の様子です^^
教室の生徒達がちょこちょこと動きながら一生懸命にお勉強をしています(笑)
教室のセットと生徒達は、アクリル絵具で着色した粘土を使用しています^^



「密着」
そしてカメラは窓際に座っている1人の女子生徒にズームインしてゆきます^^



「後ろ姿」
そして女子生徒の後ろ姿を映し…



「お勉強中」
ノートに文字を書いている手元を映します^^



「どんな子?」
そしてカメラは少しずつ上の方に移動してゆき…



「こんな子(笑)」
女子生徒の顔を捉えます(笑)



「格言その1」
すると女子生徒は、カメラ目線で短い言葉を発します^^
「人生とは、生ゴミだ」
この言葉だけを聞くと、少々陰湿なセリフのように感じますけれども、
私の中では特にマイナスな感情で作ったセリフという訳では全然なくて、
”生ゴミって、その役目が終わっても、また違う形で再生出来るよね^^”
”人生って生ゴミと同じで、どんなに苦しくても、またやり直せるよね^^”
という意味で、私なりに希望や前向きな気持ちを込めて作った言葉でした^^
ちなみに女子生徒の声は私が吹き込んでいます、汚い声でごめんなさいorz


eiga2-09.jpg
「最後は」
そして最後にまた、何事もなかったかのように、
先ほどの授業風景の様子に切り替わります^^


g
「もう1つの日常」
そしてもう1つは、先ほどと同じ軽快なリズムの中、
今度は美術室での様子を描いています^^



「密着」
そして先ほどの授業風景の時と同じように、
美術室でデッサンをしている女子生徒を映してゆきます^^



「石膏像その1」
そしてその後、光のようなスピードで石膏像を映します(笑)
光のようなスピードで撮影した理由は、石膏像を上手く作れなかったからではなく、
こちらについても、石膏像だと「だいだい分かれば良いの^^」の精神からです^^
ちなみにこちらの石膏像は、「ボルゲーゼのマルス」の胸像となります^^



「石膏像その2」
続いてこちらも光のようなスピードで撮影された石膏像2体目となります^^
動画では本当に早過ぎて見えなかったと思うので、ゆっくりとご覧ください(笑)
こちらの石膏像は、「マリア・スフォルツァ」の胸像となります^^
石膏像達は2体とも粘土で作り、大きさは約8cmほどだったと思います^^



「デッサン中」
そしてその後、先ほどと同じように、
女子生徒がデッサンをしている手元を映します^^
こちらの場面で女子生徒が描いているデッサンの絵は、
仲の良い友人にお願いして描いてもらいました(*^^*)



「後ろ姿」
そして一旦カメラは女子生徒の背後に回り、
デッサンをしている女子生徒の姿を映します^^



「格言その2」
そして次の場面では女子生徒の顔が映り、
授業風景の時と同じように、カメラ目線で短い言葉を発します^^
「人生とは、まずいレストランだ」
こちらの言葉についても、マイナスな感情で作ったセリフという訳ではなく、
”まずいレストランでも、何故か癖になる料理が1~2品ほどあるよね^^”
”人生もまずいレストランと同じで、辛くても癖になる面白さだってあるよね^^”
といった、小さな喜びや楽しさを見付けてゆく大切さを込めて作ったセリフでした^^



「2話目終了」
そして最後にまた、何事もなかったかのように、
女子生徒はデッサンを始め、2話目が終了します^^
2話目については、”続いている日常の光景”という設定で制作しているため、
1話目の最後のコマに出て来る「完」のような幕閉じ映像は入れませんでした^^
ちなみにこちらのお話で使用した音は、キーボードに内蔵されていたリズム音です^^
少し軽めで単調なリズムが、何気ない日常にピッタリだったので入れてみました(笑)
という訳で、次の記事では動画の中の最後のお話、「ケビン」をご紹介してゆきます^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

高校時代の思い出(動画・へフパ)


「タイトル」
前回の記事の動画をご視聴くださった方、本当にありがとうございました(*^^*)
ここからは、動画のオープニングから1話目までのお話をご紹介させて頂きます^^
という事で、上記は動画の最初に鈴の音と共に現れる動画のタイトルとなります^^
一瞬で消えてしまうため、気付かれなかった方もいらっしゃるかもしれません(笑)
何だか良く分からないタイトル名ですが、読み方は”マルイコール映画”と読みます^^
タイトルの意味は、動画内のお話1つ1つのコンセプトをまとめた言葉なのですけれど、
簡単に言うと、”人生って輪のように繋がっていて、色々な事の繰り返しの気がする”
”人生って悪い事ばかりに感じるけど、でも何だかちょっと面白かったりもするよね^^”
という意味を込めて、「○(繋がり・繰り返し)=(同じ)映画」というタイトルにしました^^
制作の方は、アクリル絵具で黒く着色した紙に白いチョークで文字を書いています^^



「1話目のタイトル」
そして次に現れる映像がこちら^^
こちらは1話目のタイトルとなりますが、最初のタイトル同様すぐに消えてしまいます(笑)
1話目は「へフパ」というお話ですが、「へフパ」という言葉には特に意味はありません^^
しいて言えば、何となく語呂が良かったので付けた、というくらいです(*^m^*)
制作については、クシャクシャのセロファン紙に粘土の文字を貼り付けているだけです^^



「1話目の始まり」
そしてこちらが1話目の最初に出て来る映像となります^^
「これからお話が始まりますよ~」という意味で作ってみました(*^^*)
こちらのシーンでは、物語の案内人?の少女が歩いて来る所から始まります^^
後ろのドア付きの壁は粘土で作り、地面には赤い下敷きを敷いています(笑)
壁に付いているライトは、手作り豆電球を壁の裏面に仕込んで点灯させています^^



「クスッ(笑)」
ドア付近まで歩いて来た少女は、カメラに向かい意味深な笑みを浮かべます^^
ちなみにこちらの少女は、針金で芯を作り、粘土で肉付けをしています^^
動画を作り始めて最初の問題は、「人形をどうやって歩かせるか?」でした(笑)
歩かせているうちに粘土が崩れてゆき、とても太い足となってしまいましたが、
私のモットー「だいたい分かれば良いの^^」の精神で強引に撮り進めました^^



「カチャッ」
そして少女はドアノブに手を掛け…
(こちらのシーンはずっと無音です)



「ドアの中へどうぞ」
カメラはドアの暗闇にズームイン&フェイドアウトしてゆきます^^



「別世界へ」
ドアの中に入ると、電話を掛ける音、そして話し中のプープー音が鳴り始めます。
それと同時に、暗い路地裏に乳母車を押している不思議な人間の姿が^^
こちらの場面では、砂利や苔を貼り付けた紙を壁や地面に使用しています^^
映像が緑っぽく見えるのは、カメラのレンズに緑色のセロファンを貼っているからです^^



「回り込む」
そしてカメラは少しずつ不思議な人間の正面に回り込んでゆきます。
こちらの人形も先ほどの少女と同様、針金を芯にし、粘土で肉付けをしています^^
乳母車の方は、道端の枯れた草を採取し、編み込んで作ってみました^^



「卵のようなもの」
正面に回り込んだカメラが乳母車の中を映し始めると、
乳母車の中の卵のようなものがコロコロと動き回り始めました^^
こちらの卵は粘土で作り、ニスのようなもので光沢感を出しています^^



「コロコロ」
そして動き回っていた卵は乳母車の外に落ち、転がってゆきました。
この転がり落ちるシーンがなかなか難しく、美術教師にアドバイスを頂き、
針金を差した卵を乳母車(のサイド)に差し込みながら、少しずつ場所を移動させ、
転がり落ちてゆくシーンを1コマ1コマ細かく撮影しました^^



「いっぱいコロコロ」
乳母車の中の卵のようなものがどんどん外に転がってゆきます^^



「密着」
そしてカメラは1つの卵を映し始めます^^
すると…



「変化」
卵のようなものは少しずつ形を変えてゆきました^^



「どんどん変化」
細胞分裂をしているような姿になったかと思ったら…



「更に変化」
今度は鳥の胎児のような姿となり…



「今度は退化?」
そのまま成長するかと思ったら、また小さくなってゆき…



「完成形」
最終的には人間の胎児のような姿になりました(笑)
そして胎児は口をパクパクさせながら大泣き。
(泣いている声は入っていません)



「こちらでも」
そして乳母車に残っていた卵のようなものも孵化し、
乳母車の中から這い上がって来ました。
そして…



「コテン」
乳母車から落ち、こちらも大泣き。



「何を思う?」
そんな胎児達の一部始終を見ていた不思議な姿の人間は…



「カメラ目線」
静かに後ろを振り向きカメラのレンズを見つめると…



「パチリ」
大きな瞬きを1つし…



「カメラ目線2度目」
またまたカメラのレンズに向かい、
意味深な視線を投げ掛けます。



「終盤へ」
そして不思議な人間は前を向き直り、
カメラもズームアウトしてゆきます。



「最後は」
そして最後に孵化したたくさんの胎児達は泣きながら動き始めます。
それと同時に、話し中のプープー音も電話を切る音を最後に終了。
ちなみに電話の音は、自宅で録音したものを使用しました^^



「1話目終了」
こちらは1話目最後のシーンとなります^^
何だか良く分からないお話だなと主観的にも客観的に思いますけれども(笑)、
「だいたい分かれば良いの^^」「何となく楽しんでもらえれば良いの^^」
という気持ちは今も健在で、私の制作の全てに共通する思考でもあるので(笑)、
見てくださった方にも、”何となく”何かを感じて頂けたら良いなと思います(*^^*)
次の記事では、動画の中の2話目のお話、「日常」をご紹介してゆきます^^


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)

web拍手 by FC2    

不思議な子+高校時代の思い出(動画)


「これは誰ですか!?」の図
先月の記事で、「ジャボチカバつみ取り体験」のレポート記事をUPさせて頂いた際に、
”ジャボチカバの種を彼が鉢植えに埋めた”というお話もさせて頂いたのですけれども、
なんと数日前くらいから、ジャボチカバちゃんの鉢植えに奇妙な芽が生え始めました。
ジャボチカバの育ての親である彼は、「芽が出た!きっとジャボチカバだ!」と興奮し、
ネット上で見付けたジャボチカバの芽の写真と自宅の鉢植えの子の姿を見比べては、
「似ている!」と大騒ぎをしているのですけれども、実際の所はどうなのでしょうか(笑)



「ジャボちゃん達の身長測定」の図
奇妙な新芽ちゃん達が一体何者なのかは正直まだちょっと分からないのですけれども、
とりあえず新芽ちゃん達を「ジャボちゃん」と命名し、身長測定1回目を行いました(*^^*)
鉢植えの中で1番背の高いジャボちゃんの現在の身長は約3.5cm、まだまだひ弱っ子で、
少々頼りなさ気な風貌ですが、どんな子に育ってゆくのか今からとても楽しみです(*^^*)
そして少し話は変わりますが、「お店」にて作品をご購入くださった方+くださっている方、
いつも本当にありがとうございます、今回のご購入で募金額が5000円に達しましたので、
近日中に募金先に送金させて頂きます、購入者の皆さま、いつも本当にありがとう(*^^*)
募金作業が終了+募金先より領収書が届き次第、また改めてご報告させて頂きますね^^






「高校時代のコマ撮り動画」の図
さてここからは、少し前の記事でご紹介しましたコマ撮り動画をUPしてゆきます^^
とその前に、実はこちらのビデオテープ(動画)と前回の記事でご紹介した漫画ノートですが、
どんなに探しても見付からないと思ったら、つい数年前まで友人宅に保管されていました(笑)
保管されていた間にも、友人が自分の知人達に私の動画や漫画を紹介してくれていたようで、
手元に戻って来た時にはだいぶ劣化していましたけれど(笑)、何だかとても嬉しかったです^^
という訳で、まだ自宅にパソコンが導入されていなかった頃、そしてコマ撮り動画の知識もなく、
10代の未熟だった私が独学と勢いだけで作り上げたコマ撮り動画、ぜひ楽しんでください(笑)
そして念には念をという事で、動画を見られない環境の方のため+自分自身の備忘録のため、
動画公開の後に、動画内のお話(3話)を3記事に分けてご紹介してゆければと思っています^^
ご紹介と共に、それぞれのお話の簡単な解説や裏話なども少しだけお話させて頂く予定です^^
「面白くなかったから解説は要りません!」という方や興味のない方はスルーしてくださいね(笑)


携帯での視聴はこちら
タイトル「○=映画」 (2分44秒)
こちらの動画は「作品」ページの方にもUPさせて頂いています^^
動画だけをゆっくりと視聴されたい方は「作品」ページへどうぞ(*^^*)
次の記事からは動画の中のお話を1話ずつ写真を交えてお話してゆきます^^

web拍手 by FC2    

家族+高校時代の思い出(漫画)


「実家にて家族勢ぞろい」の図
先週の土曜日、埼玉に住んでいる兄夫婦が約10年ぶりに帰省したため、
物凄く久しぶりに家族全員での時間を楽しく過ごして来ました(*^^*)
(私の後ろに居る男性は兄ではなく、iPadを持っている私の父です 笑)



「幸せになるんだよ~(*^^*)」の図
こちらは兄夫婦の飼っている2代目わんこのアルタイルちゃん(2歳♂)
里親譲渡会で巡り合い、兄夫婦の元にやって来た幸せわんこちゃんです^^
普段はとても元気な子のようですが、やはり初対面の人間は怖いようで、
終始、キャリーカートの奥深くでビクビクと様子を覗っておりました(*^m^*)
またしばらく兄夫婦や可愛いペットちゃん達とは会えなくなりそうですが、
皆元気で過ごして居てもらいたいなと思います(*^^*)






「高校時代の漫画」の図
さてここからは、前回の記事でお話した高校時代の漫画をUPしてゆきます^^
同じく前回の記事で簡単にご紹介させて頂いた高校時代のコマ撮り動画の方も、
「拍手5つ以上で公開」と予告していた所、なんと8拍手も頂いてしまいまして…、
現在、大慌てでコマ撮り動画(ビデオテープ)のデジタル化に励んでおります(焦)
作業が無事終了しましたらUPさせて頂きますので、もうしばらくお待ちくださいね^^
そして今回だけでなく、記事に拍手を入れてくださっている優しい閲覧者の方々、
どちらのどなたかは分かりませんけれども、本当にありがとうございます(*^^*)
拍手が入る度にとても励みになっています、本当にありがとうございます(喜×2)



「みさおちゃん」の図
という訳で、早速ですけれども…こちらが漫画ノート1ページ目となります^^
淡々と紹介していますけれども、私の内心は恥ずかしさのあまり死にそうです。
が、アートに羞恥心を持っていてはダメだわ!の精神でゆきたいと思います(笑)
上記の漫画「みさおちゃん(3話完結)」は、私の処女作+代表作の1つとなります^^



「漫画はこんな感じ」の図
全ページの撮影は難しかったため、簡単なお披露目ですみませんm(_ _)m
漫画といっても本当にゆるい漫画なので、漫画専用の道具を使う事もなく、
下描きなどもせず、ペン1本だけで描いたフリーハンド漫画となっています^^



「相関図はこんな感じ」の図
こちらは漫画のコマを拾い集めて色を付けた登場人物の相関図となります^^
色を付けた方がキャラクターの個性が分かりやすいかもしれませんね(*^^*)
漫画のジャンルは、高校の図書室を舞台とした超お下品な恋愛ギャク漫画かなと思います^^;
あらすじを簡単にお話すると、高校生の女子生徒「鼻みさおちゃん」が委員を務める図書室に、
容姿は良いが口臭が酷く気になる「森田川きよし君」が詩集を借りに来る所から始まります(笑)
両者共に相思相愛になるものの、訳あり爽やか風イケメンの「本田ゆたか君」が図書室に現れ、
英語教師「チャールズ・ホワイツ・いさむ氏」もみさおちゃんに恋心を抱き、いさむ氏の手の中に。
そんな中、恋敵となった本田君との喧嘩で大惨敗し図書室で1人落ち込んでいたきよし君もまた、
図書室担当のセクシー教師「花ざかりきわみ氏」にモーションを掛けられ、きわみ氏の手の中に。
みさおちゃんもきよし君も教師によって大人にされてしまった事をお互いに知らず、元のさやへ…。
という、ちょっとおかしなハッピーエンド+今の時代ではタブーだらけの問題作となっています(笑)



「リアルっぽくも描いてみる♪(by高校生の私)」の図
もう本当にとてもとても恥ずかしい絵で、お見せするのも申し訳ないのですけれども、
こちらは漫画の中のキャラクターを実在人物のように生々しくイメージしてもらえるよう、
登場人物をややリアル系に表現して描いたものとなります(笑)
(ふう…汗)



「ミッチーズ」の図
そしてこちらは「みさおちゃん」の連載終了後に描き始めた2つ目の代表作です^^
私の中では「みさおちゃん」のお話よりもこちらのお話の方が好きです(笑)



「漫画はこんな感じ」の図
漫画の方は先ほどと同じように、全てペン1本で描いています^^
こちらの漫画は6話完結という事で、「みさおちゃん」よりも少しだけ長編となりますが、
1話分が2ページほどしかないため、5分もあれば読破出来る内容となっています^^



「相関図はこんな感じ」の図
漫画のジャンルは、兄弟愛と恋愛を描いた超お下品な恋愛ギャグ漫画かなと思います^^;
ただこちらの漫画の場合は、セクシャル・マイノリティ(同性愛)をテーマに描いているため、
お下品要素しかない「みさおちゃん」に比べると、やや感動的な?お話となっています(笑)
こちらのあらすじを簡単にお話すると、昭和初期に活躍したアイドル兄弟の回想物語です^^
当時、若者達の間で一世を風靡したと言われている人気アイドルグループ「ミッチーズ」は、
容姿も歌も性格もダンスも全てにおいて弟に劣り、女性ファンが誰も居ない実兄「みちる」と、
イケメンのため女性ファンは多いが、実はゲイという実弟「ちさと」との兄弟ユニットでした(笑)
ある日のコンサート後、2人が楽屋に戻ると、弟ちさとが一目惚れをした男性客「しのぶ」が。
しのぶは弟のちさとに「話がある」と伝え、兄を楽屋から追い出し、ちさとに長年の愛を告白。
楽屋を追い出され放置され続けた兄は、ついに堪忍袋の緒が切れ、楽屋のドアをぶち破ると、
なんとそこには、生まれたままの姿で愛を求め合っている実弟と男性ファンしのぶの姿が…。
兄みちるは怒りとショックのあまり、行きつけの居酒屋「おふね」で大酒を飲み、事故で搬送。
一方、弟ちさとはしのぶのマンションで一夜を共にし、翌朝の朝刊で兄みちるの入院を知った。
ここまでが1~3話目までのお話となりますが、長くなりましたのでここまでにしておきます(笑)
4話目から感動の最終回までのお話については…皆様のご想像にお任せいたします(*^m^*)



「やっぱりカラーも欲しいよね♪(by高校生の私)」の図
という訳で、「ミッチーズ」の方は私自身が気に入っていた漫画だったという事もあり、
下手糞ながらにも、気合を入れて色鉛筆で着色した挿絵も掲載していました(笑)
(ふう…汗)



「シュールな漫画なども^^」の図
「みさおちゃん」や「ミッチーズ」以外にも、ノートには様々な漫画が入っています^^
どのくらいあるのかしら~?と数えてみた所、私の漫画は14話ありました(*^^*)
そして仲の良い友人達が描いてくれた漫画が全部で5話、懐かしい思い出です^^
そして以下はおまけ画像ですが、漫画ノートの付録「リアル写真集」から少しだけ、
私にとって思い出深いアート写真(顔が写っていない写真のみ)をUPしてみます^^



タイトル「きよしくん登場!」
こちらは漫画「みさおちゃん」の実写版を友人と一緒に挑戦した時の写真です^^
お面を外すととても美人な友人は、自前のセーラー服を持参し「みさおちゃん」役を。
そして私は、普段着用していた制服の襟を詰めて「きよし君」役に挑戦しました^^
漫画の設定をきちんと再現するため、高校の図書室を少しだけ借りて撮影を行い、
後ろの壁には、漫画に出て来る「スリーブラザー」のポスターも貼らせて頂きました^^
「スリーブラザー」とは何かというと…また後ほど簡単に説明させて頂きますね(笑)



タイトル「本田くん・みさおの愛の形」
こちらも同じく友人が「みさおちゃん」役を、そして私が「本田君」役を演じています^^
イケメンのお面を付けると、それっぽく振る舞ってしまうのが不思議ですね(笑)



タイトル「きよしさんすてき♡」
こちらは、「みさおちゃん」役の友人と、「きよし君」役の美術の先生です^^
口数の少ない物静かな先生でしたが、ノリノリで演じてくれました(*^^*)
もう数十年も前の事ですが、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「初!ステキなスリーブラザー勢ぞろい!」
こちらは先ほどチラッとお話していた「スリーブラザー」の実写版となります^^
「スリーブラザー」とは、実は私が勝手に考え出したキャラクターなのです^^;
とても明るい性格ですが、少し頭のおかしい三つ子の兄弟という設定です(笑)
そんなキャラクターを、仲良し二人組が石膏像と一緒にノリノリで演じてくれました^^
こちらの友人達についても、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「初!スリーブラザーの2人」
こちらは通り掛かった科学の先生を捕まえての実写版となります^^
お行儀の悪い格好をして写っているのは私です^^;
科学の先生についても、その節は本当にありがとうございました(笑)



タイトル「おっとっとお!!」
という事で、最後に羞恥心を捨てた私の「きよし君」姿で締めたいと思います(笑)
今回は上記写真の如く、「アートに羞恥心は要らぬ!」精神でUPして来ましたが、
楽しんで頂けましたでしょうか、もしも楽しんで頂けなかったら、私は泣きます(笑)
とりあえず私の高校生時代は、漫画も含め、人生で最もアート尽くしの毎日でした^^
そして高校が女子校だったという事もあり、男性には見せられないお下品な漫画や、
上記のような恥ずかしい写真撮影も平気で出来たのかもしれないなと思います(笑)
もちろんそんな中、「高校を辞めたい、死にたい(泣)」と強く真剣に思う事も多々あり、
母に泣き付かれては、必死の思いで登校していた悲しい思い出も少なくありません。
ですが今になって思えば、そのような辛く悲しい経験のお陰で、高校時代の作品や、
今の作品に繋がる大切な何かを得られたのかもしれないなと感じたりもしています^^
どんなに恥ずかしい過去作品でも、やはり私にとってはどの子も愛しく大切な作品^^
追々お披露目させて頂くコマ撮り動画も、本当に完成度の低い作品ではありますが、
どうか温かな目で、温かな気持ちで(笑)、ご視聴頂けると嬉しいなと思います(*^^*)
という事で長くなってしまいましたが、高校時代の懐かしい思い出、漫画編でした^^

web拍手 by FC2    

色々制作+高校時代の思い出


「ミニ額縁の油絵制作」の図
前回の記事でUPした上記のミニ額縁制作の方ですが、
もう1つの紙作品の方を優先に制作しているため、まだあまり進んでいません^^;
とりあえず、前回塗った下地材が乾いたので、2層目の下地材を塗り重ねました^^



「こんな感じ^^」の図
こちらの白い下地材は、「キャンゾール」という油彩専用の下地材となります^^
ほとんど進んでいませんが、着色の下準備までは無事終了いたしました(*^^*)
制作過程もUPしてゆきたい所なのですが、前回の記事でもお伝えしました通り、
”ある目的”に使用するため、まだUPする事が出来ません、ごめんなさい^^;



「少しずつ少しずつ^^」の図
そして同じく前回の記事でUPした紙作品の方も、少しずつ進めています(*^^*)
現在はお絵描きをするというよりも、紙を使って小さな部品を作っております^^



「こんな感じ^^」の図
こちらも”ある目的”のため、本番用の部品をUPする事が出来ませんので、
使い道がなくてボツになってしまったワニさんの部品をUPしておきます(笑)
完成までまだまだ掛かりそうですけれども、引き続き頑張ります!(*^^*)






「懐かしい作品^^」の図
9月から開始した(先ほどの)作品達の制作過程をUPする事が出来ないため、
その代わりに何か面白いアートネタはないかしら~?^^と考えていました所、
美術高校の卒業制作展にて出品したコマ撮り作品の事を思い出しました(*^^*)
数十年ほど前、確か私が18歳くらいの時に初めて制作したコマ撮り動画なので、
完成度もビックリするくらいに低く、画質?もかなり悪くなってしまっていますが…、
「ぜひ見てみたい!」という怖いもの知らずな方はいらっしゃいますでしょうか(笑)
こちらの記事に拍手が5つ以上入りましたら…公開を検討させて頂きます(*^m^*)



「こちらも懐かしい作品^^」の図
そしてもう1つ、こちらも高校時代に描いていた私の漫画です^^
ノートの表紙には何故か、「プロフェッショナルへの道」と書かれています(笑)
特に漫画家になりたかったという訳でもないはずなのですが…何故でしょう^^;
漫画を描き始めたきっかけは、授業中にいたずら描きをして遊んでいた時に、
友人から、「私が主人公の漫画を描いて!」と頼まれた事が始まりでした(笑)
その後、私が描いた漫画のノートがいつの間にかクラスの中で回し読みされ、
ノートが手元に戻って来る度に新作漫画を描く、という流れになっていました^^;
もう1度書きますが、特に私は漫画家になりたかった訳ではありません(笑)



「ノート約5冊分」の図
こちらは裏表紙になりますが、様々な漫画を描いたノートを寄せ集めているため、
こちらが表になっている漫画もあり、要するに、しっちゃかめっちゃかです(笑)
(上記の絵は、私の漫画の登場人物を友人が自己流で描いてくれたものです^^)
という訳で、9月から制作している作品達の制作過程をUP出来ない代わりに、
先ほどのコマ撮り動画やこちらの漫画を少しだけご紹介出来たらと思っています^^
上記の動画や漫画を見た事がある人は、きっと懐かしく思われる事でしょう(笑)
そして初めてご覧頂く方は…今のうちに心の準備をお願いいたします(*^m^*)

web拍手 by FC2    

色々制作


「制作開始!」の図
8月の夏休みが終了したので、早速色々な物を作り始めています^^
現在制作している作品達は全てプライベート(個人的な)作品となるため、
完成後は販売する訳でもなく、ある目的のために使用する予定でいます^^
その”ある目的”というのは、数ヶ月後の完成時にお伝えいたしますね(笑)
という事で、上記の写真は制作に使用するミニサイズの額縁となります^^



「下地材を塗り塗り^^」の図
先ほどのミニ額縁の裏板部分に油絵を描いてゆくため、
下準備として、裏板の表面に1層目の下地材を塗りました^^
(こちらの下地材は油絵具の浸み込み防止用となります)
下地材が乾いたら、更に別の下地材を重ねてゆく予定です^^
という訳で、現在のミニ額縁の制作はここまでとなります^^
また進展がありましたら続きをUPさせて頂きますね(*^^*)



「色々作る^^」の図
そしてもう1点がこちら、久しぶり(?)の紙作品となります^^
今回の紙作品は、私にとって初ジャンルのアート作品となる予定なので、
少々気合が入っております、独学なのでなかなか難しいのですけれど^^;



「紙作品にお絵描き中(*^^*)」の図
という訳で、こちらが紙作品の途中経過の様子となります^^
久しぶりにアクリル絵具を引っ張り出して絵を描いています(笑)
まだまだ中途半端な状態なのでこれ以上はお見せ出来ませんが、
こちらの作品も無事完成出来ましたらお披露目させて頂きますね^^
という事で、9月から開始した2作品の簡単なご紹介でした(*^^*)
今回は初挑戦作品もあるため少々ドキドキな制作となっていますが、
なんとか無事完成させられると良いなと思います(*^^*)

web拍手 by FC2    

「第6回サムホール展」終了


「8月の展示会終了」の図
8月18日(木)~27(日)まで静岡で開催されていた展示会が無事終了いたしました^^
という訳で早速ですが、展示会の様子をパパパッと簡単にUPさせて頂きますね。



こちらは展示会場「ギャラリー十夢」の入口の様子。
入口付近からすでにたくさんのサムホール作品が展示されていました^^
それではいつも通り、時計回りでギャラリー内の様子をUPしてゆきます^^



こちらのサムホール展は、今回の開催で第6回目を迎えられました^^
私が大賞を頂いた第1回目の展示では、作品の応募数が全部で81点でしたけれども、
今回はなんと165点もの応募があったとの事で、とてもビックリいたしました(*^^*)



そんな感じで、今回はとにかくたくさんの作品が展示されていましたので、
各作品の使用画材や手法についてはほとんど把握出来ませんでしたけれども(笑)、
今回は県外(京都・東京・青森など)の作家さんも多く参加されていらっしゃったため、
今まで以上に見応えのある面白い展示会となっていました(*^^*)



話を戻し、こちらがギャラリー内、1番奥の壁面の様子となります^^
引き続き、残り半分の壁面の様子をUPしてゆきますね。



私がギャラリーにお伺いした日は展示最終日でしたので、
懇親会や表彰式に出席する方達のために美味しそうなお料理が用意されていました^^
(ちなみに私は懇親会が開始される直前にコソコソと帰宅いたしましたけれど^^;)



ここまでが一般作品及び、賞候補作品の展示壁面の様子となります^^
いつも通り分かり辛いギャラリー内写真で本当に申し訳ないのですが、
展示の雰囲気だけでも何となく察して頂けましたら幸いです(*^^*)



そしてこちらが今回受賞された作品達の展示壁面の様子となります^^
こちらのサムホール展では、審査員の方(2名)が1年ごとに交代されるため、
受賞作品の傾向(審査員の好み)も、その年ごとによって全く異なります(笑)
ちなみに今回は日本画を専攻されている先生が審査員をされたのだそうです^^
オーナーいわく、来年は現代アートの先生が審査員を担当されるそうですので、
現代アートや抽象画の得意な作家さんは来年がチャンスかもしれません(*^^*)
(余談ですが、写真内の黒い丸テーブルは私が差し上げたものです、うふふ^^)



そしてこちらがギャラリー内全体の様子となります^^
という事で、ここからは今回のサムホール大賞作品と私の作品、
そして私が”個人的に”気になった作品を3点ほどUPさせて頂きますね^^
まずは大賞作品から↓



「思い出を持って帰ろう」(油彩)
オーナーのお話によると、私と同じく浜松市在住の作家さん?なのだそうですが、
なんと21歳という若い女性の方の作品なのだそうです^^
21歳でこの表現力とテクニック力、どこかで絵を学ばれている方なのでしょうか^^
同じ浜松市在住という事で、今後益々のご活躍をお祈りいたします(*^^*)
続きましては私の作品を^^↓



優しい内緒話」(油彩)
少し前の記事でもお話しましたが、例の”消えてなくなりそうな絵”です(笑)
本当に消えてなくなってしまう(見て頂けない)のではないかと思いましたが、
有難い事に「賞候補」を頂く事が出来ました、本当にありがとうございました^^
そして更に嬉しい事に、なんとこちらの絵がお嫁入りいたしました(*^^*)
いつも通り、作品の売上金10%は動物愛護の募金用に使わせて頂きます^^
久しぶりに絵が売れ、低迷していた?募金活動にも力が入ります(笑)
という訳で、最後に私が個人的に気になった作品をUPさせて頂きますね^^↓



1点目 「姉妹」(水彩)
作品の展示場所が器材の裏側という難易度の高い場所だったため、
斜めからの撮影となってしまいました、本当に申し訳ありません^^;
場所はアレでしたけれど、私にとってはとても面白い作品でした(*^^*)
卵ちゃんの部分は何で作られているのでしょうね、とても気になります^^



2点目 「グレビー」(水彩)
もしかすると、これはグレビーシマウマさんのお尻でしょうか^^
動物が好きな私は本能的にこちらの作品に目が留まってしまいました(笑)
家に帰り、グレビーシマウマさんについて調べてみると、どうやらこのお馬さん、
(食用や毛皮目的の乱獲も含む)絶滅危惧動物だったのですね。。
作家さんの意図は分かりませんけれども、こちらの作品が更に好きなりました^^
ちなみにこちらの作品の作家さんも20代の若い女性なのだそうです(*^^*)



3点目 「百面相」(アクリル)
こちらも動物系の作品となりますが、とにかく猫ちゃんの表情が可愛いです(笑)
そして立体的な構造や色彩にもインパクトがあり、個人的に惹かれました(*^^*)
ヘタウマっぽい絵柄なのに、いやらしさがなく、可愛いな♪と感じられる作品って、
なかなかありそうでないので(笑)、私にとってはとても貴重な作品でした(*^^*)
他にも気になる作品がちょこちょことありましたが、ご紹介出来ずすみませんorz
ちなみにご紹介した上記3点は、一般作品(賞に入っていない作品)となります。
こんなにも面白いのに…個人的には受賞作以外の作品の方が面白かったです^^



という訳で、1時間ほど掛けて色々な作品を拝見した後、
どうしても気になった作品があったため、購入させて頂きました^^
その作品がこちらとなります^^↓



「早速飾っていますよ^^」の図
気になった作品1点目でご紹介させて頂いた「姉妹」という作品です^^
他にも「これ良いな~!欲しいな~!」と思った作品もあったのですけれども、
金銭的な理由により、残念ながら1点しか購入する事が出来ませんでしたのでorz、
悩んだ末に、私の中で最もインパクトがあり、面白い作品を購入させて頂きました^^
ちなみにこの作品を拝見した時の私の第一印象は、なぜ目玉焼き!?でした(笑)
そして先ほども少し書きましたように、作品にいやらしさがなく、どことなく純粋で、
絵の世界の汚さ?に汚染されていない、怖いもの知らずな作品に感じました(笑)
どんな方が作られたのかしら?と思い、購入時にオーナーさんにお聞きしてみた所、
「とても可愛い高校生の女の子よ~♪」との事で、またまたびっくりいたしました(笑)
アートのお話になるとついついおしゃべりになってしまうので割愛しますけれども^^;、
とりあえず、購入させて頂いた作品は我が家で大切に飾らせて頂いています(*^^*)



「義援金は16500円(*^^*)」の図
最後に、こちらは今回のサムホール展での義援金の結果となります^^
出品者が増えるに連れ、募金額も少しずつ増えて来ているようで私も嬉しいです^^
そして来年もまた、たくさんの方々の面白い作品が観られると良いなと思います(*^^*)

web拍手 by FC2